Welcome to ROCKHURRAH RECORDS.

Rock Magazine vol.60-1983.11(ロック・マガジン 60号 1983年11月号)

 クリックで拡大縮小

500円

 

発行:ロック・マガジン社
雑誌 09723-8311

1983年11月発行
編集発行人:阿木譲
表紙写真:ボーイ・ジョージ
※全体的にシワ、擦れ、角の潰れ、背割れ、
日焼け、ページの折れありレクションには不向き
※表紙左下にかなり引っかき傷あり

※落丁はありませんが全体的にダメージあり
※読めさえすれば構わないという方限定で.

【特集】
・Bauhaus/バウハウス
【1ページ〜1/4くらいの小さい記事】
・Elvis Costello/エルビス・コステロ
・The Farmer’s  Boys /ファーマーズ・ボーイズ
・Marilyn Monroe/マリリン・モンロー
・Jo Boxers/ジョー・ボクサーズ
・Big Country/ビッグ・カントリー
・Wham !/ワム!
・Mari Wilson/マリ・ウィルソン
・Paul Haig/ポール・ヘイグ
・Tracie !/トレイシー
・Kissing The Pink/キッシング・ザ・ピンク
・Monsoon/モンスーン
・Virginia Astley/ヴァージニア・アストレイ
・The Durutti Column/ドゥルッティ・コラム
・Yazoo/ヤズー
・Orange Juice/オレンジ・ジュース
・Eyeless In Gaza/アイレス・イン・ガザ
・Dead Or Alive/デッド・オア・アライブ
・David Byrne/デヴィッド・バーン
・Malcolm McLaren/マルコム・マクラーレン
・Nick Heyward/ニック・ヘイワード

クリックでさらに拡大縮小↓

 

 

 

 

【コメント】
伝説的な音楽評論家、阿木譲による伝説的な音楽雑誌、ロック・マガジンの60号。

時代を先取りした先鋭的な雑誌だったが判の大きさがコロコロ変わってコレクションしにくかったな。ROCKHURRAHで出品中(22-24号)から後、さらに週刊誌サイズに変わって、その頃からは突然のようにメジャーなポップ音楽を扱うようになってファンを吃驚させたものだ。
「ルナティック」だの「アドレナリン・ミュージック」だの感覚的なキャッチ・コピーを多用するようになり、有名なアーティストの間にさりげなくすんごいノイズなバンドをちりばめたり、という戦略みたいなものも面白かった。

本号あたりはさらに大判の女性ファッション雑誌サイズになってかなりペラペラの雑誌となった。執筆者も阿木譲以外はあまり知られてないなあ。

古本で全号集めるのは大変だろうが、その当時のリアルタイム情報はネットで調べるいかなるものよりも有益だという見方も出来る。
この機会にいかが?