Monthly Archives: 4月 2013

【チェアと聞けばやっぱりこれ!アンディ・ウォーホルのエレクトリック・チェア】

SNAKEPIPE WROTE:

ふと思い立ったように、何かしらの画像検索をしてしまうSNAKEPIPE。
アーティスト検索したり、作品を観たり。
毎回ハッとさせられる画像に出会うわけではないけれど、ワクワクしながらパソコンに向かう時間が好きだ。
それはもしかしたらフィルム現像に近い感覚なのかもしれない。
デジタルカメラとは違い、フィルムでは何が写っているのか見るまで分からない。
もしかしたら何かの偶然が作用して面白い作品になっているのではないか、という小さな期待を寄せる、あの瞬間に似ている気がする。
ラッキーなことに、またビザールな逸品を発見したので紹介してみよう。
初心にかえって今回は椅子特集ね!

この画像を観た瞬間
「これぞまさに人間椅子!」
と叫んでしまったSNAKEPIPE。
人間が中に入らないと成り立たない、そのままでは椅子とは呼べないモノ。
いや、まてよ。
「人間椅子」だったら、本来の目的としては、中に人が隠れていることがバレないようにしないといけないのか!(笑) 江戸川乱歩の世界とは違うけど、ユニークなので、書いてみよう。
調べてみると、この椅子はJamie Isensteinというアメリカ人アーティストの作品らしい。
ページには他の作品も載っているんだけど、どれもちょっとヒネった雰囲気の作品ばかり。
恐らく現代アートならではの、小難しい解説や理論があるんだろうねえ。(笑)
それらをすっ飛ばして、鑑賞するだけでも面白い。
鑑賞だけじゃなくて、展示されている時には実際に座ってみたい逸品だね!
ひょっとしたら筋トレにも活用できるかもしれないしね。(笑)

続いても、ヒトにこだわった椅子ね。
シルバー色で流線型のフォルムが美しい逸品!
これはどうやら人間の骨盤をイメージして作られたみたい。
人体解剖型ロッキングチェアは、テヘラン出身のPouyan Mokhtaraniによるデザインとのこと。
Ruby Rocking chairという名前が付いている。
ルビーちゃんなんてかわいいね。(笑)
デザイナー本人のHPとは別に、ルビーちゃんだけの専用HPもあったよ。
どちらのサイトもかなり凝った作りになっていて、ハイパーな仕掛けが楽しい。
サイトにルビーちゃんに実際に座った時の画像も載っていて、なかなか座り心地が良さそうだった。
この椅子はあなたに最高水準の心地良さと自由を与えてくれるでしょう、なんて宣伝文句も書かれてるしね。
好きなようにオーダーできるシステムのようなので、値段は不明!
一度座って感触を確かめてみたいよね。(笑)

骨盤に続いて、こちらも骨のロッキングチェア!
まさに骸骨をあしらった、なんとも不気味な逸品ね。
19世紀ロシアのアンティークのよう。
木製で、足の辺りの装飾も細かく凝った作りになっているよ。
台座下にはペガサスのような動物が何体か彫られているし、足部分には人の頭部が付いている。
どうして上は全身骸骨なのに、足元だけ人の頭なんだろう?
なんで下も髑髏にしなかったのかな?
そして背もたれに当たる部分が胸骨になると思うんだけど、この椅子の座り心地はどうなんだろう?
骨が当たって痛くはないんだろうか、なんて心配になっちゃうけど、インテリアとして考えるのが普通なのかも?
どうやらオークションに出品されていたらしく、お値段$2,500から$3,500だって。
今のレートでは25万円から35万円ってところか。
手が出せない金額じゃないよね!
一体誰がオークションに出品したんだろう。
SNAKEPIPEはそれがとても気になるなあ!(笑)

さて、お次は単なる椅子という枠を越えた多機能娯楽椅子のご紹介。
これはイギリスのデザイナーであるDavid Gawthorpeがミニ・クーパーのフロント部分を使って、2年をかけて制作した作品。
どうやら映画を観たり、音楽を聴いたり、PS3やXboxで遊ぶことができるらしい。
そして後部には小さい冷蔵庫もあるようで、至れり尽くせり。
更に驚くのは、映画などの弾丸の音に反応して座席が振動するシステムまで搭載!(笑)
臨場感溢れる仕組みになってるんだね。
気になるお値段は£8000、日本円で約120万円。
この金額は中古でミニを買うのとほぼ同額とのこと。
熱狂的なミニのファンにはお薦めの逸品だね!
ただし、車の幅以上のスペースが部屋に必要だね。(笑)

さて、こちらもリサイクル品を使った椅子の登場だよ!
ぎょぎょっ!
こ、これはもしやライフルでは?
画像だけ見ていると、なんとも恐ろしい椅子のようだけど?
調べてみると、これは大英博物館に所蔵されている作品のよう。
モザンビークのアーティスト、Cristovao Canhavato (Kester)が制作し、タイトルは「Throne of weapons」とのこと。
1992年に内戦の終結以来集められた廃兵器から作られたというから、本物の武器だったのね!
AK47アサルトライフルH&K G3ライフルなどの武器は、モザンビーク・キリスト教協議会「銃を鍬へプロジェクト」を行なっているTAEというチームの支援により世界中から集められているらしい。
ライフルを農器具や建設用工具に交換 する運動を展開しているとのこと。
確かメキシコでも銃を品物に交換できるなんてニュースがあったね。
「Throne of weapons」プロジェクトについては、大英博物館のページに詳しく載っているのでご参照下さいませ。
それにしても、この椅子を展示しているという大英博物館、やるなあ!(笑)

