ふたりのイエスタデイ chapter16 /The Monochrome set

                   

20190224 yop
【SNAKEPIPEが聴き込んだ一枚】

SNAKEPIPE WROTE:

SNAKEPIPEは夢を覚えていることが多い。
先日見たのは、三島由紀夫が登場する夢だったっけ。
SNAKEPIPEは撮影のための小道具を準備する役割を担っていて、何故だか三島由紀夫に藁で編んだ褌を用意しているんだよね。
藁を編むのが難しくて、「これで良いですか」と渡してみるとダメ出しされてたよ。(笑)
その翌日に見た夢に出てきたのは、かつてSNAKEPIPEと一緒に遊んでくれたお姉さんだった。
このお姉さん、イニシャルでIさん、としておこうか。
IさんはSNAKEPIPEよりも年上で、音楽、映画や本など様々な知識が豊富なため、SNAKEPIPEが好きそうな企画を見つけると一緒に行こうと誘ってくれた女性だった。
もうずいぶんお会いしていないけれど、このIさんが現在のSNAKEPIPEに、かなり影響を与えた女性だったと思う。
そして数日前、突然Iさんが夢に登場したんだよね。
本がぎっしり並んだ本棚を2人で見ていて、「まだこの本は読んでない」などと話している他愛のない夢だった。

Iさんが夢に登場したことにより、突然思い出したのがIさんが教えてくれた音楽のこと。
「きっと好きだと思うよ」
と言ってレコードから録音したカセットテープをもらったのは、いつのことだったんだろう。
手渡されたのはThe Monochrome Set(モノクローム・セット)というバンドの音楽だった。
帰宅後聴いてみて、すぐに虜になったSNAKEPIPE。
さすがIさん、よくSNAKEPIPEの好みを知ってるなあと感心したものだ。
何度も何度も聴いていたテープだったけれど、カセットデッキは壊れてしまい、時代はCDになっていた。
モノクローム・セットのCDを買おうとショップに行ってみるけれど、なんと売ってない!
何軒もCDショップを回ってみるけれど、結果は同じ。
ショックを受け、Iさんにそのことを伝えると
「CD持ってる知り合いがいるから、借りてきてあげる」
と言ってくれるではないの!
どういう知り合いの人なのかは聞かなかったけれど、実際Iさんからお目当てのCDを手渡された時には、飛び上がらんばかりに喜んだね。(笑)
もちろん聴いてから丁寧にお礼を言ってお返ししたよ。

その時にお借りしたのが「Westminster Affair」(1988年)というコンピレーションアルバムだったんだね。
アルバムの1曲目を載せてみようか。 

当時はパソコンもなかったので、今のように簡単に動画が見られる環境ではないからね。 
今回このビデオも初めて観たよ。(笑)
ジャンルを特定するのが難しい、無国籍で不安定な感じのメロディラインは、このヴォーカルの特性だったのか?
音楽しか知らなかったSNAKEPIPEだったので、少しモノクローム・セットについて調べてみよう。

モノクローム・セットは1978年にロンドンで結成されたバンドで、初期メンバーには後に「アダム&ジ・アンツ」で知られるアダム・アントも在籍していたというので驚いてしまった。
その当時のバンド名は「The B-Sides」だったという。
時代的に考察して、恐らく最初はパンク・バンドだったんだろうね?
ヴォーカルはインド出身、ギターはカナダ出身というので、国際色豊かなバンドなんだね。
4枚目のアルバムを出した1985年、バンドは解散している。
1990年に再結成し、どうやら日本ツアーも行っていたみたいだよ。
この頃のSNAKEPIPEはレゲエとテクノばっかり聴いてたなあ。(笑)
時代によって興味の対象が変わっていたので、来日を知っても興味を示さなかったかもしれないよ。

1998年、再びバンド活動を休止する。
それから10年が経った2008年、イギリスのインディーズ・レコード・レーベルの中でもラフ・トレードと並んで最も有名な大手インディーズ(変な言い回しだけど)であるチェリーレッドの30周年記念パーティのために再結成。
その後はまた活動を続け、現在に至っているようだよ。

モノクローム・セットについて書こうと思って、とROCKHURRAHに話すと
「やっぱり1stが良かったよね」
と語りだすではないの!(笑) 
ROCKHURRAHは、当時北九州に住んでいたけれど、ロクなレコード屋がなかったためわざわざ高速バスに乗り、福岡までレコード漁りに行っていたらしい。
その頃の目新しいニュー・ウェイヴは手当たり次第に買って、聴いていたという。
ROCKHURRAHは試聴をせずに、ジャケットやバンド名などからインスピレーションを感じるレコードを買うことが多く、その方法で好みのバンドを探し当てることに成功していた、とやや自慢げに言う。(笑)
モノクローム・セットを買う前のレコード漁りの時に、ジョイ・ディヴィジョンとディス・ヒートを同時に購入して、まるで宝くじを当てたような運命的な出会いをしていたROCKHURRAH。
その勢いがついた状態で、再びインスピレーションの赴くままにチョイスしたのが、モノクローム・セットの1stだったらしい。
ジョイ・ディヴィジョンのレコード・ジャケットを手がけたのはピーター・サヴィルというグラフィック・デザイナーだという。
モノクローム・セットの1stも彼の手によるものだったことに、ROCKHURRAHが気付いていたのかどうかは不明だけど、似た雰囲気を感じ取ったことに間違いないだろうね!
結果としてジョイ・ディヴィジョンの系列とは全く違ってけど…。
今まで聴いたことのないジャンルだったため、戸惑いながらも聴き続けていくうちに耳慣れていったという。
ROCKHURRAHのお気に入りを載せてみよう。 

モノクローム・セットだけに、モノクロ!(笑)
ライブなのでレコードとはかなり印象が違うような?

モノクローム・セットの真骨頂とも言える曲をもう1曲載せようか。

まるで呪文のように聴こえていた箇所の歌詞が分かったよ。
螺旋階段をぐるぐる回りながら上ったり下りたりするような、酩酊感があるんだよね。
なんとも不思議な気分になる曲だと思う。

ふとした瞬間に懐かしい人を思い出し、その連鎖で昔聴いていたバンドや曲を思い出したよ。
Iさん、今は何をしているんだろうなあ?
もう何年もお会いしていないけど、実はどこかですれ違っていたのにお互い気付いていなかったりして?(笑) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です