ビザール・ウエポン選手権!22回戦

                   

【おバカな武器といえばコレ!】

SNAKEPIPE WROTE:

第42回先進国首脳会議、通称伊勢志摩サミットとアメリカのオバマ大統領が広島を訪問するというニュースで賑わった今週。
「核なき世界への決意を表明」というニューストピックも目にした。

今回は核兵器から連想した「そんなバカな!」という武器を特集してみよう。
政治経済・世界情勢とは全く関係なく、ビザールな逸品探しね!
この手の記事の時には、いつも書いてるけど、ROCKHURRAH RECORDSはテロ礼賛とか戦争に賛同するような思想は一切ないのでヨロシクね!

世界の「おバカな武器」を調べていて、一番最初に目に入ったのがこれ!

これはアメリカ陸軍などで正式に使用されている「AR-15」という機関銃の同型なんだよね。
そのハローキティ・バージョン!
見た目はラブリーだけど、本物だからね。
機能的には通常の銃と同じらしい。
実際にこの銃を構えている画像もあったんだよね。
屈強な男性がラブリー銃を持つ、そのアンバランスでミスマッチな光景。
それが逆に怖いかも!

物騒な武器をラブリーにする企画は人気があるようで、ハローキティのピストルも登場しているんだね!
カラシニコフ銃のキティちゃんバージョンも発見したし。
探してみるとサンリオがイメージしているキティちゃんとは程遠い使われ方されてる画像がたくさんあるんだよね!
戦車にペインティングされていたり、棺桶に描かれていたり。(笑)
そこまで世界的に有名になったということかな?

もしこんなプレゼントをもらったら?
日本では大変なことになっちゃうかもね。
だけどよーく見ると…あれ?
これはchocolateweapons.comが販売しているチョコレート!
なんて精巧にできてるんだろうね?
お値段は約$30から$40なので、3,000円から4,000円くらいかな。
ギフト仕様になっていて、右の画像のようなケースに入っているみたい。
食べるのもったいないよね。
ずっと飾っておきたくなる逸品!
この会社は他に石鹸バージョンも出しているんだよね。
トランプ氏とクリントン氏の頭部石鹸もあったけど、使っていくとホラーっぽくなりそうだよね。(笑)
石鹸のピストルはオブジェに良いかもしれないな!

こちらも精巧な造り!
なんてカワイイんでしょ!(笑)
SwissMiniGun company が製造・販売している大きさ5.5cmのミニ・リボルバーである。
会社名の通り、スイス製なんだよね。(当たり前か)
世界一小さい可動式リボルバーのギネス記録も保持していて、ちゃんとwebに証明書を載せてるんだよね。(笑)
HPには機能についての説明がされていて、スペックを知ることができるよ!
スイス国内では問題ないけれど、国によって規定が違うため販売できない場合もあるとのこと。
意外なことにアメリカはダメなんだって。
もちろん日本も無理だろうね。(笑)
こんなに小さくてかわいいリボルバー、キーホルダーにしてみたいよね!
お値段は6,500スイス・フラン、日本円で約72万円也!
キーホルダーにしては高いか!(笑)

例えば「007シリーズ」などに出てくるスパイグッズに憧れることってあるよね!
SNAKEPIPEはかかとを蹴ると、つま先から毒のついた刃が飛び出す靴を思い出すよ。(笑)
「ローマの休日」ではライターに見せかけたカメラもあったっけ。
ん?時代が古い?(笑)
最後に紹介するのは、The R. J. Braverman Stinger Pen Pistol。
上の画像は途中で折れ曲がっているけれど、まっすぐにしたらペンだよね。

胸ポケットにさりげなくしのばせて、いざというときに素早く取り出し使用する、という本当にスパイ映画っぽいアイテム!
製造されたのは1990年代のようで、その時点での価格は$100くらいだったみたい。
実際に武器として使うよりは、コレクションだろうね。
現在は$500をくだらないだろうと書いてあったけど、 もっと高値で取引されていても良さそう。

実際に使用している映像があったので載せてみよう。
この方がたまたまなのか分からないけど、ペンを折るのに時間がかかってるような?
これじゃスパイ・グッズとしては失格かも。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です