最後はこちら。
もしかしたらこれは厳密に言うと椅子の括りに入らないのかもしれないけど、武器つながりということでいいか。(笑)
これはベビーカーなんだけど…。
名前が「gun shape baby carriage」なんだよね。
写真では見辛いと思うけど、至る所にガンが仕込まれてるよ!
なんとも物騒な作品だけど、非常に美しい仕上がりにうっとりしちゃう!
ステンレスの冷たい輝き、重厚感のある見事なフォルム!
これは中国のアーティスト、shi jinsongの作品「ne zha」シリーズの一つらしい。
「ne zha」とは哪吒(Nezha、Na-zha、Nataなど)と漢字では表記され、ナタク、ナタまたはナタ太子とも呼ばれ、中国、道教の伝承、封神演義、西遊記に出てくる子供の姿の英雄、武神であり、民間信仰では厄払いの霊として崇められている存在とのこと。
Shi Jinsongは「ne zha」シリーズを、超自然的な力と中国の架空の創造物であり、古い中国の文化の衝突および現代世界を示す装置として展開しているという。
現代アートだから、解説が難しいね。
とりあえず何故ベビー用品ばかりなのか、の意味は解ったね。(笑)

2011年11月の「ビザール・ベッド選手権!3回戦」で「グッと来た逸品」として紹介したピカピカ光るステンレスで作られたゆりかごも「ne zha」シリースの作品だったと判明!
SNAKEPIPEの好みにドンピシャなんだよね。(笑)
ゆりかごやベビーカー以外のシリーズ作品も、安全基準を全く満たさない物騒系で素晴らしいよ!
デヴィッド・クローネンバーグ監督の「戦慄の絆」に出てきた、非常に危険でアーティスティックな鉗子の雰囲気に似てるんだよね。
道を塞ぐ、でしゃばりなベビーカーは大迷惑だけど、この作品は見惚れるね!
是非ロバート・ロドリゲス監督の映画で、いかにも怪しげなメキシコ系グラマーにこのベビーカーを押してもらって、ここぞという時に発砲する小道具として使って欲しいね!(笑)

5つのビザールな椅子、いかがだったかな?
椅子に関しては今回で4回目の特集になるんだよね。
おかげでSNAKEPIPEの目も肥えてきてるよ!(笑)
ちょっとやそっとじゃ驚かなくなってるはずなのに、まだまだ世界にはビザールな逸品があるし、日々生産されているんだね。
また新鮮な驚きに出会ったら特集してみたいと思う。

【普通では、なかなか撮れない記念写真】

SNAKEPIPE WROTE:

新作映画でもカルト映画でもない、観た映画を自らの好きな視点からブログにしていこうという企画の「映画の殿」。
今まで鑑賞した映画はかなりの数になっているのにも関わらず、ほとんど記事にしてこなかったからねえ。
こんな企画を考えてくれてありがとう、ROCKHURRAH!(笑)
残念ながら、SNAKEPIPEは「映画の殿」の元ネタである「映画の友」については、全く知らないんだよね。
ま、いいか。(笑)
第2号はSNAKEPIPEが担当させて頂きましょー!

ROCKHURRAHとSNAKEPIPEがDVDをレンタルするのは、皆様お馴染みのTSUTAYAである。
急に場所が変わっていたりして商品が探しにくいという難点はあるけれど、ある程度の映画は借りることができるので、度々利用している。
TSUTAYAでは埋もれた名作を「発掘良品」としてDVD化する試みがあり、毎回興味深くチェックしている。
何故だか毎回多くの人がリクエストしているにも関わらず、復刻されないのがジョン・ウォーターズ監督の「シリアル・ママ」!
SNAKEPIPEも大好きな作品なので、是非復刻して頂きたいと思っているのに、何故か毎回見送り。
版権の問題なのか、倫理規定やR指定系の線引きのせいなのか疑問だけど、もっと過激な作品はたくさんあるだろうに。
例えば、写真家シンディ・シャーマンが初監督した作品「オフィスキラー」とかね?

