好き好きアーツ!#04 スタンリー・キューブリック

                   

【キューブリック作品をキューブにしてみた。イカス!】

SNAKEPIPE WROTE:

特別に好み選んでいるわけではないのに、実はほとんどの作品を観ている映画監督にスタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)がいる。
既知の通り1999年に亡くなってしまったので、もう新作の鑑賞ができなくなってしまい残念である。
最近ROCKHURRAHとよく映画鑑賞をするのだが、ほとんどが旧作。(笑)
キューブリック作品も多く登場している。
今更ながらではあるが、SNAKEPIPEが自分自身のまとめの意味も含めて好きな作品について書いてみたいと思う。

年代順に、ということで最初は「2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)」から。
改めて鑑賞してみたが、やっぱりすごい!
これが1968年に公開されていた、という事実も調べて2度びっくり。
40年前とは思えない程に洗練された美しい映像に圧倒される。
その後の宇宙モノ(例えばスターウォーズなど)ほとんどすべてがこの映画からの影響を受けているだろうな。
「人類の夜明け」の猿のシーンがとても印象的。
「武器の所持」と「仲間殺し」の始まりである。
きっと地球上でもあんな感じで物事が始まったんだろうなあ。
急に出現する物体「モノリス」に猿と一緒に動揺してるうちに舞台は宇宙へ。

意志と感情を持ってしまったコンピュータ、HAL9000の存在が怖い!
機械なので表情は見えないけれど、どの位置からでも監視が可能な赤い光が不気味。
思考部分を徐々に削除されて言語が乱れていくシーンは「ハンニバル」を思い出させる。(あの食事のシーン!)
仲間を失い、一人になった船長の絶対的な孤独も恐怖だ。
そして人類未踏の木星への道のりがキレイだけれど、目が開けていられないほどの光の洪水。
ラストシーンは個人個人で違う感想を持つのではないだろうか。
「スターチャイルド」と名前が付いているので、転生や誕生でいいのかな。
原作も読んでいるはずなのに、昔のことなので忘れてしまった!
頭が冴えている時に観ないと、かなりゆっくり静かに映像が流れるシーンが多いため眠くならないように注意が必要かも。(笑)
それにしても「モノリス」といい「HAL」といい、未だに見かけるネーミング!
影響力絶大な映画の一本だと思う。

続いては「時計じかけのオレンジ(A Clockwork Orange)」1971年について。
この映画に関しては「アドビ製じゃないFIREWORKS」の時にも少し書いているけれど、もう少し書き足してみようか。
この映画の素敵なところはファッションと美術!
白いシャツにサスペンダー付きの白いパンツ、編み上げブーツにボーラーハット(山高帽)を合わせたところがポイント!
紳士の国イギリスなので、帽子はマナーなのかな。
いや、それにしても通常ならあの服装にあの帽子は合わせないんじゃないの、というところを合わせてスタイリッシュに見せたところが素晴らしい。
ADICTSをはじめ、HATTRICKERS(笑)などのPUNKバンドや、数多くのOi!バンドにも影響を与えているファッションだ。
70年代初期にはモロに影響を受けたCOCKNEY REBELなどというバンドもいたらしい。(ROCKHURRAH談)
現代でも十分通用するファッションだと思う。

この映画の美術監督は誰だったんだろう?
調べてみるとピーター・シールズとラッセル・ハッグと出てきたが、他の映画で特別目立った活動はしていない模様。
色彩、フォルムや空間のバランス、壁にかかっている絵画の一つ一つがすべて素晴らしい。
SNAKEPIPEもコレクションしたくなるような作品がいっぱいである。
なんといってもお気に入りは「コロヴァ・ミルク・バー」で、あんなバーがあったら行ってみたい!
あのマネキン人形も一体欲しい。(笑)
ストーリーや以前書いたスラングなどの魅力はもちろんだけれど、細かい演出がカッコいい映画である。
早回しの映像はどうやら松本俊夫監督の「薔薇の葬列(1967年)」からの影響を受けているらしい。
やっぱり?そっくりだもんね!(笑)

続いては1980年の「シャイニング(The Shining)」。
何度観ても怖い映画である。
ジャック・ニコルソンの怪演が見事なのは言うまでもないけれど、奥さん役の女優さんや息子役など、すべてが完璧!
時々挿入されるイメージが更に恐怖心を煽り効果的である。
姉妹が手をつないで並んだショットは写真家ダイアン・アーバスからの影響だな。
ん?意外とキューブリックは流用が得意な監督なのか?(笑)
大量の血液がものすごい勢いで流れ出て、部屋中いっぱいに広がるシーンは背筋が冷たくなる。
キューブリックは人が恐怖を感じるための最大公約数を知っていたのだろう。
ネット上で発見した2004年の記事によるとロンドン王立大学の研究チームがホラー映画の恐怖度を決定づける数学的公式を開発し、世界最高のホラーを「シャイニング」に決定したらしい。
ホラー映画の重要要素は緊張感、リアリズム、血に加えて、緊張感を高める音楽、現実と虚構のバランス、どれくらいの血や内臓が含まれているかを考慮し研究開発した、というから信憑性が高い!
堂々の一位とはすごいぞキューブリック!えらいぞ、ジャック!(笑)
原作のスティーヴン・キングがこの映画を気に入らなかった、という記事を読んだけれど、いやいや素晴らしいですよ!キングの旦那さん!(←人差し指くねくねシャイニング中)

最後に1987年の「フルメタル・ジャケット(Full Metal Jacket)」。
ベトナム戦争を描いた映画である。
割と最近観た記憶があったのに、かなり前だったとは!(笑)
前編、後編と2部構成になっている映画で前編だけ強く印象を持っていた。
結局のところ前述のシャイニングと同じで「人格崩壊」がテーマなんだよね。
ジャック・ニコルソンの演技と比較してしまうとかわいそうだけれど、迫力が違うためやや狂人らしさに欠けるのが残念。

後半は戦場のシーン。
アメリカ兵に対する対照的な女性の姿が印象的だった。
かたやお色気勝負、アメリカ兵は金の成る木と体とくねらせる女。
かたやどこかで厳しい訓練を受けたのか凄腕のガンマン(ウーマン)。
「Shoot Me!」を繰り返すシーンはなんとも言えない残酷な気分とせつなさとが混ざった、かなり複雑な心境になってしまった。
うーん、やっぱりどうも戦争映画は得意じゃないな。

キューブリック作品は他にも「ロリータ」「博士の異常な愛情」「アイズ・ワイド・シャット」を観ているが、上の4本でやめとくか。
「キューブリックは最高の恐怖映画監督」としてまとめにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です