劇的ビフォ→アフターpart4

                   

【セーラーパンツのビフォ→アフター写真。バックはもちろん海軍マークね!】

SNAKEPIPE WROTE:

調べてみてびっくり。
「劇的ビフォ→アフター」を最後に書いたのがなんと2009年の2月だったとは!
そして更に「劇的ビフォ→アフター」はムートンをリフォームした記事しか書いていなかったことも判明。
自分で書いておきながらすっかり忘れてるなんてオメデタイSNAKEPIPEだね。
今回はなんと約4年ぶりにリフォーム記事を書いてみたいと思う。

かつての服飾関連の制作意欲が少し薄れているのだろうか。
大好きだったバンド・ROBINが解散してしまい、ライブに行く機会を失ってしまったのも原因だろう。
「ライブに行くために作る」というような目的と期限の目標を立て易かったのは事実だからね。
最近はパンク系というよりはミリタリー系の服装に偏向しているせいもある。
ミリタリー系服飾は、こちらが手を加える必要のない、完成された状態でデザインされていることがほとんどだからね。
SNAKEPIPEがいじることがあるとすれば、例えばサイズを小さくすることやボタンの位置を変えるなどの修理程度かな。
大幅なデザイン変更を加えたことは今までなかったのである。

先日古着屋で見かけたのは海軍で使用されたデッドストック品。
セーラーカラーの水兵さんルックの時に穿くセーラーパンツである。
このパンツの特徴は腹部に並んだ14個のボタン!
なんだかオムツをする時みたいな、右から左から、そして最後に真ん中をボタンで留め付けて穿くんだよね。
14個もボタンをかけるのは非常に面倒だし、効率悪い気がするけど?
ただ、そのデザインがとってもカワイイ!と思って購入したのである。

ボンタンよりも太く、丈も長いのでサイドを細くして、丈を詰めてみようか。
鏡でシルエットを確認してみると…ただのフェルト素材の紺色のパンツにしか見えない!
せっかくのボタンが生かされてなくて、全然オシャレに見えない。
丈だけ詰めるのはどうか、と再び鏡で確認する。
なんだか短足でどうにもバランスが悪い。
これは困った、と頭を抱えていると
「スカートにしてみれば?」
とROCKHURRAHが提案してくれる。
そうか!その手があったか!
目の前が急にパッと明るくなり、作業にとりかかることにする。

長かった丈をロングスカート丈に切った余りを継ぎ足し、スカートにする。
かつて、ジーンズを壊してスカートを作ったことがあるけれど、その時は真ん中にレザーを付け足しアクセントにしていた。
今回は全てがフェルトで制作しているため、見方によっては非常に地味。
何かアクセントを、ということでSNAKEPIPEは考えた。
完成写真(右)に斜めに走っている直線はジッパーなのである。
なかなか良い飾りになったわい。(笑)
穿いてみると、なんだか初めからこんなデザインだったような仕上がり!
なかなかやるなあSNAKEPIPE!と自画自賛。(笑)

ミリタリー系素材を使って、大胆なデザイン変更をしたのはこれが初めて。
ちょっといい気になって、次も制作してみたのである。


「劇的ビフォ→アフター」第2弾はベレー帽。
ミリタリー・ベレー帽に何か飾りを付けてみよう、と思ったのである。
早速ミリタリー・ベレーを購入。
ここは以前も同じ帽子を買ったことがあり、そのベレーをとても気に入っているため同じタイプを…のはずがっ!
いつの間にか同じメーカーの商品が変更になっているのね。
毎年デザインを少しずつ変える場合があるから、定番商品でも別物になることってあるからね。
今回SNAKEPIPEはまんまと引っかかってしまった。
前回とは似ても似つかない帽子。
素材はもちろんのこと、パターンも違う!
サイズを調整できるように付いていたリボンもなくなってるし!
うーん、これは困った。
てっぺん辺りに装飾を加えるだけの予定だったのに、とてもそれだけでは済まないなあ。

ここでふと思い出したのが、昨年9月に訪れた福岡のSWATで購入を迷ったベレー帽!
通常ミリタリー・ベレーの素材はフェルトがほとんどだと思うけれど、SWATで見たのはタイガー・ストライプを使用したコットン素材のベレーだったんだよね。
そのたタイプはほとんど見たことがないので、すっかり気に入り試着してみたSNAKEPIPE。
かぶって正解。全然似合わなかったの。(笑)
ベレーがとても浅くて、頭の上にチョコンと乗せてるようにしかならなかったんだよね。
きっとベトナムが暑いから、フェルトをやめてコットンにしたんだろうなあ。
確かあの時「いつかコットン素材でベレー作ってみよう」と思っていなかったか?

そして今回の制作が始まったのである。
元になる素材としてフェルトのベレーを使用。
そして以前購入していたタイガー・ストライプのBDUジャケットを使い、上からかぶせることにする。
コットンだけでも良かったかもしれないけれど、フエルトをかぶり慣れているSNAKEPIPEには少しだけ心もとない感じがしたからね。
フェルトの上にコットンだからちょっと厚手になったけれど、保温性がアップして良いか?

せっかく自分で作るんだから「Binary Army」的要素を入れたいな、とてっぺん部分にはアナーキーなAをレザーで表現!
いやあ、レザーを丸く縫い付けるの、苦労したよ。(笑)
久しぶりの帽子制作は難しかったけれど、思った通りの逸品に仕上がって大満足である。

今回の「劇的ビフォ→アフター」はフェルト編になったね。(笑)
やっぱりミシンを踏むのは楽しいな。
またリフォームも、制作も続けていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です