「オフィスキラー」(原題:OFFICE KILLER 1997年)は当然のように、「あのシンディ・シャーマンが初監督!」という情報を知った時から楽しみにしていた作品である。
2010年に書いた「SNAKEPIPE MUSEUM #4 Cindy Sherman」にもあるように、1996年にはシンディ・シャーマン写真展を観てるしね!
そして実はワクワクしながら観たのにも関わらず「イマイチ!」と思ってしまったSNAKEPIPE。
当時仲良くしていた友達連中も同じ感想だったな。
そのため「シンディ・シャーマンが監督した映画あったよね」程度の記憶しか残らなかった「オフィスキラー」。
16年の時を経て、急に思い立ち再び鑑賞してみたのである。

では、「オフィスキラー」のあらすじに、SNAKEPIPEの感想を交えながら書き進めていこう。
※鑑賞していない方はネタバレしてますので、ご注意下さい。

主人公は出版社で校正の仕事に就いているドリーン(写真)。
勤めて16年と答えていたので、推定年齢は40歳手前くらいというところか。
メガネをかけ、体の線を出さない落ち着いた色合いの服装で、かなり地味な印象である。
そのドリーンは、半身不随のため介護が必要な母親と二人暮らし。
食事の時以外、2階で横になっている母親は、用事がある度に耳障りなブザーでドリーンを呼び付ける。
母親は多少耳が遠くなっているようで、大声で話しかけないと聞こえないようだ。
ここ、大きなポイントね!(笑)

性格は真面目で仕事も正確にこなすドリーンだけれど、社内ではほとんど誰とも喋らず、友達と呼べるような存在も見当たらない。
「何を考えているのかわからない不気味な人」
というのが、社内での評判。
自分に自信がないせいか、いつでもおどおどしているため、気が短い人には余計に嫌われる要因になっているようだ。

ある時、ドリーンの勤めている会社では、業績不振のために大多数の社員をパート扱いにして、自宅にて勤務することが発表される。
大幅な人員削減、いわゆるリストラだよね。
社内に残るのは優秀な社員のみ。
当然のようにドリーンもリストラ組、自宅勤務になる通告を受けるのである。

ドリーンが自宅勤務になる少し前、社内にて残業をしている時にパソコンから異常音がする。
あいにく、夜の社内には人が残っていない。
唯一残っていた上司(写真右)に調査を依頼したドリーンは、全くの偶然で電源を検査していた上司を感電死させてしまう。
これは本当に事故だった。
驚いたドリーンは慌てて911(救急車手配)に電話をするけれど…。
「あなたはとても私に対して意地悪だったわね」
と感電死した上司を見下ろしながら呟き、救急用の電話を切るのである。

そしてドリーンはどうしたのか?
なんと、上司の死体を車に詰め込み、自宅の地下室に運び込むのだ。
そして何事もなかったかのように翌日も出勤するのである。
締め切りに追われていたはずの男が、無断欠勤しているので社内は大騒ぎ。
とにかくなんとしてでも締め切りに間に合わせるために、原稿をでっちあげてでも作り上げるのよ!と女社長から命令されたドリーンは、再び残業することになる。
雷の鳴る、人気のない夜の時間。
今度は女社長を殺害!
恐らく自宅勤務になり、差別を受けていながらも、残務処理には良いように使われていることへの恨みのせいだと推測する。
今までじっと耐えていたためなのか、行動し始めたら堰を切ったように次々と殺しに手を染めていくドリーン。

一体自宅に運び込んだ死体はどうなっているのか、というと…。
それが冒頭の「映画の殿」のカバー写真である。
あれは2体の死体に囲まれた写真なんだよね!
「いやだわ、マイケルズさんったらそんなこと言って」
などと、クスクス笑いながら死体と会話し、その状況を楽しむドリーン。
ドリーンはいつの間にかサイコ・キラーになってしまった。
すでにどこかのネジは緩んでいるみたい。
前述したように、母親は一人では動けないし、耳も遠いためドリーンの奇行に全く気付いていないのだ。

ここからドリーンの暴走は加速する。
そんなに手をかけてしまったら、会社に人がいなくなるんじゃないかと心配になるほど殺しまくるのである。
その代わり、殺風景だった地下室は賑やかになっていた。
「会社に出社できないなら、地下室を会社にしちゃえばいいんだ」
とでも思ったのだろうか。
電話をさせたり、メモを取らせたりして、まるでお人形遊びをしているように、死体で遊ぶのである。

死体で遊ぶ、と行為で思い出すのが坂口安吾原作の「桜の森の満開の下」である。
1975年、篠田正浩監督により映画化された作品であり、主演は監督の奥方である岩下志麻
そして山賊役が若山富三郎という豪華キャスト!
岩下志麻の美しさったら、それはそれは、びっくりしちゃうほどなんだよね。(笑)
「日本のカトリーヌ・ドヌーヴ」と勝手に呼ばせて頂き、昔から大ファンのSNAKEPIPE。
この映画は岩下志麻の妖艶な魅力が堪能できる作品なのである。
写真では小さくて判りにくいと思うけれど、このシーンは、まさに岩下志麻が首遊びをしているところ。
実際に人間の首を使って、人形遊びをする。
山賊である若山富三郎に「美男の僧侶の首が欲しい」、などと命じて首を持って来させるこわーい女性なのである。
やっぱりドリーンと同じように、どこかが麻痺しているみたいで、首を死体とは思っていない様子。
ドリーンにしても、岩下志麻演じる女にしても、鈍感になっているのは鼻だよね。
あそこまで死体がいっぱいあったら、臭いに耐えられないように思うけど?
「桜の森の満開の下」は、とてもシュールで映像の美しい作品だった。
この映画もお薦めだよ!(笑)

