ROCKHURRAH紋章学 酒造メーカー・ロゴ編

                   

【訳すと酔いどれ子守唄!(笑)飲み過ぎには注意だね!】

SNAKEPIPE WROTE:

幼少の頃から慣れ親しんできた、なんて書き方をすると小原庄助さんみたいな呑兵衛と勘違いされてしまうかな。(例えが古い!)
確かにSNAKEPIPEとアルコールの付き合いはとても長いんだけどね。
恐らく小学校の低学年の頃には毎週末毎に少しずつ飲んでいた。
当然だけれど、両親から勧められて飲んでいたのである。
あれ?確かこの話は前にもブログに書いたことがあるはずだなあ。
どの記事に書いたのかを忘れているので、ま、いいか。(笑)
子供の頃は甘いワインやチェリー酒などで、年齢を重ねていくうちに色んな種類のアルコールが飲めるようになった。
酒がないと生きていけないというほどの酒豪でもないし、銘柄にこだわりを持つようなタイプでもない。
仕事が終わってビールでぷはーっ!
美味しい料理に口当たりの良いワインで美味しさがアップする、という程度である。

今回の「ROCKHURRAH紋章学」は海外のアルコール醸造メーカーのロゴ!
当然だけれど、そのお酒を飲んだことはなくて、ロゴを見てお洒落とかカッコ良いと思ったものをSNAKEPIPEの独断で紹介していく、いつものパターンね。(笑)
では早速いってみよう!


えっ?まさかあのYAZOO
80年代に「Don’t Go」や「Situation」などのヒットを飛ばした男女のペア!
当ブログでは「ビザール・ポストカード選手権!7回戦」の中でYAZOOのアリソン・モエットについて書いていたり、良く聴いているインターネット・ラジオでもYAZOOがかかるので、あんまり昔っぽい雰囲気はないんだけどね。
えっ、このロゴとは全く関係ない?(笑)
それでもやっぱり80年代ニューウェーブを経験した人にとっては、目に留まること間違いないよ!
YAZOOのフォント、赤と白というシンプルな色使い。
そして旭日旗のような横尾忠則っぽいロゴ!
そのせいなのかちょっと和風にも見えてしまうよね。
このセンスはなかなか良いよ!(笑)

Yazoo Brewing Companyはテネシー州ナッシュビルにあるビール醸造メーカー。
2003年創業というから、まだ12年ほどの若い会社になるんだね。
設立者の顔写真が載ってるけど、中年にもなっていないように見えるよ。
そんな若い感性だからなのか、パッケージにもこだわってるみたいだね。
Yazoo Brewing Companyは季節毎に味の違うビールを販売しているみたいなんだけど、油絵で描かれたようなお洒落なパッケージも目を引くんだよね!
例えば左の黒いワンちゃんが走っているのは春のビール。
夏はボートに乗っている恋人同士、などのイメージがラベルとビールの箱に描かれているんだよね。
ビールの味もさることながら、こうしたイメージ戦略も必要だからね。
オンラインショップではロゴをデザインしたツナギやグラス類などのオリジナル・グッズの販売もしていて、ファンは大喜びしちゃうよね。(笑)


続いてはライオンVSシロクマの戦いをロゴにしているFirestone Walker Brewing Companyを紹介してみよう。
この会社名はどうやらfirestoneさんとwalkerさんという2人組が始めたから付けられたみたいだね。
1996年にカリフォルニア州でスタート、と書いてあったから約20年。
こちらも若い会社だけど、世界ビール・カップ(というのか?)のミドル級(で良いのか?)で4回優勝しているらしいので、味のほうも文句なしみたいだよ!(いい加減な文章だ)

firestoneさんがクマでwalkerさんがライオン、というイメージで作られたロゴのようだから最初に戦いと書いたけれど、本当はじゃれ合っている様子なのかな?(笑)
日本だとキリンビールが麒麟をモチーフにしているけれど、似たイメージで「力強さ」をアピールしたいのかな?
ん?麒麟は力強くない?(笑)

このロゴデザイン、非常に秀逸!
名前がキャッスル(城)のアルコール醸造メーカーだから、真ん中にボトルを浮かび上がらせて。
色合いが表現主義的で、シンプルなのに印象的!
これはCastle Brands Inc. というラムやウォッカを製造・販売しているアメリカの会社のよう。
何年創業などの詳しいことはHPでは確認できなかった。
そして販売しているボトルに上のロゴは使用されていないみたいで、少し残念ね。

ガーゴイルをロゴデザインにしているのはStone Brewing Co.というカリフォルニア州にあるビール醸造メーカー。
一番最初に紹介したYAZOO同様、最近はロゴやラベルにこだわりを持っているメーカーが多いんだよね。

Stone Brewing Co.だったら、今回のロゴデザインだけじゃなくて、ボトルパッケージ特集のほうで紹介しても良かったのかもしれない。
「Double Bastard Ale」という名前の左の商品は「Bastard」シリーズの1商品で、他にも3種類「Lucky Bastard」などがあるんだよね。
日本では何年か前に「波乗りジョニー」 なんてネーミングの豆腐が販売されて注目されたよね。
その感覚に近い雰囲気のビールだな、と感じた。
これも当然飲んでないから味に関しては何も言えないんだけど、こんなボトルが置いてあったらお洒落な飲み屋さんと思われること間違いなし!
もしかしたらもう既に置いている店もあるかもしれないね。
お洒落な飲み屋に行かないから分からないよね。(笑)
ラベルは基本的にアメコミ風のガーゴイルだけど、色んな種類を揃えてみたら楽しそうだよね!

最後はこちら!
Coney Island Brewing Companyのロゴは色合いがとっても50’Sだよね!
この淡いベージュとペパーミントグリーンを見ると、ピンクドラゴンを思い出してしまう。(笑)
今のピンクドラゴンは昔と違ってしまったようなので、80年代のピンクドラゴンということで4649!

Coney Island Brewing Companyもイメージ戦略が上手ね。
ラベルが上のようなイラストを使用していてとてもお洒落!
HPの作り方もなかなか、だよ。
このビールも飲み屋さんにお勧めしたくなるよね。
そしてSNAKEPIPEはこちらも欲しい。(笑)
こんなTシャツとかパッチがあったら嬉しいな、と思うデザイン。
日本のメーカーにはできない芸当だなあ。(笑)

何故か今回はビールが多くなっちゃったね。
またロゴデザインは検索していきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です