潜入!モッズ集会緊急レポ!

                   

【お馴染みのライブ会場入り口の告知】

SNAKEPIPE WROTE:

バンドをやってる友人がいる。
今までに何度も今度ライブ行くよ、と言ってきたのに口約束だけ。
実際に足を運んだことがなかった。
ジャンルがいつも行くようなパンク系やサイコ系ではなくモッズ系のため余計にライブ行きを見送っていたのかもしれない。

先日その友人からメールが届いた。
十数曲のMP3が添付されていて、それぞれの曲についての正直な感想を聞かせて欲しいとのこと。
全然ジャンルが違うSNAKEPIPEが感想言っていいのかな、と思いながらも抜き打ちテストのようなハプニングを楽しんだ。
メールにはMP3以外に曲名もバンド名も付与されていなくて、全く何の情報もない。
友人のバンドの曲も入っているらしいが、何曲目なのかも分からない。
思うままに感想を言ってしまって、友人のバンドをけなしてしまうかもしれない。
非常にスリリングな体験になりそうだ。
この年になっても本音と建前の使い方をよく知らないSNAKEPIPEは、詳しい内容は割愛するが素直に感想を書き連ねメールを返信。
友人からは非常に感謝され、実はそれらのMP3の曲はモッズのコンピレーションアルバムに入る曲だったこと、今度レコ発ライブがあるので招待したいとの返事をもらった。
なんと!初めてのモッズ集会!モッズ・ライブ参加決定!(笑)
パンクやサイコなら分かってるけれど、モッズのライブの予想ができない。
モッシュなら知ってるし、モップスも分かるんだけど。(苦しい)
何を着て行こうか悩んでしまう。
そもそもモッズ(男)の服装はなんとなく知ってるけれど、モッズ(女)について知らないし。
友人に相談してみるといつも通りのパンクの服装でいいんじゃない?とのこと。
そうね、ジャンルに合わせることもないか。
と思いつつ、ちょっとモッズに変身してみたかったなとも思う。

そしてついにライブ当日である。新宿JAMって初めてかも?
東新宿駅が一番近い、と調べ新宿から歩くこと約20分。
今までほとんど歩いたことがない地域。
しかもガランとしてて寒い!
開場時間前には新宿JAMに到着して、いつも通りに看板を撮影。
おや?貼り紙がされている。
なんとリハーサルが遅れているため開場時間も遅くなるとのこと。
仕方なく近くでお茶を飲んで待つことに。
1時間程歓談した後ドキドキしながら再びJAMへ。
今度は入れた。良かった!(笑)

まだ演奏は開始されていなくてDJタイムだったため、照明は明るいまま。
ROCKHURRAHとSNAKEPIPEは二人共鋲ジャンに革パンという、まるで
「モッズの集会に殴りこみに来たロッカーズ」
のよう。
非常に冷たい視線を浴びてしまった。(笑)
演奏開始になる前にお決まりの観客チェック!
男性はモッズコートじゃこの時期寒いせいかスーツの上にモッズコート(M51)じゃなくてN3、ポークパイのような服装。
もしくはGS系の古着ファッション。
女性はほぼ8割が古着ワンピース(もしくは古着風の)で60年代の雰囲気。
パンク・サイコ系ライブの観客に比べるとかなり地味。
すごいお洒落だな、と思える人は残念ながらいなかった。
革ジャン率は5%くらい、鋲ジャンは皆無。(当たり前か)
ロンドンナイトのDJやってる稲葉さんも来てるな。
前に挨拶したことあるけど、覚えてないだろうな。(笑)
観察してるうちに時間通り19時に演奏が開始された。

Little Soul Drip
The Mammals
SNATCH’
pamplemousse
THE HAMMONDO CONNECTION
THE FAVE RAVES
the hair

上記の7つのバンドが出演したけれど、全て初めて観るので名前が分からないため、出演順に感想を書き連ねてみたいと思う。(上の順番でいいのかもしれない)

1番目に出たバンド。
ネオGS系。
初期のストライクスを思わせるビートルズ風のスーツ。
一名だけ服装が違うのが気になる。
SNAKEPIPEも知ってる曲「 ウォーキング・ザ・ドッグ」を演奏。
うーん、やっぱりダイナマイツのカヴァーにはかなわないなあ。(笑)
演奏がもっと上手くなってキレが良くなれば割と好きかも。
               
バンド交替のDJタイムにスルスルと滑るように踊り狂ってる観客を発見。
あのダンスに名前を付けるならば「ムーンウォークダンス」とでも言おうか。(笑)
本人はノリノリで「見て!見て!」と言わんばかりに披露していたけれど、他ではあまり見かけたことがないダンス。
観たことがあるとすれば「薔薇の葬列」の中に似たダンスがあったかも。(笑)
そのうちにムーンウォークダンスが波及していき、第2、第3のムーンウォーカーが出現してきた!
あの踊りってモッズでは当たり前なの?
変わった見世物だったな。