次々と殺人に手を染めていく女性という点では、前述した「シリアル・ママ」の雰囲気に近いよね。
「シリアル・ママ」の殺人動機は、
「レンタルビデオを巻き戻さず返す」
「労働感謝の日を過ぎたのに、白い靴を履いている」
などという非常に些細なルールを守らないこと。
怒りを覚えた普通の主婦が、制裁を加える話なのである。
ジョン・ウォーターズらしいブラック・ユーモア満載の「シリアル・ママ」には、大笑いしちゃうシーンがいっぱいあるんだよね。
裁判で自らを弁護し、無罪を勝ち取るシーンは見事だった!
そしてあの大股開きは最高だったよね。(笑)

「オフィスキラー」には、そんな笑いの要素はほとんどない。
死体はリアルな演出がされていて、かなりグロいし、死体をパーツにして遊ぶエグいシーンもある。
「もっと訳の分からないアート作品だと思ったのに、ホラーで面白い!」
とROCKHURRAHが感想をもらしたように、ホラー好きをも唸らせる出来栄え。
ヒッチコック監督「サイコ」へのオマージュと思えるシーンもあったね。(笑)
社内では鈍臭い女と思われていたドリーンが、非常に素早い動きで包丁を使うのは驚きだった。

最後にドリーンは「楽しい自分だけのオフィス」を焼き払ってしまう。
証拠隠滅の意味と、遊びに飽きたことの両方だったのかもしれない。
そしてドリーンは変装して、求人情報を頼りに次の仕事探しに向う。
変装はシンディ・シャーマンの得意分野だもんね!
別人になったドリーンは、シンディ・シャーマン本人なんじゃないかと思うような出で立ちになっていたよ。(笑)
日本で起きた実際の事件でも、変装して何年間も逃亡生活を続けていた女性が、髪型や化粧で別人に見せることができる証明をしてくれたよね。
女は化けるなー!騙されそうで怖いなー!
あ、SNAKEPIPEも性別、女だったんだ。(笑)

もう一つ気付いたこと。
やっぱりこの映画はシンディ・シャーマンらしいな、ということ。
シンディ・シャーマンは映画のスチール写真のような、擬似映画の中の登場人物に自らが成り切って作品にしたシリーズが有名だよね。
「オフィスキラー」の場面を切り取ってみると、それらはまるっきりシンディ・シャーマンの写真なんだよね。
モノクロームにして、作品っぽく加工してみたよ!




映画の中でのメールに関する問題や、警察が全く関与していないことなどは、この際突っ込まないことにしようね。(笑)
16年前には「イマイチ!」と感じたSNAKEPIPEだったけれど、今回改めて鑑賞して思ったのは
「ものすごく怖い映画!」
ということ。
きっとそれは、「本当に起こりそう」だと感じたからだと思う。
16年前には荒唐無稽で「そんなことあるわけない」と思ったのだろう。
ところが現在では「こんな人、いるかもしれない」に変化したんだろうね。
「人間」ということにこだわり、自身の作品を制作していたシンディ・シャーマンだからこそ、将来を予見してこの映画を撮ったのかもしれないね。
ここで教訓!
「大人しそうにみえる人こそ、本当はアブナイ!」

【グレートジャーニー展のトレイラー】

SNAKEPIPE WROTE:

いつも見ている「めざましテレビ」の次の番組である「とくダネ!」になっても消さずに、テレビをつけたままにしていた。
その時特集されていたのが「世界最古のミイラ」。
その途端に目が釘付け!
なんと「世界最古」とされるミイラはチリのチンチョロ族によるものだ、という。
エジプトが最古じゃなかったの?
更にエジプトのミイラとは違い、身分の高低に関係なくミイラが作られ、家族単位で並べられているらしい。
これはすぐにミイラ好きの友人Mに知らせなくては!
「あ、それはグレートジャーニーだよ」
とあっけなく答えられてしまう。
「とくダネ!」の特集は、上野にある国立科学博物館で現在開催されている「グレートジャーニー 人類の旅」の宣伝だったことを知るのである。
グレートジャーニー」とは、フジテレビで放映されていたドキュメンタリー番組のことで、友人Mはその全てを見ていたと言う。
「すっごい面白いから!観に行こうよ!」
是非一緒に行きたいと言うROCKHURRAHも加わり、先日の「フランシス・ベーコン展」に続き、怪しい3人組は上野に向かったのである。

上野というのは、平日でも土日・祝日と変わらない人の多さなんだね。
「グレートジャーニー」のような、ちょっと学習チックな題材には特に子供が多いだろうという予測から、春休みが終わった平日を選んで出かけたのにも関わらず、平日には平日特有の群れがあった。
女性や高齢者の団体である。
JR上野駅公園口から、信号が変わる度に大勢の人が上野公園を目指して歩いている様子にビックリ。

