Welcome to ROCKHURRAH RECORDS.

Drums And Wires(ドラムス・アンド・ワイアーズ)【LP】/XTC

クリックで拡大縮小

1500円

【データ】
盤質:B
ジャケット:C/外周部分に擦れ、シワあり
ジャンル:80’sニュー・ウェイブ/80’s NEW WAVE, パワー・ポップ/POWER POP
レーベル:VIRGIN/ビクター
型番:VIP-6940
日本盤
1979年
※帯なし
※解説、歌詞カード付き 

【コメント】
ジャケットが大変に有名なXTCの3rdアルバム。

パンクの次に来た初期ニュー・ウェイブのムーブメントの中でもいち早く頭角を現し、ヴァージン・レーベルの看板となったデビュー当時、彼らは本当にすごい勢いを持っていて、誰もが「これこそニュー・ウェイブだ」と納得出来る音楽を作っていた。

この3rdで は初期XTCの特徴だった奇妙な味のキーボードがなくなって代わりにギター二人になったためか、その初期の勢いのある演奏はなくなってしまった気がする。
より複雑な構成となりいわゆるポップ史に残る名曲を残したのもこの時期なんだが、その後ライブ活動をしなくなってだんだん枯れたポップ職人になってしまったのが悔やまれる。

「がんばれナイジェル」や「Life Begins At The Hop」といったヒット曲が入っていてスティーブ・リリーホワイト(プロデューサー)の出世作。人によってはこれがXTCの代表作だと思える出来なんで探してる人がいたら迷う事なし。

【曲目】
01.Making Plans For Nigel
02.Helicopter
03.Life Begins At The Hop
04.When You’re Near Me I Have Difficulty
05.Ten Feet Tall
06.Roads Girdle The Glove
07.Real By reel
08.Millions
09.That Is The Way
10.Outside World

11.Scissor Man
12.Complicated Game