Welcome to ROCKHURRAH RECORDS.

New Europeans(ニュー・ヨーロピアンズ)【7インチ】/Ultravox(ウルトラヴォックス)

クリックで拡大縮小

700円

 【データ】
盤質:B
ジャケット:B(わずかにシワあり)
ジャンル:80'sニュー・ウェイブ/80's NEW WAVE, エレポップ/ELECTRONICS POPS
レーベル:CHRYSALIS/東芝EMI
型番:WWS-17167
日本盤
1980年

 この商品は品切れとなりました。

【コメント】
80年代初頭にテレビCM界で大変に頑張っていたのがサントリーとホンダで、それ以前には一部のマニアックなファンだけしか注目してなかったニュー・ウェ イブのバンドを見つけてきてお茶の間の誰もが知る存在に仕立て上げたり、その功績は多大だ。
ホンダのCMの方は元ポップ・グループという異色の過去(?) を持つピッグバッグやジョン・フォックス、マッドネスなどなど。対するサントリーの方はカルチャー・クラブ、元CANのホルガー・シューカイ、エレクト リック・ギターズなどなど、負けてない。

これらのニュー・ウェイブ時代のCMソングはROCKHURRAH RECORDSでも数々販売中、などと宣伝入れてみたところで・・・本作ウルトラヴォックスの「ニュー・ヨーロピアン」もそんなCM音楽として起用された 中のひとつ。
初期のヴォーカリストであったジョン・フォックス脱退後に元スリック、PVC2、リッチ・キッズという経歴を持つミッジ・ユーロが加入して、 この直後に大ブレイクするニュー・ロマンティックのムーブメントとピッタリ呼応したタイミングでCMもバンドも大ヒットしたもんだ。

いわゆるエレポップ草 創期の当時と言えばチューブウェイ・アーミーとかビル・ネルソンとか、このウルトラヴォックスもそうだがシンセサイザーはロックバンドの形態の中に含まれ る楽器で、まだ打ち込みとか以前のものだった。この時代の人たちの頑張りで後の音楽テクノロジーが進化していった事を思えば、今の時代の人が聴いて「古臭 い」などとは誰も言えない迫力に溢れた音楽だと思う。大げさに言い過ぎ?

【曲目】
01.New Europeans

02.Vienna