上野公園内には東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、東京芸術大学美術館、恩賜上野動物園、東京都美術館、東京文化会館、下町風俗資料館、旧東京音楽学校奏楽堂、日本芸術院、日本学士院、上野の森美術館と、全く知らなかった館も含め、12もの施設があるんだね。
それに加え、不忍池や上野公園を散策するような人もいるだろうから、様々な目的を持った人達が行き来する場所ということになるよね。
前回、国立西洋美術館に来たのは2011年12月のこと。
あの時はウィリアム・ブレイクの版画展だったね。
今回の国立科学博物館は、一体何年ぶりのことになるんだろう?
恐らく子供の事に来たきりなのではないだろうか。

簡単に「グレートジャーニー」の概要だけ書いておこうかな。
探検家・人類学者・外科医である関野吉晴氏が挑んだ、通算16年、人類拡散の足跡を辿る旅の記録とのこと。
前述したように、SNAKEPIPEは「グレートジャーニー」のドキュメンタリーをテレビで見た覚えがない。
そのため今回のブログでは、「グレートジャーニー 人類の旅」に関する感想だけをまとめることになる。
もしかしたら友人Mのように、ドキュメンタリーを全て見ていたとしたら、また違う感想を持ったかもしれないけれど仕方ないね。
展覧会の構成通りに書き進めていこうと思う。

会場に進むと、恐れていた子供の姿がほとんどいないことに安堵する。
「グレートジャーニー展」が開催されてから、約1ヶ月が経過しているせいもあって会場内はそこまでの混雑ではなかった。
全体的に年齢層の高いお客さんが多い。
えっ、怪しい3人組もその中に含まれてるって?(笑)

プロローグ 遙かなる地に生まれて

アフリカ、タンザニア・ラエトリ遺跡にある、人類最古の足跡のレプリカが展示されていた。
この足跡こそ人類すべての始まりであり、ここから人類が地球上に拡散した、という。
これは360万年前のアファール猿人の足跡らしい。
父親、母親、子供という家族の物ではないかと推測し、家族で連れ立って歩いた最古の足跡化石を「グレートジャーニー」の象徴として位置づけている。
アフリカから住むのに過酷な地域に至るまで、人類はどのようにして生きてきたのかを探るのが今回の展覧会の主旨である、とのこと。
確かに足跡は二足歩行で歩いているのが解るし、足の大きさの違いも歴然としている。
人類は元々アフリカ人だった、というのは前に聞いたことがあるけれど、実際に証拠を見せられてる感じだね。(笑)

旅の始まり グレートジャーニーのスタート

熱帯、高地、極北、乾燥という4つの地帯に暮らす人々の紹介が始まる。

熱帯雨林 アマゾン 自然と共に暮らす民

熱帯雨林のジャングルの中で暮らす、アマゾンのマチゲンガ族。
自然を巧みに利用しながら調和を保ち、破壊することなく生きてきた先祖代々伝承の「密林で生き抜く知恵」について教えてくれる。

「これだけあれば生きられるセット」が展示されていた。
槍や火起こし用の棒など、アマゾンに住む人達にはそれだけで充分獲物を確保したり、調理して生活できるそうだ。
多く持っている人は、持っていない人に分け与えるのが当たり前という話も書いてあり、 「今の日本では考えられない習慣だな」と思う。
下着のトランクスを3枚持っていた関野氏は、残り2枚を村人に分け与え、代わりに槍をもらったという。
丁寧に「関野さんのパンツ」まで展示されていて大笑いする。(笑)

マチゲンガ族の住まいや食事についての展示があり、 「セキノ不動産」としてパネル展示されていたのが面白い。
築年数や間取り、部屋タイプなど、実際の不動産情報のように書いてあった。
食事については、レシピとして材料と作り方を紹介していた。
マチゲンガ族の場合はウーリーモンキーのレシピだった。
ウーリーモンキーは、とてもカワイイ動物だったので、食べることは考えにくい。
住む場所や習慣で何もかもが変わってくるんだね。

習慣が違う、ということを明確に示してくれたのが、今回の展覧会の目玉の一つである「干し首」の展示である。
(写真はInternet Museumより転用)
これは元々国立科学博物館に所蔵されていた物で、今回10年ぶりで公開されることになったという。
これが本物の人間の頭部なの?
だってその大きさ、なんと「こぶし大」しかないんだもん!
「干し首」の作り方(?)について、映像での解説があり、かなり加工して作り上げていたことが解る。
こんなに貴重な「干し首」を実際に鑑賞できるとは!
「干し首のレプリカ、ミュージアムショップで売ってるかな?」
ROCKHURRAHが真剣な表情で尋ねてきたよ。
売ってたら買う気なんだろうか?(笑)

高地 アンデス インカの伝統を残す

6,000m以上の山が連なる大山脈の高地に暮らすケロ村チュワチュワ集落の人々。
標高差3000mを賢く生活に利用し、標高4200mでアルパカ、リャマなどの家畜の放牧、標高の低いところでじゃがいも、さらに低いところでとうもろこしを栽培するという。

アンデスの標高が高いため、とても寒いために織物が発達したのかな。
飼育している動物の毛を刈り取り、織物にしていた工程が興味深い。
染色の技術も素晴らしく、発色の見事さに目を奪われる。
その昔よく通っていたのが、渋谷のチチカカ
この手の民族調モチーフは大好きなんだよね。(笑)
馴染みのあるチチカカ系の織物の作り方を教えて貰えるなんて嬉しいね。
染料はほとんどが天然の物を使用しているんだけど、時折「発酵した子供の尿」って書いてあるのが謎だった。
大人じゃダメなのかしら?(笑)

