Monthly Archives: 10月 2007

【Delete Yourselfがなかったのでシャム69のナイス・カヴァー】

ROCKHURRAH WROTE:

先週のREAL PUNK GENERATIONの後で本当に寝込んでしまったSNAKEPIPE。
なので今日は代わりにROCKHURRAHが久々にブログを書いてる。

本人としては随分久しぶりの登場のつもりだが、人のブログ読んでて「いつもと違う人が書いてるのね」などと気付いてくれる人の方が少ないだろうな。一応二人でやってるもんだから本文の上にちゃんとSNAKEPIPE WROTEとかROCKHURRAH WROTEとか書いてるんだけどね。

登場してなかった間に何をやってたかというと通販の方のページをパワーアップさせるために毎日努力していたわけ。商品ページを少しでも見栄え良くしよう、とか細かい調整はいくらでもあるけど、一番悪戦苦闘してるのはやっぱり商品解説。

今日買って聴いたCDやレコードのコメントを書いてるわけじゃなくて、ほとんどが大昔のレコードがメインなんで、その辺のタイムラグを埋めるような文章は難しいと思う、本当に。大昔のバンドで良く知らないものなど、ウェブ上をいくら探しても情報がほとんどない場合もあるからね。まあ最初に始めた頃よりは随分良くなった気がするし自分の理想のレコード屋に近づいてきてるな、という充実感はある。

ブログの方も今回から一新してみてWordPressを導入してみた。詳しい人にとっては「何だ今さら」だし詳しくない人には「何じゃそりゃ」な内容だけど。

わざわざ金をかけてまでブログを始める人はあまりいないだろうから、大概のブログ・サービスは無料で利用出来る。FC2とかSeesaaとかすぐに始められるしブログで出来るどんな事でも大丈夫だろう。ROCKHURRAHも試行錯誤の上で何度か有名どころのブログを渡り歩いた。というか今でも複数存在する。事実上機能してないものもあるがそれはそれで逆に混乱を招くようなもので面白いと思ってる。パンク初期とかによくあった覆面バンドみたいな気分か。ちょっと違う?

そういうのとは別にブログの中にはブログ・ソフトウェアを使ったサービスもある。それが今回ROCKHURRAHが採用してみたWordPressやMovable Typeというヤツ。前述のブログ・サービスと違って自分の敷地内での作業がメインとなるもの。先にMovable Typeやってみたけど個人的にはどうも難しい感じがしてWordPressにチェンジした。この手のヤツはサーバーに設置してインストールして自分で色々設定してはじめて機能するというから初心者には敷居が高い。が、よくわからないままROCKHURRAHやSNAKEPIPEのような人間でも何とか使えてしまうところがすごい。

CSSとかPHPとか何だかよくわからない二人でもちょっといじっただけですぐに反映されてウェブページの方で実験結果が出てくるのは楽しいもんだ。FC2も良かったけどこっちはもっと改造のしがいがあるね、とすっかり気に入ってしまいSNAKEPIPEと二人でブログ改造遊びばかりやってる次第だ(笑)。大失敗してひどいページになったりバックアップも取らなくて修復不能の状態になったり、そこで諦めずに頑張って少しは良いものが出来てくる。こういう遊びの中から生まれたのがROCKHURRAHのウェブサイトでありこのブログなので、愛着も思い出も詰め込まれている。

しかしCSSとかHTMLとかいじってみて思うけど意外と作った人のくせとか個性が現れるもんで少しは文学的な部分もあるもんだな。ウチのホームページやブログは基礎もないまま始めてるからまさにボーン・トゥ・ルーズ(綴り違いの方)、きっと表側では見えない構文も乱雑で悪文なんだろうな。

