CULT映画ア・ラ・カルト!【12】El Topo

                   

【El Topoのポスター。メキシコでは7歳は大人なのか?】

SNAKEPIPE WROTE:

何年も前から、そう、このブログの「CULT映画ア・ラ・カルト!」というカテゴリーを作るよりもずっと前から「いつか書きたい」と願っていた映画。
熟考して、じっくり時間をかけないと記事にはできないと思い、長い間温存してきた大事な題材。
SNAKEPIPEの人生を確実に変えている脳内永久保存版映画の中の一本!
それがアレハンドロ・ホドロフスキー監督の「エル・トポ」である。
満を持して、記事を書いてみたいと思う。

一番初めに「エル・トポ」を観たのはいつだったか。
恐らく80年代中旬の頃、そう今から25年以上前のこと。
吉祥寺バウスシアターでのオールナイトで鑑賞した記憶がある。
あの時は確か石井聰互監督「爆裂都市」との2本立てだったはず。
映画が終わったら始発電車、って時間だったからね。
うーん、あの頃はそんな無茶をやっても翌日も元気いっぱいだったSNAKEPIPE。
若いってすごいなあ。(笑)

一番最初に観た時にはほとんど内容を理解することができず、ただ圧倒的な映像の虜になった。
意味は解らなくても、まるでミュージックビデオを観ている感覚で、カッコ良いと思ったからね。
何年か経ってまた観たくなった。
特別有名なレンタルビデオ屋に行かなくても、近所でいつでも借りることができたので、それから何度も何度も繰り返し観た。
記憶の中に刻まれていておかしくないのに、いつ観ても新鮮な驚きを感じてしまうのが不思議だった。
また観たいという欲望が枯れることがないのである。
いつでもレンタルできると思っていたのに、いつの間にかビデオはDVDの時代になり、「エル・トポ」をDVDで発見することができなくなっていた。
残念に思いながらも、そのうちSNAKEPIPEは「エル・トポ」を探すことを忘れてしまったのである。

原点回帰とでもいうのだろうか。
前に観たあの映画をもう一度観たい!
前に読んだあの本を読み返したい!
こんな欲求が出てきたのは今から何年前のことだろう。
現在はネットがあるので、情報収集は家にいてもできる。
ここで思い出したのが「エル・トポ」だった。
2011年に割と安価なお値段でDVDボックスが販売されることを知ったのである。

それ以前にアレハンドロ・ホドロフスキー DVD デラックス BOX がものすごく高価な値段で販売されていたのは知っていたけれど、とても手が出せるお値段じゃなかった。
デラックスボックスには3部作と共にタロットカードまで特典として付いていたようだから、仕方ないのかもしれないけどね?

2011年に販売されたDVDボックスには残念ながら「サンタ・サングレ」は入っていないけれど、熱狂的なファンにとっては嬉しい情報だった。
今まで観たことがなかった「FAND Y LIS」「LA CRAVATE」に加え、サントラも入っていてこのお値段!
早速購入を決めたSNAKEPIPEである。

このDVDボックスは「エル・トポ」製作40周年デジタルリマスター版公開を記念しての販売とのこと。


2枚の画像は上が「エル・トポ」、レーザーディスク版。
下がデジタルリマスター版である。
影によって黒くなっていた部分が判りやすく、編集されている。
背景の空や砂漠の色もかなり違うことがわかるね。
フィルムに特有のホコリだったり白抜きのようなキズや黒いプチプチしたシミのような汚れは一掃され、シャープネスとコントラストを効かせた映像に生まれ変わっているのである。

これは個人の好みの問題だと思うけれど、SNAKAPIPEはデジタルリマスター版よりも、修正のない映像のほうがお気に入り。
舞台となっているメキシコの砂漠は、恐らく陽射しが強くて影が濃く出るだろうし、砂漠だったら砂が舞い、白茶けた色になるだろうと思うから。
ホドロフスキーの映像にはお馴染みの血の描写も、修正前のほうがどす黒い赤色になっていて、より生々しく感じられるのだ。
SNAKEPIPEは現在ではデジタルカメラを使用しているけれど、本当はフィルム愛好者。
フィルムとデジタルでは全く趣の違う写真ができるからね。
何度でも撮り直しがきくためバシャバシャ撮影し、その場で完成度合いを確認できるデジタルと、出来上がるまで正体が分からないフィルムとは重みが違う気がして、フィルムに軍配を上げちゃうんだよね。(笑)