じゃがいもやトウモロコシの栽培に関しては、何種類も同時に植えて、万が一特定の種類がダメになっても、他で凌ぐことができるように工夫していたという。
知恵があったんだね。
こういうことがまさしく「生き抜いていくための知恵」ってことになるんだろうなあ。

極北 アラスカ シベリア マイナス40℃の世界に生きる

マイナス40℃が続く極北の地では生きるためにクジラ、セイウチ、アザラシ、ホッキョクグマなどの肉、皮、骨の全てを無駄にせず暮らしに役立てている。

一番初めに目に飛び込んできたのが、ホッキョクグマの剥製である。
他にもアザラシ、セイウチ、トナカイの剥製があり、その大きさにびっくりする。
こんなに大きな動物を捕獲できるとは!
セイウチ猟の様子が映像として流されていたけれど、銛で一撃だったんだよね。
そしてそれから解体作業。
最初の肉片を海の神様に捧げるシーンが印象的だった。
この映像が強烈だったせいか、この映像で作られていた保存食コパルヒンを、何故だか「とくダネ!」の小倉智昭に切り分けてもらって、食べる夢まで見てしまった!(笑)
小倉さんは「うまいよ、これ!」って言ってたけど、SNAKEPIPEはモグモグしたまま飲み込めないの。
食べたことない食物なのに、想像だけでも「ダメ!」って思ったんだろうね。
でもなんで小倉智昭だったんだろ?(笑)

他にこのブースで気になったのは、トナカイなどの毛皮を使って作った防寒着。
極寒の土地でも暖かく過ごすためには、やっぱりそこで同じく生活をしている動物の毛皮なんだね。
トナカイの毛皮は本当に暖かそうだった。
もう一つ驚いたのが、魚の皮も使って洋服作りをしていたこと。
上の写真の黄色っぽい服が、そのサケの皮を使用したタイプなんだけど、キレイな仕上がりだったよ!
防水効果に優れているらしい。
何年後かにアウトドアブランドが出したりしてね?(笑)

乾燥地帯 アタカマ、ゴビ、ヌビア、ダナキル 砂漠で生き抜く知恵

ほとんど雨が降らない寒暖差も激しいこの環境の中でも、人々はラクダを使い、砂嵐に耐え、水を確保し生きてきた。

ここでの目玉はなんといっても、アタカマ砂漠で発見された、チンチョロ族の約5000年前の子供のミイラだろう。
冒頭で書いたように、このミイラは「とくダネ!」で情報としては知っていたけれど、テレビと現物では、印象が全く違うもんね。
顔に着けたマスクが小さな穴3つだけなので、パッと見ると泥人形のようにもみえちゃうんだけど。
このミイラをCTスキャンで研究した映像が流れていたので、より理解を深めることができる。
なんとこのミイラには、背骨に沿って2本の棒が通されているため、もしかしたら立たせていたのでは、との見解もあるらしい。
「ミイラ師の技術が」などと解説で言ってるのが、おかしい!
ミイラ作りを職業にしていた人がいるのかな?(笑)
「干し首」と同様、この世界最古のミイラ鑑賞ができて、本当に来て良かったと思う。

縄文号 日本人のルーツの謎

「新グレートジャーニー」として、日本人のルーツに迫る「海上ルート」を旅するために作られた丸木舟「縄文号」が展示されている。

インドネシアのスラウェシ島から日本を目指して海を移動するプロジェクト。
なんともびっくりなことに、丸木舟は手作り!
その工程を映像で観ることができるんだけど、まずは木を伐採するための斧やトンカチのような工具を作るとことから始まるのだ。
子供の頃、砂場で磁石を使って砂鉄を集め、売りに行くと言ったら笑われた経験がある。
誰に売るつもりだったんだろうね?(笑)
このプロジェクトでは、本当に砂から砂鉄を作って、集めた砂鉄を熱で溶かして鉄にして、刀を作る要領で「鉄は熱いうちに打て」を実践しているのである。
すべて自分達の手によって作ることを、まさか砂鉄集めから始めているとは思わなかった。
10ヶ月の期間を使って丸木舟は完成!
そして3年を掛けインドネシアから石垣島までの旅を成功させるのである。
遥か昔、本当にこんな風に丸木舟に乗った人が、日本を目指して海を渡ってきたのだろうか?
ロマンを感じるねえ!

アファール猿人復元プロジェクト

プロローグで紹介されていたタンザニア・ラエトリ遺跡にある、人類最古の足跡を元に、アファール猿人を復元する。
この猿人のモデルになったのがナインティナインの岡村隆史。
あっ、確かこの話は「めざましテレビ」で見たことあるなあ!
学術的にバッチリだった、って言ってたもんね。(笑)
父親が敵を警戒しながら、子供の手を引いて一歩前を歩き、その後ろには妊娠している母親が続いている様子が復元されていた。
父親の握力は推定で、現在の成人男性の約2倍というから、驚きだね!
そのくらい力がないと、生きていかれなかった、ということなのかな。
360万年前にも、ちゃんと家族という単位で行動をして、父親が家族を守っていた姿は、頼もしく感じられた。
足跡から、ここまで作り上げるとは、お見事!

