ペルソナができるそうな

                   

【あれれ、フォクすけがフォクSKAにペルソナ効果で大変身しちゃったよ!】

SNAKEPIPE WROTE:

SNAKEPIPE が通常使っているブラウザはFirefoxである。
これは以前「それでもやっぱりIE派?」でも書いたことがあるよね。
Firefoxには機能を追加するための「アドオン」という仕掛けがあり、好きなスキン(テーマのことね)に切り替えたりすることができるのである。
見た目を変えることができるってことね。
今回はそのアドオンの一つ「ペルソナ」について書いてみようか。

まず初めにやらなきゃいけない作業は「Personas Plus」というアドオンをインストールすること。
これが入ってないと「ペルソナ」が使えないからね!
インストール後には画面左下に「フォクすけ」アイコンが登場するので、そこをクリックすることで作業ができる寸法。

「ペルソナ」とは日本語でいうと「仮面」になるのかな。
その言葉通りに「ペルソナ」機能を使うと非常に簡単にブラウザの着せ替えができるようになる。
Firefoxには昔から好きなテーマをインストールして外観を変えられる機能があったけど、これは人が作ったテーマを使うだけで自分で作るのは難しかった。
詳しい説明は「Firefoxアドオン」などのページを参照してもらったほうが、SNAKEPIPEの拙い言葉よりいいよね!(笑)

Personas ギャラリー」には世界中の人が作った「私だけのオリジナル」ペルソナがいっぱいあって、見てるだけでもとても楽しい。
この記事を書いている段階で約2000種類のペルソナがあるとはすごい人気ね!
ポインターを画像の上に乗せるだけで、「こんな感じですよ」と実際に自分のブラウザが着せ替えられていく様子はとても面白い!

そしてこの画像はとても簡単に自分でも作れることが判明。
Personas について」というページに「Personas の作り方」と「自分だけが使える独自の Persona デザイン」が作成できる説明がされている。
ペルソナを作ってFirefoxのギャラリーに投稿しないでも、自分だけのローカル環境で同じことができるとのこと。
ギャラリーへの投稿には当たり前だけど、いくつかのガイドラインや著作権の問題などがあるためちょっと面倒・・・と思っていた矢先の朗報。
これは実験してみたいね!(笑)

実際のペルソナ画像も用意してみたので、よろしければペルソナプラスを使って着せ替えしてみて!

【Thorns Of The Pink】

一番初めに思いついたのが上の画像。
パンクらしくトゲトゲ感のある写真を使ったブラウザにしてみたかったわけ。
そして色は好きなピンク。
初めて作ったにしては上出来、と自画自賛しているがどうだろう?
写真の設定が「3000×200」と決められているため、どうしても無理が出てくる。
本当はもっと痛そうなツンツン具合にしたかったんだけど!(笑)

【Shining Silver Metal】

これもまた大好きなピカピカ光るシルバーの写真を使用。
上の写真と同じで、やっぱりどうしても切り取りになってしまうとイマイチ分かり辛いのが難点。
初めから長細い写真だったら問題なんだろうけどね?
ブラウザにしてみたら「割とカッコいい」感じになったよ!
ただし文字の色を考えないと見辛くなるので注意!

【Purple Obscure】

これもまた切り取ったらこんなんなっちゃった写真を使用。
なんだか分からないところがいいよね?(笑)
鏡に反射してるような部分もあったと思うんだけど、ここまで色を加工するとそんなことはどうでもよくなっちゃう。
「なんとなく色合いがキレイ」ということで許して!(笑)

【Murder In A Green Room】

ここからはROCKHURRAHが制作したペルソナ。
大好きなDEMENTED ARE GO!のロゴマークをワンポイントに置いた作品。
そう、ペルソナは右側にポイントを置くか、もしくは全体にまんべんなく画像を散りばめるのが有効。
シンプルなほうがカッコいいのかも、と気付かされたSNAKEPIPE。(笑)

【Eno des Eno】

最後はロック・ミュージシャン時代のブライアン・イーノをモチーフにしたペルソナ。
「Personas ギャラリー」の中にはなさそうだったので、作ってみたらしい。
この時代のイーノらしいアート感覚に溢れたジャケットのセンスは、今見てもカッコいいよね。
ブラウザにイーノでいいの?(プッ)

軽く遊びっぽく作ってみた5つのペルソナだけど、画像編集ソフトさえあれば誰にでも簡単にできるのでお薦め!
今度はもっと本格的に頑張ってみるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。