自分のこだわりを全部実現出来るほど自由とは思ってないが、というか自由にやってゆくほどのウェブ構築技術も持ってないが、少しでも自立してやってゆきたいという人ならこのWordPressみたいな選択肢もありだと感じた。興味ある人は考える前にやってみて、何とかなるから。収拾つかなくなったらDelete Yourselfってな感じでね。

seditionaries.jpg【そっくり!THE SEDITIONARIESのライブ映像。】

SNAKEPIPE WROTE:

風邪を引いてしまった。
微熱程度であるが、少し頭が熱い。
直前まで迷ったけれど、チケット買ってあるし。
やっぱり見たいし!
ということで行ってきました、所は新宿ロフト

今年の5月5日、子供の日に行ったライブ「REAL PUNK GENERATION」のファイナルである。
もう既に一度は見ているけれど、今回は前回出演の3バンドに加えて「JOHNNY THUNDERS UNIT」としてJET BOYSも参加。
さて、一体どうなることやら?

トップバッターは先ほど書いたオノチン率いるJET BOYS。
オノチンは「付け鼻」付けて登場。
JOHNNY THUNDERSに似せたつもりか?(笑)
一緒に行った仲間から
「オノチンは脱ぐぞ」
と聞いていたSNAKEPIPEであったが、まさかほんとに脱ぐとは!
「オノチンのフリチン」
を間近に見てしまった!(笑)
全裸でギターで大根おろしをするわ、ギターに火をつけるわ、挙句の果てには自らのフリチンにまで火をつけるオノチン…。
音よりもそのパフォーマンスに目を奪われてしまう。
まるで「電撃ネットワーク」のよう。
JOHNNY THUNDERSはこれを見たらどう思うだろうか?(笑)
「CHINESE ROCK」を「JAPANESE ROCK」とか「TOKYO ROCK」に変えて歌ってたのが面白かったな。

次はRADIO CLASH。
こちらは前回見ているので、さほどの衝撃もなく、
「前もこんな感じだったな」
くらいの感想。
ただ今回は途中でゲストヴォーカルとして、STRUMMERSのIWATAが出たのが新しいところ。
CLASHらしく日の丸をモチーフにしたシャツを着ていたのがニヤリとさせられたな。(笑)

さあ、次はお目当てのPISTOLS UNIT!と思いきや、なんと前回と順番が変わってRAMONES UNIT DUMBの登場。
RAMONESの音って単純なだけに、やっぱりノれるんだな。
観客も大盛り上がり。
熱があるのに飛び跳ねてしまったSNAKEPIPEを止めるROCKHURRAH。
はい、病気なのでおとなしくします。
DUMBの音は5月の時のほうが良かったな。
ボーカルも前のほうがJOEYに似てたしね。

トリはSEX PISTOLS UNIT、SEDITIONARIES!
これが見たくて来た、といっても過言ではない。
下北シェルターは超満員で人影から見え隠れするメンバーをチラッチラッと見ていたため、やや欲求不満だったSNAKEPIPEなので、今回はばっちり見られる場所を確保。
いやあ、すごいなあ、このバンドは!
音も最高、JOHNNYもそっくり!
もし「世界JOHNNY ROTTEN そっくり選手権」があったら、優勝できるんじゃないだろうか。(そんなのないか?)
本物のPISTOLSを見たような気分になり、幸せだった。
ありがとう、SEDITIONARIES!(笑)

熱を押して出かけたために、そこまでで体力限界。
さあて、今日もこれから寝込むかな。(笑)

icihimaime.jpg【SNAKEPIPEの一本目の一枚目】

SNAKEPIPE WROTE:

朝晩はかなり涼しくなって、毎朝起きるのが辛い季節になってきましたな!
ってまだ早過ぎ?(笑)

ずっと前から気がかりだったのが撮影済みモノクロ写真の処理。
ベタ焼き(コンタクトプリント)は全部作ってあるけれど、それをもう一度見返そうというには量が膨大。
しかも押入れの奥から出すのも面倒…。
という理由でずっとしまいこまれたままになっていた、モノクロ写真群。
趣味で写真やってる、なんて人はこの話にうなづくはず。(笑)
記念撮影の写真とは違うからね。

