Welcome to ROCKHURRAH RECORDS.

154(+11)【CD】/Wire(ワイヤー)

クリックで拡大縮小

1000円

【データ】
盤質:B
ジャケット:B
ジャンル:70'sパンク・ロック/70's PUNK ROCK, 80'sニュー・ウェイブ/80's NEW WAVE
レーベル:東芝EMI
型番:TOCP-8728
日本盤
1995年
※帯付き
※解説・歌詞カード・対訳付き 

【コメント】
80年代ニュー・ウェイブへの橋渡しをした初期パンク・バンドとして必ず挙げられる重要バンド、ワイアー(帯の表記はワイヤーだが無視)の傑作3rdアルバム、しかも何と11曲もボーナス・トラック付いててお買い得過ぎる一枚。

冒頭に書いた通り楽器もロクに出来ない4人が作る音楽は出来ないからこその面白さと可能性に溢れていて、その辺のアプローチの仕方が個人的には大好きで影響も受けたもんだ。

「こういう音楽性でやろう」というような取り決めは楽器がちゃんと出来る人がやるもんで出来ない人にはルールがない、というようなニュアンスでやってたように思える。

このアルバムには入ってないが初期の 「1.2.XU」などはまるでハードコア・パンクの元祖みたいでもあるし、曲によってはソニック・ユースの元祖みたいなところもあるし、初期ニューウェイ ブで最も多かったスタイルであるエレクトロニクス多用というのもいち早くやってた。
ポップな曲もあるがすごい実験的な曲も多く、そういう自由な世界から生まれた音楽は結果として単調で閉鎖的でもある。
狙ったわけじゃなかろうがそういう逆説的な部分までいかにもワイアーらしい。さすが「ロックじゃなければ何 でもいい」発言で有名なバンドだけある。わかるかな?自分で書いててもよくわからんコメントでした。

【曲目】
01.I Should Have Known Better
02.Two People In A Room

03.The 15th
04.The Other Window
05.Single K.O.
06.A Touching Display
07.On Returning
08.A Mutual Friend
09.Blessed State
10.Once Is Enough
11.Map Ref.41°N 93°W
12.Indirect Enquiries
13.40 Versions
14.Song 1
15.Get Down(part 1&2)
16.Let's Panic Later
17.Small Electric Piece
18.Go Ahead
19.Stepping Off Too Quick
20.Indirect Inquiries
21. Map Ref.41°N 93°W
22.A Question Of Degree
23.Two People In A Room
24.Former Airline