2番目、The Mammals
これは前に聴いた時にライブが良さそうなバンドだなと感想を持っていた通り、かなり迫力がある。
ヴォーカルの声量がすごいが、ルックスがちょっと不気味。
しかも時々意味もなく笑ったりするので怖い。
ギターの人はパンクに転向したほうが良さそうなポールシムノンばりのスタイル。
SNAKEPIPEの好みとしては、もっと70年代ロック色を打ち出してハードでワイルド、パワフルの3拍子を打ち出したほうがファン(特に男性の)が増えそうな気がする。

3番目はインストバンド。
この手のジャンルに関しては全く無知のSNAKEPIPE。
ある程度演奏が上手いのは当たり前だし、どの曲を聴いてもどこかで聴いたように思えてしまう。
特にこれといった特徴もなく、BGMとして聴き流してしまった。

4番目は女性ギター/ヴォーカルと女性ベースのバンド。
フレンチポップスみたいなのに、最初の3曲全ての最後がクラッシュの「トミー・ガン」のイントロそっくりで終わる。
そのことに気付いてROCKHURRAHと笑っていたら
「おかしいですよね!おかしいですよね!」
と全然知らない観客の一人も笑いながら話しかけてきた。
「なんでトミーガンなんだろうね?」
「そうそう、おかしー!」
と知らない人と盛り上がってしまった。(笑)
最後の曲だけがまるでエゴラッピンみたいで、他の曲に関してはトミーガンのバンド、としての印象しか残らなかった。

5番目。
またもや全員スーツでメガネ、という1番目に出たバンドと同じようなスタイル。
人気があるバンドだったみたいだけど、SNAKEPIPEには何がやりたいのかよく分からなかった。
スタイル・カウンシルのカヴァーをやってたらしいけど、ROCKHURRAHに言われるまで気付かなかった。
いや、そう言われても分からなかったSNAKPIPE。
原曲は知ってるはずなのにね!            

6番目、オヤジバンド。
現代のキングトーンズか、と思うような高音のヴォーカルはすごい声量の持ち主。
R&B要素が強いこの手のバンドは演奏もヴォーカルも上手くて当然だと思うので、あえて特徴的とは言えない気がする。
もしこのバンドが「イカ天」に出たとしたら、恐らく審査員の伊藤銀次あたりから
「完成度高いけど、まとまり過ぎてて面白くない」
って言われるだろうな、って感じ。(古い!)
ちょっと暑苦しく、しつこい雰囲気なのでSNAKEPIPEは「一度でお腹いっぱい」と思ってしまった。

ラスト、the hair登場。
スタートはすでに23時を超えていて、ちょっと電車の時間が気になりだした。
初めて観るので、ヴォーカルが女性なのも知らなかった。
正統派モッズ、というのかな。
ソフトな曲からR&B要素が入った曲、いかにもモッズという曲があり、さすがにキャリアの長さを感じさせる貫禄の演奏。
ギター・あいさとうさん、すごい上手い!
ヴォーカルがまるでジッタリン・ジンみたいにどんな時でも無表情なのが気になる。
いや、彼女に笑顔は似合わないかな?
あいさとうさんのボソッと呟くようなMCがもっと聞きたかったな。
6番目のバンドあたりから気になってたんだけど、ヴォーカルの音が割れて聴き辛くなっていたような。
PAがいまいち?
そのためthe hairの時も同じように音が割れていたのが非常に残念だった。

今回のモッズ集会の感想をまとめてみようかな。
モッズ、と聞いて思い浮かべるのはThe WhoThe Jamだけど(というよりそれしか知らないかも)、その2つのバンドのルーツとなるような黒っぽい音楽を踏襲したバンドが多かったかな。
もっと進化させたり、ミクスチャ要素が入ってくると面白くなりそうだけどね?
温故知新という言葉にあるように古いものを求めるのもアリだけど、新しきを知るところには来てない気がして少し残念。
音楽も服装もネオじゃなくてオリジナルのカヴァーなんだね。
現代に持ってくるならば、プラスアルファのスパイスが欲しい。
そんなに詳しくないSNAKEPIPEが言うのは失礼かもしれないけどね!

最後に、友人F君、ご招待&ゴチありがとう!
しかも奥様のAさんからもゴチしてもらっちゃって!サンキューです!
この場を借りてお礼を言わせてもらうね。
また今度ゆっくり話したいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です