そして最大の修正はボカシ。
神経症なんじゃないかと思ってしまうような倫理規定には首をかしげてしまう。
特典映像にあるホドロフスキー本人の言葉に関しても注意書きしてるんだよね。
「私は普通じゃないものを愛した。
想像力のあるものを。
異形は自然の想像力が生んだ遺伝子の想像力だ。」
この発言に関しての注意だと思うけれど、これって差別発言なのかしら?
SNAKEPIPEはホドロフスキーも写真家ダイアン・アーバスと同じような考えで発言しているように思うけれど。
この手の病的な線引き、どうにかならないものかね?

それでは「エル・トポ」のあらすじを感想を含めながら書いてみようか。

※ネタバレを含みますので、映画を観ていない方はご注意下さい。
1970年のメキシコ映画である「エル・トポ」は4つのチャプターで構成されている。
創世記(GENESIS)
預言者たち(PROFETAS)
詩編(SALMOS)
黙示録(APOCALIPSIS)

創世記~預言者たちまではウエスタン映画、詩編~黙示録は宗教映画とでもいったら良いのだろうか。
2つの別なお話がくっついちゃった感じね。
映画のタイトルであるエル・トポとは映画の主人公の名前。
スペイン語でモグラの意味だそうで、映画の暗喩となっている。
前半でのエル・トポはブラック・レザー上下着用に黒いハットで馬に跨る、ウエスタンスタイル。
この服装は本当にカッコ良いね!
後半では坊主頭に丸首ロングワンピースのような服を着ている。
実際服装だけじゃなくて、人格まで別になってるんだよね。

連れていた息子を置き去りにし、女と砂漠を旅していくうちに女の口車に乗せられて「砂漠にいる4人の銃の達人」を倒すことを決意する。
無の境地に達しているヨガの達人には落とし穴作戦。
自己喪失を極め、母親に全てを捧げた達人には最愛の母を傷つけることで動揺させ、後ろから襲う作戦。
正確な狙いを定めることができる達人には、心臓部分に鉄板を当てることで弾丸弾き飛ばし作戦を決行。
とても達人には敵わないので、姑息な手段を使うことで達人を殺していく。
4人目の達人に「生命を奪うことに何の意味があるか?」と問われ、
「おまえに殺されたんじゃない。おまえの負けだ」
と目の前で自殺されてしまう。
4人の達人を殺し、自分がNo.1になりたかったエル・トポの目標を達成させず、更に自らの命によってエル・トポの目標がいかに無意味であるかを教えたのである。

これらの達人たちの描写がとても興味深い。
欲や自我を捨て去り、死を生前から受け入れているかのような静謐さ。
精神世界関連の本の中に出てくる、悟りや涅槃の域に到達している達人たちだ。 皆一様に穏やかで、殺しにきたエル・トポと自然に話をする。
「私はこんな人間だが、それでも決闘したいかね?」
のように問いかけ、エル・トポのズルによって命を落とす。
その死も無念とか無残という感じがまるでない。
できた人というのはこういうものなのか。
SNAKEPIPEも見習いたい!(←無理?)

女の言いなりに達人を殺してきたけれど、一体殺人に何の意味があったのだろう?
ウエスタン映画での悪いヤツを懲らしめるための決闘とは訳が違う。
本来であれば師と仰ぎ、エル・トポを導いてくれる人達だったのではないか?
取り返しのつかないことをしてしまった、後悔してもしきれないほどの後悔をしてエル・トポは銃を捨てる。
達人を殺すように「たぶらかして」いた女もエル・トポを見捨てる。
エル・トポの内部では記憶も価値観も今まで信じてきたことやら、何もかも全てがガラガラと崩れ落ちてしまう。

「負け犬は嫌いよ」
と言い放つ「たぶらかし」女は、いつでも自分にとって有利な男(もしくは女)に付いて行く。
エル・トポがダメになった、と思うとハイ、サヨナラ。
心変わりの速さや身の軽さが生きていくために必要な力なのかしら。
最近の若いもんのことはよく分からないけど、いわゆる日本女性だったら「あなたをいつまでもお待ちします」みたいな奥ゆかしさを持っていることが多いよね。
そして待ち続けたまま死んでしまっても、美談とされるような風潮あるよね。
騙すような女のほうが世間的には悪女的なイイ女なのかもしれないし、騙されるほうも悪いとも言えるけど?
まんまとエル・トポは女の言いなりになっちゃったわけね。(笑)

