Welcome to ROCKHURRAH RECORDS.

Punks From The Underground(パンクス・フロム・ジ・アンダーグラウンド)【CD】/V.A.(ハートブレイカーズ・他)

クリックで拡大縮小

1400円

【データ】
盤質:C(少しだけ擦り傷あり)
ジャケット:B
ジャンル: 70’sパンク・ロック/70’s PUNK ROCK
レーベル:SKYDOG/テイチク
型番:TECP-25361
日本盤
1990年
帯なし

この商品は品切れとなりました。

【コメント】
フランスのスカイドッグ・レーベルによる70年代の初期パンク・コンピレーション。

スカイドッグは世界でも最も古いパンク・ロックのインディーズ・レーベルだとの事だ。
一般的な70年代パンクという先入観で聴くと少し違う部分はあるけども、確かに通常のアナログ・レコードでは滅多にお目にかかれない珍しい バンド達を抱えているようだ。

この当時には結構いたのだが「歌う評論家」として名高いジョバンニ・ダドモのスニヴェリング・シッツ、何とピーター・ペレットを含むオンリー・ワンズ+ ジェネレーションXのトニー・ジェイムスがバックを務めているらしい。これはすごい組み合わせ。
そして同じく歌う評論家だったニック・ケントのサブタレニ アンズ、これもパンク好きな人の間では伝説的なバンドだと言える。簡単に言えばまだセックス・ピストルズやダムドがデビューする前にニック・ケントと一緒 にやっていた、というようなすごい経歴の持ち主だ。これまたなぜか収録曲ではオンリー・ワンズ+トニー・ジェイムスというバック・バンド。セッションしまくってるな。
あと、ハートブレイカーズとクレジットされているのはジョニー・サンダース抜きのいわゆるヒーローズ名義の録音なのでお間違えないように。昔、カセットで出てたなあっ、て古過ぎ?。

最初に書いたように当時のパンクを経験する事が出来ない後の世代のマニア向けの内容なので、文字でしかこれらのバンドを知ら ない人にはオススメ出来る。

【曲目】
01.I’m Flying / The Shits
02.I’m Waiting For My Crossroads / The Shits
03.Too Much Junkie Buisiness / The Heartbreakers

04.Oil City Rockers / Deeno’s Marvel
05.Speedball Jive / The Speedballs
06.Switch-Hitter Dub / Nick Kent
07.Bring Me The Head / The Shits
08.Chinese Shadow / Nick Kent & The Subteranneans
09.Didja / The Lightning Raiders
10.Seven Days Weekend / The Heartbreakers
11.Vegetables / Vegetable Men
12.High School / The Phantoms