ビザール・ランプ選手権!21回戦

                   

【映画「Lost Highway」に登場するリンチの手作りランプ!三角形がお洒落!】

SNAKEPIPE WROTE:

近所に新しいアジア雑貨屋がオープンしていた。
かつては部屋のほとんどをアジア系の家具や置物で揃えていたSNAKEPIPEは、その手の店を見つけるとつい立ち寄ってしまう。
木材の色合いが落ち着いていて好きなんだよね!
そこで素晴らしいランプを見つけてしまった。
少しだけ開きかけた蓮のつぼみから細く漏れる光。
昔だったら購入を即決してただろうな。(笑)

かつてのアジア系だった頃は全てを間接照明にしていたので、それはそれは暗い部屋だったものよ。(笑)
その代わりいくつもランプを置いていたっけ。
気に入ったランプを見つけると買って、置き場を考えて。
現在の部屋はアジアンテイストじゃないからね。
またいつの日かアジア系の部屋にしてみたいものだ。

ということで(?)今回のビザール・グッズ選手権はランプにしてみよう。
今までランプを特集していなかったからね。(笑)
検索してみると数多くのビザール・ランプがあったよ!
そのうちのいくつかを紹介してみよう。

これはビザールというよりは便利グッズになるのかな。
1冊の本かと思いきや、中から出てくるのはランプ!
まるで飛び出す絵本みたいな造りだよね?
これはGenerate Designが販売している「Book of Lights」という商品なんだよね。
一体どんな仕掛けになってるんだろうと思ってHPを見ていたけれど、現在は販売終了してるようで詳細については分からなかった。
販売していた時は$92、日本円で約1万円といったところだね。
Generate Designは他にも面白・お洒落グッズがたくさんあって、HP見てるだけでも楽しくなるよ!

続いてはクラゲ・ランプ!
ビザール・チェアの時も、生き物に似せたデザインを選ぶことが多かったSNAKEPIPE。
今回のクラゲもなかなかどうして!
空中をユラユラ漂っているようで素敵だよね。
これはRoxy Russellというカリフォルニアのデザイナーによる作品、「メデューサ・コレクション」。
PETボトルに使用されるポリエチレンテレフタラートを再生利用し、白くコーティングしたアルミを加えた材料を使用しているとのこと。
エコとデザインの融合だよね!
お値段はデザインによって$375〜$475、日本円で約42,000円から53,000円だね。
暗闇に1体いてもらうだけでも、うっとりしそう。
瞑想部屋に「もってこい」だね!(笑)

海洋生物のスチームパンク・バージョンもあるよ!
タコをモチーフにしたランプだね。
これはEvan Chambersの作品で、ブロンズとガラスで手作りされているという。
Evan Chambersのプロフィールによると、どうやら両親がステンドグラスの工房を持っていたようで、子供の頃から制作に携わっていたというから羨ましい環境だよね。(笑)
一つ一つにナンバリングされたパーツを組み合わせて完成させるらしい。
手間暇かかった作品のお値段は$3,600、日本円で約40万円ね。
高さ35cm幅が40cmなので、 意外と大きいよね。
かなり存在感ありそう!

インダストリアルな、非常に好みのランプを発見!
パイプを組み合わせて作られてるんだよね。
名前がSNAKEPIPEだけに、やっぱりパイプ好きなのよ。(笑)
単純な発想だけど、今まで見たことがないデザインだよね!
これはイスラエルのデザイナー、David BenatanのKozo Lampで扱っている作品。
どうやって使用するのかをYouTubeで見つけたので、それも載せておこうか。

手(?)になる部分が磁石になってるんだね。
遊び要素と実用性、そしてデザイン性と三拍子揃った小僧ランプ。
あれ?kozoは小僧なのかしら?(笑)
まるで小僧カンパニーみたいだね!
幅14cm 高さ34cm 奥行き 8cmで重さが3.8kg。
テーブルに丁度良いサイズ、さて気になるお値段は?
「お問い合わせください」としか書いてない!
しかも問い合わせページにいこうとすると「安全ではないサイト」と出てきてしまう…。
一体いくらなんだろう。気になる、気になる! (笑)

最後は「時計じかけのオレンジ」に出てくるコロヴァ・ミルク・バーを彷彿とさせるランプね!
女体モチーフは多いけれど、この部分だけを光らせるところがポイントかな?(笑)
地下にあるような、秘密倶楽部の壁にかかってたら似合いそうだよね!
これはロシアのデザイナー、Tembolat Gugkaev の作品ね。
実はお尻シリーズも展開しているので、せっかくなので載せてみよう。
なんと読むのか分からない名前なんだけど、この方の作品はどれもお洒落で面白い。
HPの造りも凝っていて、トップページから遊び心満載なの。
前にも書いたことがあるけれど、センスを売り物にしている人はHPに相当こだわっているよね。
当然とも言えるけど!
お尻シリーズはあまりエロティックに感じないのはSNAKEPIPEだけ?
これなら少し健全な店でもオッケーかもしれないよね。
とは言ってもお値段の記載がなくて分からないのよ。
気になる方はお問い合わせしてみてね!
それからお値段教えてね!(笑)

ランプについては全く検索してこなかったけど、調べていてとても面白かった。
様々な国のデザイナーの作品はとても新鮮だったよ!
このワクワクをまた体験したいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です