収集狂時代 第5巻 高額ソファ編#01

                   

【ソファに座る人物といえば、やっぱりベーコンさんだね!】

SNAKEPIPE WROTE:

気付くと6月も今週で終わり、2016年も既に半分終了することになるんだねえ。
時の経つのは速いなあ!
それにしてもジメジメして蒸し暑い。
恐らく睡眠が浅いせいだろう、朝起きるのが辛いよね。
あー、せめて休日はお昼寝してのんびりしたいなあ!
映画観た後で少し横になっていたら、いつの間にか眠っちゃった、というのが理想的。(笑)
一眠りするのに丁度良いソファ、ないかな?

今回の「収集狂時代」は世界で最もお値段が高いソファを特集してみよう。
SNAKEPIPEが購入可能かどうかは別として、ね!(笑)

第5位はアストンマーチンの1965年モデルAston Martin DB6のデザインを使用したこちらのソファ!
アストンマーチンといえば、即座に連想するのが007シリーズでジェームズ・ボンドが乗っている車種ということ。
1965年だと丁度時代的に近いのかなと思って調べてみたけれど、どうやら「ボンド・カー」として使用されていたのはDB5だったみたい。
007のファンには残念だったかもしれないけど、世界にはカーマニアの方、大勢いるからね。
そのような愛好家がよだれをたらすような逸品に違いないよね!

このソファに座ってカーアクション全開の映画を鑑賞なんて、気分が盛り上がるよねー!
やっぱりボンド・カーみたいに、何か仕掛けを考えたくなるよね。
撒菱撒く装備とか、ミサイル発射ボタンとか?(笑)

気になるお値段は$7,300、日本円にして745,000円程。
現在、イギリスがEU離脱により円が高くなっているからね。
購入を決めるなら今だよ!
ただし幅が狭そうなので、まずはダイエット、という人もいるかも?(笑)

続いて第4位。
1978年に制作された、世界的に有名なデザイナーであるイームズのソファである。
足の部分はアルミニウム製、クッションはウレタン製、そして上にレザーを使用した、非常にシンプルなデザインだよね。
このソファが病院の待合室に置いてあったとしても、何の不思議もないくらいじゃない?
えっ、SNAKEPIPEに見る目がないせい?(笑)

いや、絶対に実物目の前にすれば、気になるはずだよ。
イームズソファだもんね!
気になるお値段は$9,800、日本円で約100万円也!
世界的に有名なデザイナーのソファで100万円とは、お手頃過ぎて驚いちゃうよね?
しかも世界の高いソファにしては、安い気がするなあ。
何かランキング間違ってない?(笑)

次は第3位のご紹介!
フランスのPlume Blancheがデザインしたソファね。
あんまり画像がなくて、どんな形状になっているのか、この角度からだけだと分からないんだよね。
Plume BlancheのHPも発見できなかったし。
ちょっと大きめの椅子、といった感じなのかも?
ちょっとSFっぽい流線型のシンプルなデザインがお洒落だよね。
このソファの最大の特徴はダイヤモンドが埋め込まれていること!

ダイヤは上の画像に4箇所見える、あの場所に埋まっているのかしら?
縫い目が交差してるところ、 ちょっとポチッとしてない?
でももしあの場所だとしたら、お尻と背中に当たりそうだよね。
ツボ押し効果が期待できるのかも?(笑)

0.5カラットのダイヤ付きのソファのお値段、なんと$184,000!
日本円で約1880万円!
ここでやっと「世界ランキング」らしいお値段になってきたね。
ちょっと気になったので0.5カラットのダイヤ1粒のお値段を検索してみると、大体30万円以下で購入可能みたいね。
30万円だとして、それが4つの場合には120万円。
2000万円近いソファにはオマケみたいなものだね。
このソファは50台限定の商品とのこと。
買った方にツボに効くのかどうかを聞いてみたいよね!(笑)

いよいよ大詰めが近付いてきたよ!
フランスの自動車メーカー、プジョーのソファがランクイン。
車のメーカーが家具を扱うことってあると思うけど、このソファは常識を覆す、まるでアート作品のような出来栄え!

Onyx Sofaという名前のこのソファについては、リンク先に詳しい情報が載ってるので参照してみてね。
デザイナーであるPierre Gimberguesはヴォルヴィック火山の溶岩石を切り出し、カーボンファイバーと組み合わせて3mの長さに仕上げているんだよね。
メタリックな素材が大好きなSNAKEPIPEには、たまらない逸品!
なんともいえない重厚感、そして今まで観たことがない個性的なデザインも素晴らしいよね!
恐らく溶岩石の切り出し方によって、一点ずつデザインも変化しそうだよね。
まさに一点もの、という感じかな?
気になるお値段は$185,000、第2位と僅差の$1,000違い!
日本円で約1890円だね。
オブジェとしても良さそうだけど、座り心地はどうだろう?
おしり痛くならないかな?(笑)

ついに第1位の発表だよ!
イスラエル出身の工業デザイナー、ロン・アラッドによってデザインされたStainless Steel Sofaの圧倒的な存在感!
うっひゃー!
シルバー色でピカピカ光る物が大好きなSNAKEPIPEにとっては垂涎の的だよ。(笑)
どうやらお買い上げになったのはニューヨーク近代美術館、通称MoMA!
やっぱりこのソファは実用性を求めるというよりは、アート作品ってことになるのかな?
気になるお値段は$300,000、日本円で約3000万円ね。
現代アートの作品として考えると、そこまで高額ではない気がするね?
ロン・アラッドのHPには手がけた作品がたくさん載っていて、どれを見てもスタイリッシュでカッコ良いんだよね!

「収集狂時代 第3巻」では椅子の世界ランキングについて書いている。
その時の1位は33億円だったんだよね。
ソファの1位は3000万円。
この差は一体なんだろうね?

世界ランキングとして検索しているけれど、その中でもSNAKEPIPEの琴線に触れた逸品を紹介してみたよ!
画像を見ているだけでもワクワクして、眠気が覚めてしまった。
これで当分ソファは買わないで済みそうだね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です