雨後のロックンロール

                   

【資産価値の高いこの一枚】

ROCKHURRAH WROTE:

先週のブログで祝ってもらったにも関わらず、依然としてプレゼントのエンジニアブーツは手に入ってないROCKHURRAHだった。やっぱりショップ探して歩き回って試し履きしないとネット通販とかじゃ商品写真の撮り方によって随分印象が違うし、現物のシルエットは全然違うって事もあり得るしね。メーカーとかはそんなにこだわってはいないんだが履き口とか足首ぶかぶかの長靴状態じゃカッコ悪いから、なるべく細身のエンジニアブーツ、それだけがこだわってる部分かな。昔カッコよいと思ってたメーカーのブーツも年々微妙にシルエット悪くなってたりして、ますます探し難い。

でもって今週探しに行く予定だったのがこの3連休の台風で一日中雨という状態、こりゃやめといた方がいいだろうとの事でこの連休は引きこもり決定。まあ仕方ないか。自分へのプレゼントの事でこんなに躍起になって書いてるヤツもあまりいないか。

そういうわけで今週は台風、または嵐から連想される曲についての雑文という事で、これは一部で写真が好評だった6/10のブログ内容と大して変わらないが少し書いてみよう。

嵐と言えば誰が何と言ってもこれしかないでしょう、ダムドの「NEAT NEAT NEAT」。

何でかは全然わからないが邦題は「嵐のロックンロール」。
パンクのちょっと前の時代、クイーンの曲で「炎のロックンロール」、また同じ 70’sパンク・バンドであるジェネレーションXの「凶暴のロックンロール」などというのもあったから特に目新しいものではないが誰がつけるのか、邦題というのは「意訳」よりもさらにアバウトな状態のものが平気で世の中に出てるから侮れないね。

ちなみにこのダムドの国内盤シングルはパンクのシングルの中でも大変な貴重盤との事で数万円はするという代物。ROCKHURRAHは写真アップしてる事でもわかる通り以前は当然のように所有していたのだが、rockhurrah.comのドメイン取って本格的に通販始める前に楽天フリマ(現在はオークションに変わったらしいが)で売れてしまった。結構なお値段で出品してたにも関わらずあっという間に売れたので「コレクター恐るべし」と思ったものだった。売らなきゃ良かったレコードランキングの一位かも。

嵐を英語で言えばSTORMだが、これはさまざまな曲で使われていて特に何か書けそうなものは残念ながら今すぐには見当たらなかった。という事であまり日常的には使わない単語だが嵐を意味する他の言葉でこれを紹介したい。Los Straitjacketsの「TEMPEST」という曲。

音楽的にはいわゆるサーフ・ロックとかガレージとか日本で言えばGSとかに近いインストのバンド形態で、なぜかメンバー全員がミル・マスカラスのような覆面着用、水着の覆面女三人組のゴーゴー・ガール隊みたいなのをはべらせたステージやちょっとバカっぽいプロモーションビデオなどで一部有名なバンドだ。ROCKHURRAHは上記のジャンルはそこまで詳しくないのだがGS大好きというSNAKEPIPEは意外と気に入ってくれたようだ。「嵐つながり」「覆面つながり」で適当に探してみたがまた変なバンドを見つけられて、意義のある引きこもりとなって満足かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です