やっと重い腰を上げてネガの整理を始めることにした。
フィルムスキャナーでパソコンに取り込み、フォルダーで分けて見易くする。
「スキャナー使うの好きゃな〜!」
などとROCKHURRAHに言われながらの作業である。

フィルムスキャナーは随分前に購入したタイプなので、そのせいなのか元々の性質によるものなのかは分からないけれど、読み込みに恐ろしい時間がかかってしまう。
一枚一枚を取り込むので、36枚撮りのフィルム一本で1時間弱。
いくらSNAKEIPIPEが焦ったり頑張っても無駄!
すべては機械にかかっているのだ。
こんな遅々としたやり方では全てを読み込むのに何年かかるのかと思ってしまうが、仕方ない。
少しずつでも進めていけばいつかは終わるだろうし。(笑)

作品を作ろう、と意識して一眼レフで撮影を始めたのが12年前。
その最初の一本目の一枚目が上に載せた写真。
小さくて分かり辛いかもしれないけれど、解体中の家とショベルカーが写っている。
あら、一番初めから「壊れているもの」を撮ってるのね!
好きなもの・興味のある対象は全然変わってないんだな、と改めて実感。
三つ子の魂百まで、だな〜!
っていうか、これって成長してないってことか?(笑)

すべてを読み取り終わって、パソコンで編集できるようになった暁には、現在ROCKHURRAH RECORDSのオフィシャルサイトで展開しているシリーズ「九相墟写巻」とは別にモノクロバージョンも作ってみたいな、と思っている。
うーん、一体いつになることやら?

hipbag.jpg【新たに商品販売ページに追加!ヒップバッグ:ROSARY PEA】

SNAKEPIPE WROTE:

やっと少し秋めいてきましたな!
レザー着るのに丁度イイ日もあったりして嬉しいSNAKEPIPE。
行楽の秋、食欲の秋、読書の秋、と「〜の秋」がいっぱいあるけれど、SNAKEPIPEには「制作の秋」というところか。(笑)

今回はヒップバッグのご紹介!
SNAKEPIPEが持っていたエプロン型ウエストポーチ(というのか)、人からよく「使い易そう」「欲しい」と言われたモノがあって。
そのデザインを参考にアレンジして作ってみたのがこのバッグ。
ユニセックスな感じにしてみた。
一枚の革より制作。

通常のウエストポーチだと「最低限のモノ」が入るくらいの容量しかないため、結局はもう一つメインのバッグを持つことが多いと思う。
パンクがバッグ2個とはカッコ悪い。(笑)
ということで今回制作のヒップバッグはその悩みを解消!
表面に3つ、内側に1つの充実収納。
ほとんどの必要なものが入る大きさである。

カラーも赤×黒、というシンプルかつ目立つタイプを使用。
裏地に赤を使っているのでお洒落度アップ、モノが探し易い、という利点もある。
BINARY ARMYの基本姿勢である「デザインと機能性」を兼ね備えた逸品に仕上がっている。
元々SNAKEPIPEが持っていたウエストポーチよりずっとイイぞ!
うーん、我ながら良い出来栄えに満足!(笑)

ベルト部分は脱着不可能なので、男女関係なく使えるサイズに設定。
このバッグはスカートやジーンズの上から装着するものなので、大きめでオッケー!
カタチがまるでパンクスの方がよくアクセサリーとして使用する
「ケツ当て」
に似ているので、少し下げてお尻に回して使うのもイイかも。

全く同じベルトは手に入らないためベルトだけは違うものになってしまうけれど、それ以外の部分は量産可能の商品である。
自分用にも作ろうかな、と考えるほどSNAKEPIPE自身が気に入ってしまったこのバッグ。
「欲しい!」と思った方は商品ページをクリック!(笑)