ビザール・ショッピングバッグ選手権!16回戦

                   

【デ・ラ・ソウルの「Shopping Bags」】

SNAKEPIPE WROTE:

昔はよく電車の中で見かけた、ティファニーのショッピングバッグ。
水色が変色してボロボロになっているのに、後生大事に持ち歩いている女性を何人も見たものだ。
「私、ティファニーで買い物したんだから!」
と誇示したかったんだろうね。
確かにお洒落なショッピングバッグだと、包んでもらって渡されると嬉しいし、そのまま取っておくことも多い。
SNAKEPIPEは紙袋を持ち歩く習慣はないので、ボロボロになるまで使うことはないけど。(笑)
ショップで使用するお店専用の袋は、たいていの場合その店のロゴが入っていて、持っているだけでステイタスを感じる場合もあるだろうね。
前述したティファニーみたいに。
以前はファッション業界について多少の知識はあったけれど、最近はすっかり疎くなっているので、トレンドについてもほとんど知らない。
当然ながらショップの袋も分からないなあ。

世界のビザールな逸品をご紹介する「ビザール・グッズ選手権」、 今回はショップで使用するショッピングバッグについて特集してみたいと思う。
今どきについては分からなくても、ビザールには興味あるからね!(笑)

海外のショッピングバッグはユニークなタイプが多いね。
 では最初は持ち手を工夫したデザインから見ていこうか。
「FITNESS COMPANY」とロゴが入っているので、フィットネス関連の会社だと予想できるよね。(当たり前か)
持ち手がバーベルになっていて、それを軽々と持ち上げているように見えるところがポイント!
会社(ショップ)の特性を前面に打ち出した秀逸なデザインだと思うね。
このショッピングバッグの素材が紙なのか、ビニールなのかは不明。
そして何かフィットネス用品を購入した際に渡されるのか、通っている人用のバッグなのかも分からないけど、ちょっと欲しくなってしまうね。(笑)

 こちらも持つことで生きるデザインね。
うひゃー、輸血しながら歩いているなんて!
と勘違いしてしまうよね、これは。(笑)
「VOLUNTEERS NEEDED」と書いてあるので、「ボランティア募集」だね。
献血の呼びかけということなのかもしれないね?
ということは、輸血じゃなくて血が抜かれてる状態を表しているのかも?(笑)
献血とデザインが見事に融合されていて、こちらも良いね!
SNAKEPIPEは貧血気味なので、 今まで一度も献血したことないけど、こんなバッグもらえるならやってみたいね!

 持ち手を上手に使ったこちらはいかが?
一番初めに紹介したフィットネスクラブに通じる縄跳びのヒモを持ち手にしたショッピングバッグね!
下がっていても、上がっても絵になるところがポイント。
YKMと書いてあるので調べてみると、商品デザインやWEBデザイン、アプリの開発などを行っている会社みたいだね。
なるほど、そんな会社なら抜群のセンスで人目を引くショッピングバッグ作れるよね!
さすがだな、と感心しちゃうよ。(笑)

 同じようにヒモがポイントになっているけれど、かなりブラックな印象のショッピングバッグもあったよ!
眠っているようなおじいさんのポートレートがプリントされているだけなら、そんなに不思議じゃないけど?
なんと持ち手を引っ張ると!
おじいさんの首にロープがかかってしまうんだよね。(笑)
このショッピングバッグにはロゴが見当たらないので、詳細は不明。
おじいさんの顔が安らかなところが救いかな。(笑)
もしおじいさんが悶絶の表情だったら、犯罪めいて怖いもんね!

 ギョッとしちゃうショッピングバッグもあったよ!
えっ、そんな見せちゃって良いの?
と思わず目を疑ってしまうほどリアルな女性の下半身がプリントされているよね。
この写真は狙って撮影されたに違いないから、ぴったりバッチリな位置にバッグを抱えているから余計にドギマギしちゃう。
写真が小さくてどのショップで使用しているのかを探すことができないのが残念!
日本では見かけないセンスだよね。
目立つことは間違いないなし!
お店の宣伝にはもってこいだけど、持つ人はちょっと恥ずかしいかも?

今回紹介した5つとも、どれも一捻りしてあって面白いデザインだったよね!
無地にお店のロゴだけ入ったシンプルなショッピングバッグが主流だけど、せっかくなら個性をアピールして、ショッピングバッグ目当てのお客さんが来るくらいのデザインにしても良いのでは?
きっと世界には他にも面白いショッピングバッグあるだろうね。
また特集してみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です