映画「エル・トポ」の中でSNAKEPIEPが大好きなのが、途中から一緒に行動することになる女ガンマン。
女性の場合でもガンマンになるのかね?(笑)
この女性もエル・トポ同様、黒ずくめレザーファッション、目の周りの化粧も黒々としていてとてもカッコ良いの!
エル・トポの女に心を奪われてしまう同性愛者という役どころ。
ホドロフスキーは、本業が役者ではない素人を多様しているようなので、きっとこの女性もこの映画以外には出てないんだろうなあ。
そして女を連れ去ったところで前半が終わり。
もうこの女ガンマンの出番もないのよ。

では続きの後半ね。
ズタズタ、ボロボロになったエル・トポは永い眠りについている。
いつの間にかフリークス達が住む洞窟の救世主として崇められ、髪は金色になり、まるで別人の形相。
目覚めたエル・トポは蘇ったキリストさながらの再生を果たすのである。
今までの行いの懺悔の意味もあるのだろう、助けてくれたフリークス達へのお礼のために洞窟に閉じ込められているフリークス達を開放しようとトンネルを掘ることを約束するのである。
トンネルができれば町への行き来ができるようになる。
エル・トポはこれが良い行いだと信じていたんだろうね。

ところが町は奴隷売買が行われ差別や残虐行為が当たり前、インチキ宗教がはびこる、とても良い雰囲気の町とはいえない環境であった。
「洞窟を出て町に来ることに何の価値があるかしら?」
と永い眠りについていた時からエル・トポの世話をしてきた小人の女が言う。
それでもトンネルを掘り進めようというエル・トポ。
この時やめておけば良かったのに、と多くの人が思うよね。
SNAKEPIPEもそう思った。
どう転んでも、この町の人たちが洞窟のフリークス達を快く受け入れるとは考え難いもんね?
大道芸でお金を稼いでいるうちに、秘密のクラブに呼ばれたエル・トポと小人の女は皆に笑いものにされながら結ばれる。
「結婚しよう」
出向いた教会で、7歳の時に置き去りにしたエル・トポの息子と再会する。

ここでやっと前半の話とつながるのである。
エル・トポは再生したけれど、かつての記憶を失っているわけではないので、すぐに息子と気付く。
息子は置き去りにされた時から父親であるエル・トポを憎み、父親を殺すために生きてきた。
ここで会ったが百年目、とエル・トポに襲いかかる息子。
ところが「今トンネル掘ってるから完成まで待って」と常識外れのお願いをするエル・トポ。
「じゃあ、仕方ない」
と簡単に折れてくれる息子も息子だけど!
更に図々しいことに「早く殺したいなら手伝ってくれ」とまで言い出す始末。
この提案にもオッケーを出す息子は、なんて寛大なんだろうね!(笑)

ついにトンネルが完成する。
息子にとっては待ちに待った父親を殺す日だったはずだけれど
「師は殺せない」
と銃を投げ捨ててしまう。
そんなヒューマン・ドラマが行われている側から、開通したトンネルを使ってフリークス達がワラワラと洞窟から町へとなだれ込んで行く。
自分たちは特権階級だと思っている町の傲慢な住人達が異物の侵入を許すはずがない。
銃を構え、やってくるフリークス達を惨殺するのである。
絶望したエル・トポは住人達を虐殺、そして焼身自殺するのである。