全ての展示を鑑賞し終わり、物販コーナーへ。
怪しい3人組はバラバラに、各々の興味のある品物を目指す。
足早に店内をグルッと回ったROCKHURRAH。
「やっぱり干し首、売ってないんだね」
本当に売ってると思ってたんだろうか!
ROCKHURRAH、恐るべし!(笑)
何故置いてあるのか不明だけれど、マトリョーシカ関連のグッズがいくつかあり、真剣に購入を迷っていた友人Mが、図録を観ているSNAKEPIPEに近づいてくる。
「あー、グレートジャーニーは本じゃダメなの。やっぱり映像じゃないと!」
確かに!
今回初めて「グレートジャーニー」に触れたSNAKEPIPEも、写真や文章だけでは完全に伝わっていないな、と感じていた。
DVDが出ているようなので、いつの日か関野さんの旅を追体験できたらいいな、と思っている。

【ロスト・ハイウェイのトレイラー】

SNAKEPIPE WROTE:

2000年より前のこと、自分でHPを制作し、例えば写真作品を発表したり、観た映画の感想を書き連ねていたことがある。
あの頃はまだホームページビルダーを使ってたりして、恥ずかしいページだったんだよね。(笑)
もうどこにも残っていないことを望むなあ。
その時にも当然のように敬愛するデヴィッド・リンチ監督の映画について書いた。 「ブルーベルベット」について、かなり真剣に感想をまとめたっけ。(遠い目)
ROCKHURRAH RECORDSのブログを開始してから、リンチの様々な話題を取り上げているけれど、映画についてはほとんど書いていないことに気付いたよ!
こんなに長い間リンチの作品に触れていながら、なんたる失態!
これから少しずつ、リンチ作品を振り返って紹介していきたいと思う。

ロスト・ハイウェイ」(原題:Lost Highway 1997年)
マルホランド・ドライブ」(原題:Mulholland Drive 2001年)
インランド・エンパイア」(原題:Inland Empire 2006年)

上記の3本は「こっち」と「あっち」というような複数の世界を行き来する映画だ。
リンチは「イレイザーヘッド」より前から夢想シーンを織り交ぜた映像作りをしているし、シュールな映画は特にこの3本だけということはないけれど、ここ最近の3部作として扱っていきたいと思う。
今回は3部作の1番目「ロスト・ハイウェイ」について書いていくことにする。
1997年というと16年前になるんだねー。
割と最近観たと思ってたのに。(トホホ)

「ロスト・ハイウェイ」についてのあらすじは必要ないだろう。
妻の浮気を疑った夫が、挙句の果てに妻を殺す、という話だからね。
えっ、乱暴過ぎ?(笑)
Wikipediaに冒頭部分などの記載があるので、そちらを参考にされるとよろしい。
SNAKEPIPEは気になった部分だけを紹介していくつもり。
自分のためのメモみたいな感じかな。
それでもネタバレになることもあるので、観てない方は注意して下さい


リンチの映画には必ずといって良い程登場するのが異形の役者。
「ロスト・ハイウェイ」ではロバート・ブレイクがミステリーマンを演じている。
白塗りメイクでまばたきしないまま話をする、かなり不気味な存在!(写真左)
そのままでも充分異形なのに、逆光で見えない妻・レネエの顔が、いつの間にかミステリーマンになっているシーンがあるんだよね!
右の写真なんだけど、ロン毛のヅラを被って、女装よ!
旦那であるフレッドが「ヒィッ!」と声を上げるんだけど、これはかなり怖いよね。
どう、こんな人が隣に寝てたら?(笑)

ミステリーマンの正体は、人によって解釈があると思うけれど、やっぱりフレッドの妄想とか想像の産物ということで良いように思う。
ラスト近くでミステリーマンがフレッドに何やらゴニョゴニョと耳打ちする。
この耳打ちっていうのは、リンチファンにはお馴染みだよね。
ツイン・ピークス」でローラ・パーマーがクーパー捜査官に耳打ちする、あのシーンね。
今、Wikipedia読んで初めて知ったけど、クーパー捜査官のフルネームって
「デイル・バーソロミュー・クーパー」っていうんだね?
バーソロミューといえば、バーソロミュー・くま!
もしかしてクーパー捜査官の名前をもじったのかな?
話が脱線してしまった。(笑)

ミステリーマンは耳打ちしたあと、すっかり画面から消えちゃうんだよね。
直前まで持ってたピストルも、いつの間にかフレッドの手に渡ってるし。
それ以降は登場しない。(この表現で良いのかは疑問だけど)
「自分なりの解釈で記憶する」と話していた、フレッドの記憶にはもう出てこない、ということで良いのかしらね。


解釈が人それぞれ違ってくるだろうと思われる、もう一つはビデオテープ。
何者かによって届けられる謎のビデオ・テープは、最初はフレッド宅の外観だけを写した「不動産屋よ、きっと」レベルの軽いものだった。
一番最後に出てきたのは、上の画像のような凄惨な殺害現場。
サブリミナルのように、パッパッと画像が移り変わるので、何度も静止させながら確認すると、完全に上半身と下半身を真っ二つにされ、手足がバラバラに切断された現場を観ることができる。
カメラに向かって泣きながら大声を上げる血まみれのフレッド。
どうあがいても、このビデオが証拠で有罪判決間違いないでしょう。
ところで、このビデオテープは本当に実在してたんだろうか?


