ROCKHURRAH視察団/ミリタリーショップ編

                   

【お値打ち価格で購入。それにしても節操ないカモ、3種類!(笑)】

SNAKEPIPE WROTE:

明日あたりからやっと関東地方も梅雨入りか、という前にちょっと散歩に出かけることにした。
行き先は秋葉原。
いつ行っても大混雑してるからできれば避けたい場所なんだけどね。
そうは思いつつ、どうしても秋葉原に用事があったのである。
実は目的はミリタリーショップ!(笑)
ゴールデンウィーク中のブログ「逸品制作日誌 フレクターカモ・ヒップバッグ」には横田基地前にあるミリタリーショップ「ファントム」に行った話を書いた。
今回はまた違うショップに行ってきたのである。

ROCKHURRAH RECORDSはミリタリーに興味があり、オリジナルブランド名もBINARY ARMYなんて名付けるほどである。
ただし、最近巷で流行りの「ミリタリーテイスト」と言われるような「なんちゃって」風のファッションだけを取り入れたフェイクは苦手。
そうかと言って全身迷彩服を着用しサバイバルゲームを体験する、という本格派のミリタリーマニアというわけでもない。
ミリタリーの機能性の高さや新素材・デザイン性に注目しているのである。
そしてミリタリーとラウド系の音楽との融合が目的なのだ。
当然ながら「なんちゃって」の中から選ぶのではなく、あくまでも本物の中から探すのがポイント!
「本気」のマニアとはちょっと考え方が違うため、その日のTPOに合わせてUSミリタリーだったり、ドイツだったりする。
ポリシーを持って一つの国のミリタリーを追いかけているわけではない。
当然ながら「戦争礼賛」なんてことも全くないしね!
なーんてちょっとカッコ付けて説明しちゃったかな?(笑)

人で溢れ返る駅前を足早に通り過ぎ、目指すは「S&Graf」。
「コンバット・マガジン」などを購読している人にとってはお馴染みの店かもしれない。
ここに来るのは2回目。
東京本店と2号店が隣接していて、人気の高さが分かる。
本店に入ってみると
「いらっしゃいませ!」
と明るく元気に声をかけてくるのは玉木宏かミッチーこと及川光博似の、まるでミリタリーとは関係なさそうな男性。(笑)
ドイツ軍物を着てるので、好きなんだろうね?
「本気系」のお客さんから突っ込んだ質問をされても、にこやかに応対しているのを見たこともあったっけ。

お客さんがすれ違うのは困難なほどの狭い隙間だけを残して、所狭しとグッズや軍服が並ぶ店内。
ここのお店はどうやらドイツ関係が得意の様子。
普段には着られないけど、いつかはコレクションで欲しいなと思うような物品がいっぱいある。
そう、最近SNAKEPIPEはドイツ物が気になってるからね!(笑)
今回はSWAT部隊が使っているような黒いキャップがあったらいいな、と思っていたのに残念ながら取り扱いがなかった。
というか、ドイツ物が得意な店だから当たり前か!
結局黒いブーニーハットをROCKHURRAHからプレゼントしてもらった。
何故ならとても良く似合っていたから!(笑)
ROCKHURRAHはマルチカムのキラーキャップを購入。
ベースボールキャップとは違って、スポーツっぽくないところが決め手だったようで。

続いてS&Grafの2号店へ。
こちらは縫製の問題や色の指定から外れたアウトレット品も扱っている。
さすがに軍物は審査厳しいだろうから、正規品を厳選するんだろうね。
そのおかげで激安品にお目にかかれるんだから、買い手側は楽しいけど。(笑)
今回はそんなアウトレットの中からBDUジャケットを2枚購入!
もちろんサイズはXLARGEかなんかで、SNAKEPIPEには着られないよ!
これを材料にして何か作ろうって魂胆ばい。
また作った暁には「逸品制作日誌」にして発表するたい。(何故九州弁?)
このお店で気になったのは、フィッティングのカーテンがフレクターカモだったこと。
それからややぽっちゃり気味の女性店員さんがかわいかったこと、かな。(笑)

最後に「ECHIGOYA」。
ここは初めて行ったショップなんだけど、いやはや入ってびっくり!
入り口から通路に沿ってズラリと並んだエアガン、エアガン、エアガン!(笑)
そして店内にいるお客さんの数の多さ!
ええーっ、こんなにガンマニアっていっぱいいるのー?
うーん、SNAKEPIPEの知らない世界、奥が深いわ~!
このお店はファッションとしてのミリタリーというよりは「本気系」、少し見たことがあるゲーム「メタルギアソリッド」の実践版って感じか。
店員さんのエプロンも迷彩で、自作したのか聞いてみたかったんだけどね。(笑)

このお店は通路に割と余裕があるため、お客さん同士の擦れ違いに何ら問題なし。
ROCKHURRAHとじっくり商品を見て歩くことにした。
一体何に使うのか良く分からないグッズがいっぱいある。
やたらとベルクロを貼り付けた小さいポーチ類は、どうやら目的別に大きさやポケットに違いがあるようだ。
小さいタイプは指も入らないのでは、と思うほどのサイズ。
しかも全体にお値段はお高め。
「本気系」の人たちは用途のために必要なグッズに金の糸目はつけないのかもしれないね。

本当は自転車に乗る時の日焼け防止のため目から下を覆うようなマスクが欲しかったんだけど、あまりに「本気系」のタイプしか見つからず断念。
あれを街中で着けてたら危険人物だと思われそう。(笑)
結局店内にいてとてもワクワクして楽しかったけど、何も買わなかった。
正確に言うと「買えなかった」になるのかな?
このお店の得意としているのはやっぱりエアガン。
エアガン関連商品が店舗の半数以上を占めている。
その道のマニアの方には垂涎の的だろうね!

ミリタリーショップ、と一口に言ってもお店ごとに得意分野があることが分かった。
世界各国のミリタリーグッズを平均的に集めている上野の中田商店
USミリタリーが得意なファントム
ドイツ軍物に長けているS&Graf。
サバイバルゲーム愛好者にお薦めのECHIGOYA。
人生いろいろ、ミリタリーいろいろだ。(笑)

また違うショップ巡りをしてみたいものだ。
もっと本格的な放出品を扱っているショップもあるだろうし。
本当は狙ってるところがあるんだけど、ちょっと遠出しないといけない場所なんだよね。(笑)
行った暁にはレポートしてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です