ビザール・ポストカード選手権!17回戦

                   

【愛がこもっているようには見えないクリスマスカード!】

SNAKEPIPE WROTE:

ビザールな逸品を紹介するビザール・グッズ選手権、今回は約1年ぶりにポストカードを特集してみようか。
ポストカードに関しては過去に3回特集をしている。
そのためなのかSNAKEPIPEの目が肥えてしまったようで、ぐっとくる作品を探し出すのが難しかった。
及第点かな、と思われるカードを紹介してみようね!

まずは大好きな(?)虐待系から!
誤解が生じるといけないのでキチンと説明しておこう。
外国のビンテージ・ポストカードを見ていると、かなりの確率で登場するのが虐待系なんだよね。
過去に特集した中にも、子供を水につけたり、スープとして煮込む寸前の瞬間をとらえたカードがあったよね!
非常に気になってしまうので、いつも紹介してしまうSNAKEPIPEなのである。
今回見つけたのは、なんとサンタクロースと思われる人物が子供をさらおうとしている様子のカード!
本来は子供達へのプレゼントを入れるための袋なのでは?
グリーティング・カードを送る時期として多いのはやっぱりクリスマスと元旦だと思うけれど、悪いサンタを描いている作品は少ないんだよね。
子供の夢を奪わないようにするためなのか?
このポストカード見たらそんな夢は砕けてしまいそうだよね。(笑)


サメに襲われている女性!
なんともショッキングなこのポストカードは1902年の物らしい。
あ、上の方に13/6 1902って書いてあるよね。(笑)
それにしても、悲鳴を上げている女性を見ている前の2人、全然緊張感がなくて、むしろ笑っているようじゃない?
SNAKEPIPEは、そんな2人が気になってこのカードを選んでしまったよ。
一体どんな意味を持っているカードなのか不明。
「まあ、怖い!うふふ!」
「おいおい、食われちまってるぞ〜!あっはっは!」
と言ってるように見えるんだよね。
クラシカルな水着も含めて、珍しいカードには間違い!(笑)
何やら文字がたくさん書いてあるけど、解読できなかった。
何かこの絵と関係のある内容が書いてあるんだろうか?
文章が絵と全く関係なかった場合には、送られた人は困惑しちゃうだろうね!


続いても困惑系のポストカード!
アイガーメンヒユングフラウは「オーバーランド三山」として有名なスイスの山だという。
恐らくそれぞれの山を擬人化したポストカードだと思われるんだけど、右のユングフラウはくしゃみして人を飛ばし、真ん中のメンヒは鼻から何か出してるのが謎!
それとも真ん中のメンヒは嗅ぎたばこを吸ってるの?
うーん、よく分からない。(笑)
このポストカードがスイスの山の宣伝だとしても、これを見て「スイス行きたい!山に登りたい!」とは思わないだろうなあ。


次も謎のカードにしてみよう。
何故ソーセージ?(笑)
「最も幸福な思い出のつながり」って意味不明だし!
思い出のつながりを表現するなら、違う方法もあっただろうにね?
あなたとの思い出に、なんて言われてこのカードもらっても困惑すること間違いなし!
1911年のカードとのことだけど、今から約100年前には一般的な題材だったんだろうか?(笑)


このカードのインパクトもすごい!
一言「ラクダ」とだけ書いてあるんだよね。
どうやらエジプトのポストカードのようなんだけど、ラクダの写真を選ぶにしても何故交尾中の写真にしたのか?
エジプト→砂漠→ラクダという連想は分からないでもないけど、エジプトから絵葉書届いたらコレだったなんて腰が抜けそうだよね。(笑)
SNAKEPIPEは、このポストカードを見た瞬間に大笑いしたけど!


最後はこれ!
TITUSとTITIAと名付けられた7.1フィート(約216cm)の2人組がメインで写っているカードね。
どうやらこれはMARK SANDS MFG. CO., INC.という店のポストカードで、TITUSとTITIAはこの店のマスコットキャラクターみたい。
今でもこの店があるのか調べてみたけど、ネットでは出てこなかった。
恐らくビンテージ物のカードだろうから、店も残っていないのかもしれないね。
単なるスナップショットをポストカードにしちゃった感じは、ビザール・ポストカードを特集した1回目に登場したフィンランドの80年代を感じさせるカードに雰囲気が近いよね。
なんとも言えないトホホ感が素晴らしいこのポストカードも、コレクションに加えたい逸品だね。(笑)

今回のビザール・ポストカードは前述したように「及第点は取ってるかな」レベルで、どうしてもこれだけは外せない!というほどのインパクトを持った作品は少なかったかな。
前回から約1年経過しているので期待していただけに、ちょっと残念。
またしばらくしたら検索してみよう。
SNAKEPIPEの目がギラギラするような逸品に出会えるかもしれないからね!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です