SNAKEPIPEが大好きなシーンは、ミスター・エディことディック・ロラントが交通ルールを守らないヤツをコテンパンにやっつけるところ。
後ろから来た車が煽ってきた、というのが怒りの理由。
更に追い越して行く時に、中指立てるポーズで挑発してきたところで、キレ・モードにスイッチオン!
スピード上げて前の車を追いかけ、後ろから追突すること数回。
銃を突きつけ、運転手を引きずり出し、殴る蹴るの暴行を加える。
これだけなら普通なんだけど、ここで説教するのが面白い。
「おまえみたいなバカのせいで昨年は5万人事故で死んでるんだ!」
なんて非常にマトモな演説を、強面の人が言うパラドックス的な感覚。
ここらへんがリンチの言う「ハッピー・バイオレンス」なのかもしれないね?
キレるキャラクターは、「ブルーベルベット」のフランク・ブースこと、デニス・ホッパーが秀逸だったよね。
ディック・ロラント役のロバート・ロッジアも、かなり良い味出してたね。


フレッドの妻であるレネエ(もしくはアリス)は、ポルノ女優だった!
そのポルノ映像が上の写真なんだけど、ここだけカットしてみると、マドンナに見えてしまうのはSNAKEPIPEだけかしら?
ディック・ロラントと、いかにも不健全な商売してます風の男・アンディは、ポルノ映画やスナッフ系のビデオを制作・販売していたようだ。
そこにレネエも加わり、結婚後も彼らとの関係を断ち切らなかった。
クラブで演奏をするのが生業の夫が外出すると、レネエはかつての男達に会いに出かける。
レネエの本来の姿は、フレッドの妻ではなかったのかもしれないね。
夫婦間の冷めた会話や態度、視線の動かし方は、全然フレッドを愛してるようには見えないからね。
どうしてフレッドとレネエが結婚したのか、馴れ初めを聞いてみたいよね!(笑)


ディック・ロラントとアンディが制作していたビデオを、皆で酒を飲みながら鑑賞しているシーンがある。
そのビデオは、今だったらR指定がされてしまうような内容なんだけど、その中にマリリン・マンソンが出てるんだよね。
それが上の写真!
マリリン・マンソンはこの映画のサントラにも「I Put A Spell On You」で参加していて、「アイラブユーーー」とヒステリックに叫んでる。
そんな風に愛してると言われたら、相手は逃げるわ!って感じね。(笑)
多分これはスナッフ系のビデオだと思うので、リンチファンからみると羨ましい限り!
リンチの映画に死体で出られる、もしくは殺される役をやるっていうのは憧れだもんね。(←解ってくれる人はいると思う)


上はラスト近く、フレッドが逃走を図ってる時の映像の静止画像。
流して観てる時には、フレッドの顔がカクカクしてたり、歪んでいたり、目が素早くあらぬ方向を見たりして精神や肉体が崩壊していく様を見ている気分になる。
実際、その時のフレッドは妻殺しのみならず、他に2人を殺し追われている身だから、壊れていくのは仕方ないのかもしれない。
静止画にして気になったのは、上の写真の口と、またまた登場のフランシス・ベーコン!
左の絵は口だけの部分なんだけど、良く似てるよね。
「ツイン・ピークス」の時にも、叫ぶ口を映像として取り入れていたリンチだけど、今回は歯がガタガタになってるよね。
これはもうフレッドではない、他の何者か、だね。
「Who are you?」ってミステリーマンにも尋ねられてたもんね、フレッド。

フレッド/ピート、レネエ/アリスの入れ替わりや、「ドグラ・マグラ形式」の作り、そしてミステリーマンやビデオテープの存在については、例えばリンチ評論家の滝本誠氏などが詳しく論じてくれてるから、SNAKEPIPEみたいな素人が発言することもないだろう。
「謎は謎のままでいい」
というリンチの言葉通り、シークエンスの羅列として楽しめば良いと思っている。
2007年5月の記事「かもめはかもめ、リンチはリンチ」に、少しだけ「ロスト・ハイウェイ」について書いていたSNAKEPIPE。

リンチは実際に瞑想をしているし、夢と現実の境がないような映像が得意なので、支離滅裂で筋が通ってないストーリーでも何の問題もなく提示してくる。
リンチの夢想の世界をすべて理解なんてできないのは当然だろう。

すでに6年前、なんとも簡潔に感想を要約して書いてたね。(笑)
それをもう少し掘り下げて書くことができて、良かった。
また日を改めて「好き好きアーツ!」の特集として、リンチの迷宮系3部作第2弾「マルホランド・ドライブ」を書く予定である。
今からとても楽しみだ。