逸品制作日誌 ラビットファーベスト

                   

【ウサギの毛皮で作ったベスト。SNAKEPIPE私用バージョン】

SNAKEPIPE WROTE:

プレゼント用にウサギの毛皮を使ったベストを制作した記事「ライブは手ぶらで」を書いたのが11月23日。
あの時の毛皮が充分に残っていたため、今度は自分用を制作してみた。
プレゼント用とは違うデザインで、革をミックスしたややハードな印象の逸品に仕上がり大満足である。
プレゼントは年上の女性用に制作したため、オール毛皮で前身頃にパッチポケットを配したオーソドックスなタイプ。
裏地にフリースを使い、強度面と保温性を高めた。
とても暖かい、と喜びの声を頂いた。
しかし、この成功の影には苦労話も存在しているのだ。

ウサギの毛皮を加工するのは今回が初めて。
去年おととし、と2年連続でムートンの加工を経験しているため、アレよりは薄いから大丈夫だろうとタカをくくっていた。
実際毛皮の厚みは何の支障もなく、ミシンはスイスイ進んだのである。
予想だにしていなかった問題は別のところにあったのだ。
ご存知の方も多いと思うが、ウサギの毛は非常に細い。
それが柔らかさになっているが、そこが問題だった。
毛皮を動かす度に毛が舞う。
細くて軽いために広範囲にフワフワ飛び散る。
おまけに目にも鼻にも入ってきて、鬱陶しいことこの上ない。
そこでウサギ制作用に作業服を考えてみた。
洋服に毛皮が付かないようにナイロンジャージ上下、
目の保護にメガネ、
鼻から吸わないようにマスク、
メガネの隙間をなくすために頭には労働者風にタオルを巻く、
と、万全の体制で制作にかかろうとするSNAKEPIPEを見たROCKHURRAH。
「まるで昔の暴走族だね」
うっ…。

ここで余談であるが、つい最近読んだニュースに、50代が暴走行為で捕まる、というのがあった。
前代未聞のことらしい。(笑)
イヤイヤ、世の中には年齢関係なく暴走したい人、いっぱいいるんじゃないかな?
暴走行為は危ないのであまり賛成はしないけど、その心意気はよく解る!
まだ走りたいのよね、若いのよね!
ここでもまた「Don’t Trust Over 30?」みたいな現象が起きている。
ほんと最近はまだまだ元気な中高年がいっぱいいるんだな。
おー!頑張ろうぜー!とこぶしを振り上げたくなるSNAKEPIPE。

話をウサギに戻して。
もうひとつはウサギは革が小さいため、パッチワークのように組み合わせて大きな一枚にしていることが多いため、ほつれ易い問題がある。
裁断してあらかたの大きさを決めた後で、おおざっぱにでも全体にミシンをかけてほつれにくくする作業が一工程入る。
これが非常に面倒!
でもやらないことには「穴あき」ベストになってしまう。
いくらアナーキーでもそれはちょっと。(ぷっ)
裁断してすぐに縫えるレザーとは違って、こういう工程が必要なのは仕方ないか。

上の2点の問題をなんとかクリアして(それでも目鼻に毛は入ってきたけど)、暴走族スタイルでミシンを踏み続けるSNAKEPIPEであった。
その苦労のおかげでなんとか自分用ベストが完成!
BINARY ARMYらしくミリタリー調のデザインにしてみた。
このベストをMA1の上に着るスタイリングがお気に入り。
中に着るんじゃなくて上に着る、というのがポイント!
逆に言えば、上に着られるくらい大きく作ったのね。(笑)
横幅の調整もできるようにサイドジッパーも取り付けたので、体にフィットさせる着方もオッケー!
うーん、なかなかやるなSNAKEPIPE!
今年の冬はこれで決まりだね!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です