主人公エル・トポは、本来宗教的な人だったんだろうと想像する。
だから写真やおもちゃの埋葬にも笛を吹き弔う。
苦い水を甘くもできるし、砂漠で水を出すことなどの神秘現象を引き起こすことができる。
ところがグル(導師)達を罠にかけて殺害することで、卑怯な殺し屋に成り下がる。
虚栄を張り、女にねだられた虚像を演じてしまったエル・トポには虚無感しか残らなかった。
虚は「うつろ」で「からっぽ」で「むなしい」。
再生してからは心機一転、フリークス達の開放により今までの自分の過ちを清算できると信じていたように思う。
ホドロフスキー得意のパントマイムを混ぜながらの大道芸は、本当に楽しそうだった。
お金を稼いでトンネルを掘る、額に汗し地道な毎日を送る、なんて前半のウエスタンスタイルのエル・トポには全くなかった発想だろうね。
小人の女との愛に生き、フリークス達の開放が皆の幸せと信じて疑わない。
ところが開放は、異形からの、生命からの開放となってしまった…。
虚像からは見放され、信念からも裏切られたエル・トポは絶望し、自害する。
もしかしたら焼身自殺の意味は灰身滅智(けしんめっち)を体現したかったからかもしれないね。
灰身滅智とは身を灰にし、智を滅すること。
煩悩を断ち、身も心も無にして執着を捨てるという意味の仏教用語らしいんだけど、エル・トポの心情に近い感じがするね。

結局人間なんてこんなもんだよ、というような虚しさを感じてしまう。
メキシコは銃社会のためか、人の命が驚くほど軽い。
気に入らない、パンッ!暇つぶし、パンッ!で終わり。
「人の命は地球より重い」なんて言葉は存在しないんだよね。
この命の軽さに、強いショックを受けたSNAKEPIPE。
同時に、前半に出てきた達人たちの超然とした生き様にも衝撃を受けた。
ホドロフスキーは心理学の勉強や禅の修行をしていたことを知ったので、精神的な師匠と弟子という関係を描きたかったことが解る。
キリスト教だけじゃなくて、東洋思想や神秘主義などのミクスチャーが、より映画に深みを与え、荘厳で怪しげや雰囲気を醸しだしているんだよね。
映画後半の町の住人たちは達人たちとは正反対、キリスト教における7つの大罪を犯しているならず者ども。
両極端なタイプの人間を出演させたのは、「これがALL人間なんだ」と言いたかったのかもしれないね。

今まで何度も鑑賞しているし、改めてあらすじを書きながらストーリーを追っているけれど、何度も「なんで?」と感じてしまうことが多いのも事実。
子供と旅をしていたのは何故か、とか何故20年ちかくも目覚めなかったのかみたいなクエスチョンね。
突っ込んで考えてしまうと色々変な部分はあるんだけど、そういうことを気にするのはナンセンスざんす!(笑)
「エル・トポ」はホドロフスキー監督の美学の結晶。
どのシーンをストップさせても、それだけで写真集ができあがるほどの完成度の高い映像!
隙のないバッチリの構図は本当に見事なんだよね!

「暴力抜きに神秘は語れない。恐怖と美が一体になるのだ。」

ホドロフスキー監督が語っているように、残酷で美しく絵になる場面がたくさん登場する。
動物も人間もたくさん殺され、大量の血が流れるからね。
例えば動物愛護団体や人権保護団体の人からはクレームされまくりだろうと予想できるけれど、これがホドロフスキーの映像美なんだよね。
写真家ジョエル=ピーター・ウィトキンも同じタイプのアーティスト。
美学が挑発的で、一般的ではない点が酷似しているように思う。
ウィトキンも前述した団体関係者からは訴えられるタイプだろうなあ。
「おぞましさ」や「残酷さ」しか感じられない人も多いだろうからね。
ホドロフスキーもウィトキンも、自分のイマジネーションを追求するために作品を制作していると思うし、恐らく周りの反応を気にするアーティストじゃないだろうから、批判されてもお構いなしだろうけど?

Sons Of El Topo」が制作されている、というニュースを何年か前に知った。
監督はホドロフスキー、そしてプロデューサーにデヴィッド・リンチの名前があるのを見た時には小躍りしたSNAKEPIPE!(笑)
これが本当ならば、ものすごくHappy、Happier、Happiest! (意味不明)
最上級のHAPPYなんだけどなあ!
続報に期待したいね。

2 Comments

  1. 鳥飼先生、コメント頂きありがとうございます!
    とても嬉しいです。励みになります!

    鳥飼先生も「エル・トポ」お好きでしたか!(笑)
    ホドロフスキーの他の作品についても、記事にできたら良いなと思っているところです。(難しい…?)

    先日「リアリティのダンス」を購入しました。
    これから読むところです。
    映画が公開されると良いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。