SNAKEPIPE MUSEUM #24 Jim Dine

                   

【工具好きにはたまらないね!】

SNAKEPIPE WROTE:

過去のブログの中で何度か書いたことがあるけれど、SNAKEPIPEはピカピカ光るシルバー色が大好き!
千葉県民であるにもかかわらず、クリスマスで盛り上がるディズニーランドよりもホームセンターのほうが魅力的だと感じてしまう。
何故ならホームセンターには工具類が置いてあるから!(笑)
この「工具類好き」についてはかつて「インダスとリアル(意味不明)」なんてブログにしたこともあったっけ。
記事の中にスパナでオブジェを作り、トイレに飾っていた写真を載せている。
なかなか良い出来栄えに我ながら満足していたSNAKEPIPEだったけれど、なんと工具類をアートのモチーフとして採用していた大御所アーティストがいたとは知らなかった!

その大御所アーティストの名前はジム・ダイン
アート系に詳しい人じゃなくても左に載せたようなハートの絵は見たことあるんじゃないかな?
SNAKEPIPEもジム・ダインとはハートの人という認識しか持ってなかったんだよね。
ううっ。
ここでもまた発覚してしまったポップアートの知識のなさ!
今頃になってこんなに好みの作品を作っていることを知るとはね!

ジム・ダインは1935年オハイオ州生まれ。
ポップアートのアーティストともネオダダの運動家ともしても知られているらしい。
一番上に載せた画像「Tool Series」は1973年の制作とのこと。
どうやらジム・ダインはおじいさんの代から金物屋をやっていて、工具類には幼少の頃から親しんでいたらしい。
MoMAにもTATEにも「Tool Series」が所蔵されていて、非常に有名な作品だったと知ったよ。
SNAKEPIPEが全然知らなくてごめんなさい!
ジム・ダインは現在78歳。
でもまだまだ現役で活動しているみたいんなんだよね。

 上の作品は2008年制作の「With Aldo Behind Me」である。
1973年から35年を経てもまだ登場する工具類は、ジム・ダインにとって最も重要なモチーフの1つであり、自分の分身ともいうべき存在なんだろうね。
工具を愛する気持ちはSNAKEPIPEも同じ。
また工具使ったオブジェ作ろうかな。
もっとジム・ダインについて勉強しないとね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。