さて、今週のリクエストは

                   

【ベストヒットUSAのオープニングを好きなアルバムで制作してみた(笑)】

SNAKEPIPE WROTE:

この人が親戚だったらうれしいな、と勝手に想像する有名人の一人に小林克也氏がいる。 スネークマンショー以来ファンであり、 「小林克也のおしゃべりアメリ缶」 まで買ったほどである。(笑) 知らない方のために簡単にアメリ缶の補足をすると、克也氏がラップで英会話を教えてくれるCDで、本当に缶詰で通信販売されていた代物。 ラップのリズムで覚えていく、というとても楽しいものであった。(ちなみに今でも所持している) あの完璧なネイティブ・イングリッシュを独学でマスターした、と知った時には腰を抜かしたほどである。 映画「逆噴射家族」も試写会で鑑賞。 これ、なんとSNAKEPIPE家族で観に行ってるんだよね。(笑) この時の演技も良かった! もう一度観たい映画である。 多方面で活躍している克也氏だけど、代表する番組といえば、ご存知「ベストヒットUSA」である。

SNAKEPIPEの年少時代に一番観ていた音楽番組「ベストヒットUSA」。 ゲストと通訳なしでやりとりする克也氏の姿を拝見して、なぜだか誇らしく感じたのはSNAKEPIPEだけではないだろう。 当時は外タレに司会者本人がインタビューする、なんてことはほとんどなかった。 しかも克也氏は音楽に詳しいし、ジョークをまじえるような海外の番組の司会者みたいで本当にカッコ良かった。 どういう経緯なのかは不明だけれど、番組は1989年に一度終了した模様。

そして2003年に復活した「ベストヒットUSA」。 前と同じタイトル曲、司会の小林克也氏! それだけでも克也氏ファンとしては顔がほころんでしまう。 以前とは違って、今回の「ベストヒット」は深夜の番組なので毎回録画して 何回かをまとめて観ることにしている。 最新のチャートにはあまり興味がなくて、楽しみにしているのはタイムマシーンのコーナーと最後のリクエストだけ。 タイムシーンも最近では一曲しかやらないことが多く、しかもあまり興味のあるアーティストではない。 リクエストもハズレがほとんどで喜ばしい曲がかかることは非常に少ない。 ではSNAKEPIPEなら何をリクエストするだろう?

やっぱりという感じで思い付くのはニューウェイブだ。 当時のSNAKEPIPEにとってのアイドルはイギリスの音楽シーンを賑わせていたアーティスト達だったからだ。 世界はイギリスを中心に回ってる、と考えていたほど。(笑) 録画予約し忘れていたこともあるため、もしかしたら以前にリクエストされたこともあるかもしれないけれど、SNAKEPIPEが選ぶなら次の3曲になるかな。

最初にHaircut100「Favourite Shirts (Boy Meets Girl)」。 邦題「好き好きシャーツ」(笑)。 ここから「好き好きアーツ」シリーズを考えた話は以前したことがあるよね。 80年代に突如出現したファンカラティーナ旋風。 「お坊ちゃん達が音楽?」と思ってしまう、メンバー全員が同じ白いセーターにサスペンダーという服装でファンク。(笑) ちなみに当時ROCKHURRAHもHaircut100を真似て、似たセーターにサスペンダーだったらしい。(笑) かわいい見た目とは違って音楽性は高く、ノリのイイ名曲だと思う。 SNAKEPIPEも大ファンで、ヴォーカルのニック・ヘイワードの似顔絵を入れたポスターを制作したことがある。 あまり似てなかったけど。(笑)

続いて、これまた似顔絵を描いたヴォーカル、クレアちゃんがいたAltered Images「Happy Birthday」。 クレアちゃん、かわいかったなあ~! 当時クレアちゃんを真似た女の子がイギリスにいっぱいいた、なんて記事を読んだことがあるけれど、大いに納得! 80年代らしく、前髪は長めで「うなじ」は刈り上げのヘアスタイル。 SNAKEPIPEも似た髪形だったなあ。(笑) この曲、ロンドンナイトCDにも収録されて、再び聴けて嬉しかった! 今観てもやっぱりクレアちゃんかわいい。 やっぱり今でもアイドルだね!

3曲目はDr. And The Medics「Spirit In The Sky」。 実は当時Dr. And The Medics来日の際、ライブに行ったSNAKEPIPE。 とは言ってもアルバムは一枚しか出てないし、有名なのはその1曲だけ! 完璧な一発屋のライブに行くとは。(笑) 場所はどこだったか忘れたけど、前から3列目くらいのすごい良い席で観た。 「実物観れたからいいか」の世界だね。(笑) SNAKEPIPEも Medicsになりたいと思ってたくらい。 後から知ったのは「Spirit In The Sky」はNorman Greenbaumという人がオリジナル。 カヴァーはエルトン・ジョンを筆頭にニーナ・ハーゲンやらバウハウスなど錚々たるメンバーが演奏済み。 それでもドクター~でまた売れたとは、名曲なのね! 以前はレコードを所持していたけれど、処分してしまったので今でも買おうかどうしようか迷っている。

もっと書きたいところだけど、今回はこの3曲だけにしておこうか。 いつかまた第2弾を書こうかな。 ROCKHURRAHも自身のリクエスト特集を書きたい、なんて言ってるし。(笑) ではこのへんで。 See You Next Week!(この前ROCKHURRAHも書いてたな)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です