2015年元旦

                   

【例年よりやや渋くなってしまった今年の年賀状】

ROCKHURRAH WROTE:

あけましておめでとうございます。

今年の元旦は千葉県民になって初めて、成田山に初詣をしてきた。電車一本で行ける場所に住んでいながら、今頃成田初体験とはビックリだよ。

元から子供とか家族連れとか老人とか集まる場所が好きではないけど、初詣だけは毎年欠かさずどこかには行くようにしてる。
しかしよりによって人が行かないマイナーな場所を選んでわびしい気持ちになってしまったり、マイナーだと思ってたら意外と大盛況でこりごりになったり、初詣する前からすでにその年の運勢悪いぞ、という事がしばしばあったなあ。
去年が珍しく大メジャーな浅草寺、しかも徹夜ライブの後と言うハイな状態だったけど、今年も初詣のメッカと言って良い成田山新勝寺を選んでみたよ。しかも朝の3時起きでまだ暗い中の参拝、これもウチでは珍しい出来事だ。 さすがにそういう時間だから、参道が大行列ということは全然なくて、今までで一番快適な初詣だったかも。歩きよりも何よりも行き帰りの電車がメチャメチャ寒くて凍えた。

さて、今年も恒例の年賀状公開。
去年に引き続き、SNAKEPIPEがブログで大変だったため、またしてもROCKHURRAHが一人で作ったのが上の画像。うーむ、全然年賀状らしくないなあ。毎年割とカラフルでポップな絵柄を作ってるのに、何じゃこのくすんだ色合いは?という出来になってしまった。
歳を取って渋い色合いを好むようになった、というわけではないけどね。

今年のテーマはSNAKEPIPEのリクエストでタロットカード風にしようという事になった。
先週の記事を読んでもらえればわかる通り、去年のSNAKEPIPEにとっての一番の出来事はホドロフスキー監督の来日講演を自分の目で見られた事。ROCKHURRAHは仕事の関係で講演は参加出来なかったが23年ぶりの新作「リアリティのダンス」は観る事が出来た。
お互い別の世界で生きてきたROCKHURRAHとSNAKEPIPEだが、影響を受けたものに共通点は多く「エル・トポ」もそのひとつ。その二人が「リアリティのダンス」だけはリアルタイムに一緒に観られて良かった。
そしてホドロフスキー監督と言えばタロットの世界でも有名な人。だから2015年の年賀状のテーマはタロットにしよう、というわけ。
SNAKEPIPEが選んだのが敢えて22枚の大アルカナではなく「剣のエース」というカードだった。

このカードは「物事を明晰に見通せる状態と、スタートを意味します」というような解釈らしいから割と良い運勢だと思える。
そこまではトントン拍子に決まったけど、これをどういう風にアレンジするか?というところで結構悩んでしまった。
結局、「これはタロットカードで剣のエースをモチーフにしたものなんだよ」と自分で言わない限り誰も気づいてくれないだろうという、ウェスタン+和風のテイストで非常にありきたりな仕上がりになってしまったよ。
マカロニ・ウェスタン風山水画でタロットというのを目指したはずだったが、その試みを少しくらいは理解してくれる人がいるだろうか?

タロットの解釈と一緒で、強い意志を持って目標に到達出来るように今年も頑張ってゆきたいね。
去年の暑中見舞いからずっと、ポストカードはROCKHURRAHの一人作業で作ってるから、また前のようにSNAKEPIPEと二人で色んなものを合作してゆきたいな。

では今年もよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。