Welcome to ROCKHURRAH RECORDS.

Jesus Egg That Wept【ミニLP】/Danielle Dax

クリックで拡大縮小

3200円

【データ】
盤質:C
ジャケット:C
ジャンル:80’sオルタネイティブ/80’s ALTERNATIVE
レーベル:AWESOME
型番:AOR 1
イギリス盤
1984年 

【コメント】
元レモン・キトゥンズの派手好き才女、ダニエル・ダックスの2ndミニ・アルバム。

レモン・キトゥンズは後にショック・ヘッデッド・ピータースとして有名なカール・ブレイクとダニエル・ダックスを中心とした「ヒゲとボイン」的構成のアヴァンギャルドなバンドだった。ファウスト、ヘンリー・カウといったいわゆるレコメンデッド系バンドとも通じるような音楽で一部注目されていたんじゃなかろうか。

後のソロ作品でもわかるようにダニエル・ダックスはバンドの添え物的な女性という立場ではなく、音楽的にもかなり優れた才能を発揮していた。
ヨーロッパ的退廃とか中近東風というのは割とありがちな結びつきなんだが、ニュー・ウェイブの世界ではその当時あまり取り入れる事がなかったような南部臭、泥臭いエッセンス(ひどい表現ですまないが)を独自に発展させた功績は大きいと個人的には思う。
また、アートの世界でも独特な世界を持っていてなぜか「狼の血族」などというファンタジー・ホラー映画にも出てるという妙な才媛。

これ以降の「インキィ・ブローターズ」あたりから人気が出て日本でもそこそこの知名度を得るけど、やっぱり渾沌とした中に魔法のような声が印象的な本作の方が圧倒的に素晴らしい。これはもう「裏・ケイト・ブッシュ」という感 じ。知らない人は是非この機会に触れてみて欲しい。

【曲目】
01.Evil Honky Stomp

02.Pariah
03.Fortune Cheats
04.Hammerheads
05.Here Come The Harvest Buns
06.Ostrich
07.The Spoil Factor