ジョニー・リコは戦場へ行った

                   

【スターシップ・トゥルーパーズ3劇場用ポスター】

SNAKEPIPE WROTE:

カルトSF映画として名高いシリーズ「スターシップ・トゥルーパーズ3」を観てきた。
なんと公開初日の第一回目の一番に乗り込み、最前列の「かぶりつき」で観て来てしまったROCKHURRAHとSNAKEPIPE。
とは言っても、別にガンダムの大ファンではないのでよろしく!(笑)

スターシップ・トゥルーパーズは以前にDAVID LYNCH評論家として有名な滝本誠氏が大絶賛していた記事を読んだことがあり、気になっていた映画の一本だった。
パンク系の写真家Shigeo“Jones”Kikuchi氏のブログにも「スターシップ・トゥルーパーズ3の公開嬉しい!」なんて記事を目にしたこともある。
近所のレンタルDVD屋でスターシップ・トゥルーパーズ1と2を発見し、ROCKHURRAHと観たのは先月のことだったろうか。
評判を裏切らず、とても面白かったのである。

スターシップ・トゥルーパーズ」は1997年のアメリカ映画で、監督はポール・バーホーベン
原作はロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士(1959年)」とのことだけど、これは未読!
主人公ジョニー・リコの軽薄だけど熱血キャラという設定と、かなりリアルな残酷シーンのギャップが見事!
地球連邦軍(人間) VS バグス(巨大昆虫)の戦いが主題の映画である。
両親は被災して亡くなり、リコの恋人(フィービー・ケイツ似?古い!)は簡単に違う男に走る、仲間達はあっけなく戦場で死んでいく、と散々な目に遭う主人公リコ。
リコ持ち前の能天気さのおかげで映画全体は暗くはない。
途中途中で入る地球連邦軍のCM「FEDERAL NETWORK」も効果的だ。
ヴァイオリンを弾く軍隊仲間がまるで「サイコビリーバンドにいそう」なタイプだったのが非常に気になった。
映画は高度な知能を持つブレイン・バグを捕らえたところで終わる。

スターシップ・トゥルーパーズ2」は前作で主役だったジョニー・リコが出て来ないサイドストーリーだ。
これは2003年のアメリカ映画でフィル・ティペットという別の監督作品。
どうやらアメリカでは劇場公開されなかったらしい。
全く1作目の話とは関係がなく、人物設定にもつながりはない。
画面は全体に暗く、単純にバグスとの戦いを描いている。
前作のユーモラスな部分や残酷なシーンもあまり出てこないので、1作目でファンになった人は物足りなさを感じるかも?
しかも前作同様、バグスとの戦いに使用する武器に無理があるので、観ているこっちがハラハラしてしまう。
もっと空中からミサイル打ち込むとか、火炎放射器使うとか策はないものかね?
バグスが人間に寄生して支配する、という方式は「遊星からの物体X」や「エイリアン」そのもの!
訳の分からない生物に支配されるという構図はやっぱり怖いけどね!
今回の主人公はショーン・コネリー似で、いかにも主役顔だったのが面白かった。

そしてついに「スターシップ・トゥルーパーズ3」である。
最初の監督、ポール・バーホーベンが製作総指揮で再登場、主人公ジョニー・リコも復活!
やっぱりあの「能天気さ」がないとね!(笑)
1作目から11年が経過した、という設定から始まるためリコもやや老け気味。
残念ながらリコ以外は登場人物がかぶることはなかったので、密かに楽しみにしていた「サイコビリー系の人」も出演しなかった。
今回はサイキックで総司令官役のアノーキなる人物が「死に日和(It’s A Good Day To Die)」なんて歌を歌い、大ヒットしてる、なんて設定がおかしい。(笑)
「FEDERAL NETWORK」CMも相変わらずの悪ノリで笑ってしまった。
バグスは進化してるのに、連邦軍側はそこまで武器の強化はないのが歯がゆい。
後半にやっと「マローダー」なるガンダムの元祖とも言えるモビルスーツが登場したけど、活躍はほんの少しだけ。
またもや知能バグス「ベヒモコイタル」という更に巨大な存在が出現したり、リコが死んだことになったり、と1作目に近い内容の3作目だった。
SNAKEPIPEがとても気に入ったのはローラ役のJolene Blalock
美しさとたくましさの両方を持つ素敵な女性だった。
今回でシリーズは終わってしまうのか?
まだバグスとの戦争は終わってないのにね!

エンドロールが流れる頃、客席に揺れを感じる。
まさかこれも映画の効果?
と思ったら本当に地震だっ!
慌てて席を立ち、非常階段前で待つ時間の長かったこと!
どうやらそれほどの震度ではなかったみたいだけど、ビルの6階での上映だったため余計に揺れを体感したようだ。
SNAKEPIPEはてっきり巨大バグスが襲ってきたのかと思ったよ!(笑)
とりあえず何事もなくて良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です