SNAKEPIPEの九州旅行記 2012

                   

20120909_top2【虹の松原で撮影した写真を加工してみたよ!】

SNAKEPIPE WROTE:

本当はもっと涼しくなってから出かけたかったけれど、約2年ぶりに本州を離れることになった。
前回ROCKHURRAHの故郷である九州に帰省したのが2010年11月。
そんなに月日が経っていたとは、調べてみるまで気付かなかったよ!
前回の長崎~軍艦島の場合は綿密な計画を立てたり、チケットを手配する必要があったけれど、今年の旅は博多近辺をウロウロしよう、としか決めなかった。
ほとんど何の計画も立てないまま東京駅に向かったのである。

東京駅で弁当やらビールを買い込み、新幹線に乗り込んだ。
飛行機で行ったほうが速いし、チケットも安いことは知っているけれど、新幹線のほうが旅らしさを満喫できる気がする。
風景を眺めながらの食事はおいしいし、眠ったりしながら5時間近くをゆったりと過ごす。
博多に着いたのは午後15時近くだった。

福岡で行きたい所は、前回も行ったミリタリーショップ、WIP
2010年12月のブログ、SNAKEPIPEの九州旅行記 part2には、WIP店頭にあった自動販売機の写真を載せてるよね!
何か目的があるわけではなかったけれど、店内を物色したかったROCKHURRAHとSNAKEPIPE。
ところが残念なことに、店の移転のために商品を移動しているとこのことで、店内に入ることすらできなかったんだよね!
うーん、せっかく行ったのになあ。
次回の福岡の時には新店舗で買い物できるかな?
お昼には遅く、晩御飯には早い時間にめんくいやで腹ごしらえをする。
今回の旅行中食べたとんこつラーメンでは、ナンバーワンの味かな。
美のカリスマIKKOさんと大杉漣のサインがあってビックリ。(笑)
ストレートな麺はあくまでも細いけれどもコシがあるし、スープのトンコツ味はこってりし過ぎることもなく、程良いトロミで麺によく絡む。
一緒に注文した焼きめしも、チャーシューのしっかりした味がアクセントになっていてクセになりそう!
お腹も落ち着いたので、その後ミリタリーショップ・リベンジということでSWATへ。
SWATって置いてあるものは良いんだけど、店の奥のほうで店員がくっちゃべってるのが嫌な感じなんだよね。
今回は何の買い物もせずにホテルに帰る。

20120919_01このホテルの机の引き出しで見つけたのが「博多明太子物語」という、ふくや創立に関する漫画本!
恐らく九州の人なら「明太子はふくや」と答えると思うけれど、違う地方の人だとパッとは出てこない店名だと思う。
SNAKEPIPEも明太子は以前から大好きだったけれど、九州もんのROCKHURRAHに教えてもらうまで、ふくやの存在は知らなかったからね!
さすがに天神近辺のホテルは、こんな非売品の漫画を聖書の代わりに置いてるんだね!
創業者・川原俊夫の生涯と、ふくや・明太子の歴史がよく解る内容で、タメになるね。
帰宅してから調べてみると、ふくやのHPから電子ブック形式でダウンロードして読めることがわかったよ。
明太子好き、ふくやファンなら絶対読むべし! fの秘密に迫れるかも?(大げさ)

翌日は近場でどこかに出かけよう、ということで「虹の松原」に向かう。
日本三大松原の一つとのことだけど、なんで「虹」なんだろうね?
各駅停車で約1時間。
中心地・天神から地下鉄に乗って、たったの1時間でみるみる景色が変わっていって、連なる山々や海が目の前に広がるとは驚き!
日曜日の昼間なのに、電車もガラガラでとても快適だった。
SNAKEPIPEは初めて佐賀県に足を踏み入れたよ!(笑)

一応は観光名所、ということになっている「虹の松原」だけど、駅は無人駅、駅前にはコンビニもなし!
更に標識やら地図も一切なし!
駅前から続くのは車道だけで、両サイドには松林が広がるだけ!
国有林みたいなんだけど、恐らく誰も手入れしていない自然のままの松が広がる。
全然歴史やら経緯を調べないままに出かけたけど、一体何本の松があるんだろうというくらい、見事な松林。
歩道がないため、車道の脇を歩くこと20分。
松林の中を通って脇道に入ることにする。
やっとここで松原に関する看板を見つけ、虹の松原七不思議を知る。
なんで豊臣秀吉が出てくるんだろう?(笑)
脇道をずんずんと進んで行くと…眼前には海がっ!
誰もいない、玄界灘。
遠くにはいくつもの島が見え、右や左にはホテルらしき建物もある。
「虹の松原」駅というのは、観光客が降りる駅と駅の間みたいだね。
地の果てに来たような錯覚を起こさせる殺風景さは非常に好みで、ROCKHURRAHとSNAKEPIPEは大喜びした。(笑)
人っ子一人いない海を完全にプライベートで所有したような気分。
ここまで人がいない状態は、恐らく関東近辺では難しいだろうね?

海を眺めた後、来た道を駅まで戻ることにする。
再び車道脇を歩いていると、なにやら迷彩柄が目に入る。
車道脇の空き地を利用して、ラックにミリタリー服をかけているサングラスの人物がいるではないか。
「これは売り物なんですか?」
ROCKHURRAHが声をかける。
「そうですよ~!自分の服自慢じゃないですから!見て行ってください」
日に焼けたサングラスの人物がハスキーボイスで答える。
「女房から呆れられてる、趣味の一つでね~。副業ですよ~」
などと聞いてもいないのにペラペラ喋る。
ちょっと胡散臭くない?(笑)
前日は移転のためにWIPで商品を見ることができなかったのに、虹の松原くんだりで移動ミリタリーショップに出くわすとは!
ROCKHURRAH歩けばミリタリーに出会う、って感じか。(笑)
こんな偶然の出会いはなかなかないので、本当は記念に何か商品を買って帰りたかったけれど、コレ!というものがなかった。
またどこかで会ってみたい人物だね!

博多に戻って、お腹が空いたので入ったのがうどん屋ウエスト
この店の噂は以前よりROCKHURRAHから、チェーン店だけどうまいと聞いていて、一度食べてみたかったのである。
たかがうどん、されどうどん、である。(意味不明)
2007年9月に九州地方を旅行した際に立ち寄った、山口県の秋芳洞。
その際食べた下関駅の立ち食いうどんのおいしかったこと!
関東地方とはダシの取り方、醤油の使い方の違いを知ったんだよね。
それ以来、自分でうどんを作る時にもなるべく醤油を使わないように心がけているSNAKEPIPE。
ヒガシマルのうどんのスープみたい、といえば関東との違いが判り易いかな?
ウエストのダシもやっぱりヒガシマル状態、麺はツルッとしていてモチモチ!
九州らしく丸天うどんにしてみたんだけど、これで480円とは嬉しいね。
チェーン店だから、どうやら千葉県内にも出店しているようだけど、家の近所にはなさそうだなあ。
また食べたいうどんだよ!(笑)

今回の旅行は期間が短かかったので、遠くに出かけたり特別なイベントはなかったけれど、福岡県民の日常を少し体験できた感じかな。
天神近くの町の快適さを知ったことも収穫だった。
あの辺りなら住んでみたいなあ!
ROCKHURRAHが見つけてくれた、普段ならちょっとお高めで手が出せないクラスのホテルのトライアル・ステイも良かった。
また行くけんね、福岡!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。