憧れのDr.くれは!

                   

【ワンピースのメンバーの手配書とDr.くれは(中央)】

SNAKEPIPE WROTE:

2日ばかり早いが、4日はSNAKEPIPEの誕生日である。
おめでとう、SNAKEPIPE!(自分で言うか)
うう、それにしてもいつの頃からか素直に誕生日を喜べなくなっているような。
もちろん原因は年齢…。
堂々と「△△歳になりました」と言えないもんね。
まあ、人は誰でも年を取るものだから仕方ないにしても、「加齢」がどんどん深刻な問題になっていることは確か。
(余談であるが、加齢、という言葉をROCKHURRAHはずっとカレーだと勘違いしていたらしい。カレー問題じゃ意味通じないじゃん!)

さて。
今回はそんな加齢問題を吹っ飛ばそう、ということで年を取ってもカッコいい、SNAKEPIPE憧れの人の話をしよう。
とは言っても実際の人物ではない。漫画の中の人。
3月1日から劇場公開されている「ワンピース」に出てくるDr.くれはである。
上の写真を見ても解るようにスタイルやらファッションは若者に全然負けていない。
しかし実際は139歳とのこと!
サングラスでへそピアスして酒(梅酒)飲みの医者。
「ハッピーかい?」
が口癖のDr.くれは。
うーん!カッコいいっ!(笑)
SNAKEPIPEもDr.くれはみたいなお婆ちゃんになりたいものだ。

そして、その劇場公開版「ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」(長い)である。
少し調べてみたら、なんとビビは登場せずにフランキーとニコ・ロビンが入ってるらしい。しかも船もサウザンド・サニー号だとか。
えっ、それじゃあチョッパーよりもフランキーとニコ・ロビンが先に仲間になってることになるんじゃ?
いいのか、それで?(笑)

大のお気に入りチョッパー登場の冬島編は漫画で読んでもTVアニメで観ても泣いてしまうSNAKEPIPEなので、映画版も気になるところだ。(意外に涙もろい)
誕生日の4日には単行本最新刊49巻が発売なので、それも楽しみ!
ワンピース読んで笑ったり泣いたりして、また一年頑張ろう!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です