SNAKEPIPE SHOWROOM 物件7

                   

【アラスカと聞くと真っ先に思い浮かぶのはエスキモーだよね!】

SNAKEPIPE WROTE:

毎年気温と湿度が上昇するこの時期になると、日本を離れて寒い国に移住したいね、と言い合うROCKHURRAHとSNAKEPIPE。
2人共夏が大の苦手!
気温が高いだけなら良いけれど、日本の夏は湿度が高いから余計に不快なんだよね。
1年を通して寒い国だったらどんなに快適だろう、と想像するのである。

「SNAKEPIPE SHOWROOM」は、SNAKEPIPEの好みの物件をご紹介するコーナーである。
売られているか、レンタルできる物件であればOK!
物件の情報を見るだけでもワクワクしたいのだろう、物件探しはやはり去年の同じ時期に行っていたんだね。(笑)
今回は「寒い場所」をキーワードにして、パッと思いついたアラスカにある物件を紹介してみたいと思う。

ここで簡単にアラスカについての説明ね。

アラスカ州は、アリューシャン列島を含むアメリカ合衆国最北端にある州である。
北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっている。
2010年国勢調査による人口は710,231人であり、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。
アメリカ合衆国の州の中では人口密度最小の州でもある。
州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。

アメリカの中での一番広い州なのに、人口密度は最小!
北緯51°20′ – 71°50’という情報を聞いても、あまりに北方過ぎて全くピンとこないよね。(笑)
寒くて人が少ない、という条件だけを頼りにアラスカの物件を探してみようか!

 最初にご紹介するのは、地下1階地上2階建ての物件ね!
素朴なロッジ風で赤レンガを思わせる色合いは雪の白に映えるよね!
少し右隣りの家が近い感じがするのは気のせいかな?(写真①)

どうやら今すぐに入居可能なようで、室内はガランとしているね。
この部屋は第1ベッドルームとのことだけど、ここまで広さがあるとベッドを置く場所も迷いそうだよね?(写真②)

キッチンも充実。(写真③)
広くて使い勝手が良さそう!
憧れのオーブンも完備されてるし!(外国では当たり前かな?)
いいなあ、こんなキッチンだったらキッチンと料理できそう!(ぷっ)

これも憧れの地下室!
冬の寒い時期には家の中で運動したり、作業したりできるようにという配慮から作られてるのかな?
それにしても色が赤というのが非常に気になる!(写真④)
地下室にも数部屋あるみたいだから、用途で分けられるよね。

4つのベッドルーム、2つのバスルームがある0.14 エーカー、日本式に言うと171.691 坪のこちらのお宅!
$210,000、日本円にして約2,130万円!
えーーーっ!びっくりするほどお買い得じゃない?
食料品が買えるお店が近くにあれば、言うことないよね!(笑)


次はこちらの物件。
海が近くに見える、これまたとても広いお屋敷だよね!
7つのベッドルーム、バスルームは5つもあるんだって。
母屋の他にも倉庫みたいな建物もあるみたい。(写真①)
広いウッドデッキは日当り良好!
テーブルと椅子を置いても十分な面積だよね。(写真②)
恐らくここからは左のような、山と海の両方が一望できる風景を堪能できるんだろうね。
写真には白鷲も写ってるよ!
キッチンも明るくてゆったりしてるよね。(写真③)
なんとこの家にはビリヤード室まで完備されてるから驚いちゃうね。
寒い冬に室内でできること、と考えたんだろうか。
ビリヤードできるなら卓球も良いかも?(写真④)
 上空写真で見ると、隣家が見当たらないんだよね。
ポツンと建っている物件!
ご近所付き合いとは無縁な様子が好ましい!
自力でなんでもできる自信があったら、孤立したまま生活するのは憧れるなあ!(笑)
1.17 エーカーもある敷地って 1434.8455 坪になるらしい。
とても想像できないけど、ものすごく広いに違いない。(笑)
$795,000、日本円で約8,055万円!
1000坪を超える敷地面積を手に入れると考えたら、お買い得なのかも。
あの雄大な風景を毎日鑑賞できると思ったら、この値段も納得ね!
最後はこちらの物件。
どうやら工場に住居がプラスされているようで、主体は工場のほうなんだよね。
初めに グッと来たのが左の写真を観たからなんだけど、窓が少ない倉庫みたいで、SNAKEPIPEが最も憧れる建物様式なんだよね。
壁に描かれているイーグルなのかホークなのか判らない絵もグッド!だよね。(笑)
生活するという当たり前の目的から考えると、きっと不都合を感じる事が多いだろうという予想はできるけれど、それでもあえて住居として候補に入れたいな!
2階部分が住居になっていて、白い階段を登って行く。(写真①)
室内の様子は、居心地が良さそうなリビング、バスルームやベッドルームがあるようで、少なくても3部屋は使えるみたい。(写真②)
あまり写真がなくて分からなかったんだよね。
この物件の主体は1階部分の工場で、コンクリートがむき出しの、ガランとした殺風景な空間だからね。(写真③)
特に何をやりたいということもないけれど、そんな広い空間を所有してみたいんだよね。(笑)
ガレージ付きの家って言葉にしただけでもワクワクしちゃうよ!
敷地内にはトランクルームみたいな建物もあって、きっと工場として機能させている時には、材料をしまっておくストックルームなのかな。
SNAKEPIPEはどんな用途で使おうか思案中。(写真④)

この物件の面積は1.58 エーカーというから換算するとおよそ1938坪!
約2000坪ってどんな広さなんだろうね?
想像もつかない広さにびっくり!
気になるお値段は、$134,000、日本円で約1,370万円也!
これだけの広さと何にでも使えそうなガレージが付いてこの金額!
なんて魅力的なんでしょ!(笑)

アメリカの永住権や食料品店は近いのか、など具体的なことは全く気にせずに物件だけで選んでいるのであしからず!
寒い、広い、人が少ないの条件にピッタリのアラスカ、良いね。
しばらくはSNAKEPIPEの脳内で擬似アラスカ体験しようかな。(笑)
世界の素晴らしい物件紹介はまだまだ続くよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。