Tag Archives: SNAKEPIPE

【80年代のデペッシュ・モードが分かる映像集】

SNAKEPIPE WROTE:

最近はとんとご無沙汰だけれど、以前はライブハウスに行くのが大好きだったSNAKEPIPE。
ファンだったROBINが2011年に解散してしまったのが理由だね。
あれからもう6年経ってるとは…。
観に行く(聴きに行く)だけで、自分で楽器を弾いたことはほとんどない。
ROCKHURRAHは弦楽器が得意で、現在もギター数本が家にあるんだよね。
最近弾く機会はなくなっているけれど。
そのROCKHURRAHから教えを受け、少しだけウクレレに挑戦したことがあったっけ。
練習を重ね、「I Fought The Row」を弾けるまでになったのは嬉しかった。(笑)

もちろんウクレレの定番「あ〜あ〜あ、やんなっちゃった〜」も練習したけどね!(ぷっ)
中学生の頃に一度だけギターを練習したことあったけど、練習本の一番最初が「荒城の月」で、ちっとも楽しくなかったんだよね。
コードが簡単だから、という理由なのかもしれないけど、もう少し「弾ける喜び」が感じられたら続けられたのにね?
そんなSNAKEPIPEなので、楽器に関しては完全に素人!
それなのに、一度だけバンドを組んだことがあるんだよね。(笑)
今回はその経験を元に「ふたりのイエスタデイ」を書いてみよう。

高校生だった今から数千年前にタイムスリップしてみよう。(おおげさ)
美術部に所属していたSNAKEPIPEだけれど、当時の最先端だったニューウェーブにどっぷり染まっていた「とんがりキッズ」(死語)だった。
髪の毛は刈り上げ、文学と音楽(ニューウェーブ)の話に花を咲かせながら絵を描く女子高生。
美術部の同級生は皆同じ趣味を持った仲間で、放課後が楽しい時間だったなあ。
美術部の活躍する場といえば、文化祭!
どうしてそんな話になったのかは覚えていないけれど、「バンドをやろう」ということになった。
文化祭は美術部としての活動だけでも忙しいはずなのに、加えてバンドでも参加しようと考えるとは出しゃばり過ぎだよね。(笑)

SNAKEPIPE以外に他2人の美術部員に加え、もう1人ニューウェーブ好きの同級生が入って4人で即席のバンドが結成された。
皆すっかりやる気になり、2名がキーボード、ベースが弾ける人が1名、ドラムはリズムボックスという編成になる。
ニューウェーブ好きだった同級生がリズムボックスやキーボード類の機材を持っていたこと、美術部員の1人は元々バンドでベースを担当していたというのが理由なんだけど、即席にしては「ニューウェーブらしい」感じになってるよね?
そしてなんとSNAKEPIPEは楽器全般ができないので、ボーカルとして参加することになったのである。

ここでSNAKEPIPEは演出を考える。
照明を消し、演奏している自分たちに向かって花火の映像を映すことにしたのだ。
市のライブラリで16mmフィルムの花火映像を借り、高校にあった16mm映写機を使用することで実現できるからね。
花火映像は、SNAKEPIPEが16mmフィルムの映写資格を持っていたことで借りることができたはず。
そんな資格持ってたんだよ。(笑)
どうして花火にしたのかというとアンジェイ・ワイダ監督の「灰とダイヤモンド」に印象的なシーンがあったから。
当時は古い映画をよく鑑賞していて、影響受けてたんだよね。

バンド名も考えたっけ。
「Orchestral Manoeuvres in the Dark」の長いバンド名が非常に気に入っていたので、負けないくらい長くて不条理な名前にしようと熟考したなあ。
その結果「Muslim For The Mind Strangeness」という名前にしたんだよね。
女子高生だったSNAKEPIPEの単なる言葉遊びで、宗教的な意味は全くないので4649!

肝心なのは「どの曲にするか」だよね。
これもSNAKEPIPEの独断だった。

The Stranglersの「All Roads Lead to Rome」という曲なんだけど…。
前述したようにギターが不在、そして当時がニューウェーブ全盛だったということを考慮しても、どうしてこの曲にしたのか不明だよね。(笑)
この「ささやき」のようなボーカルをSNAKEPIPEはどのように表現したのか?
しかも歌詞は「聞き取り」だったはずなので、苦労しただろうね。(笑)
唯一分かるのはタイトルにある「すべての道はローマに通ず」だけだからねえ。
他の友人達もよく賛成してくれたよ。

もう1曲はニューウェーブ界のお坊ちゃま集団Depeche Modeの「Meaning Of Love」だったね。

この曲もギターなしで全く問題ないよね?
バンドで演奏するにはボーカルが大人しいから、実際にはパンク風に叫んでいたと思う。
花火映像に染まりながらのデペッシュ・モードのパンク版。(笑)
この時の文化祭はバンド参加希望が多くて、審査を通過した数組だけが演奏できることになっていた。
その審査での一幕での出来事である。
選曲、演出、演奏全てが上手くいったと自画自賛していたけれど、実際には全く理解されなかった。
「照明を消す」という点にも高校側から難色を示されたし、映写機の準備などに時間がかかったのもマイナスだったのかもしれない。
田舎の高校だったから、というのももちろんあるだろうね。(笑)
当然のように審査は通らず、バンドはその時の1回限りで解散となった。(笑)
高校を卒業してかなりの年月が経ってから、同じ高校に通っていた同級生から「何がしたいのか分からない集団に見えた」と言われたことがある。
その人は数年経ってから分かってくれたらしいけど。(笑)

ニューウェーブの波は高校時代で終わり、SNAKEPIPEはそれ以降はパンクの道に進む。
やっぱりデペッシュ・モードをパンクで歌ったことが原因かな?(笑)
デペッシュ・モードに再会するのはそれから何十年も経った大貫憲章さん主催のロンドンナイトである。

カバー曲だけど、よりポップなダンスチューンに変身してるよね。(笑)
「これは?デペッシュ・モード!」
突然耳に飛び込んできた懐かしいメロディラインに、かつてニューウェーブに熱狂していた青春時代が蘇る。
やっぱり80年代いいわ!と改めて認識した瞬間だったね。

デペッシュ・モードは現在も活動を続けているようだ。
Wikipediaによれば、ここに来るまでには自殺未遂、薬物依存、アルコール中毒など「お坊ちゃま集団」とは無縁のはずの単語が並んだ人生を送っていたようだ。
そういった苦難を乗り越えてきたせいなのか、最近の音は80年代とはまるで別物!
あの頃のデペッシュ・モードを期待して聴くとびっくりしちゃうね。
それでも現役で続けている姿を見ることができたのは良かったよ。

80年代、デペッシュ・モードはヒット曲を連発した大スターだった。
SNAKEPIPEも好きな曲がたくさんあるよ!
最後はその中の1曲を載せて終わりにしようか。

ニューウェーブはやっぱり良いね!(笑)

【フリッツ・ラング監督「怪人マブゼ博士」のポスター。】

SNAKEPIPE WROTE:

今回のビザール・グッズ選手権は、映画のポスターを特集してみようと思う。
もちろんただのポスターじゃないよ!
映画関係者は本気で売り込むために制作しているんだろうけど、観た人にその心意気が通じているのか疑問に感じるタイプを集めてみたい。
当然トホホなポスターってことね。(笑)
時代が古いほうが面白いポスターが揃っていたよ。
早速紹介してみよう!

The Beast with a Million Eyes」は1955年のアメリカ映画。
あらすじによれば、どうやら10000個の目を持つ「beast」が宇宙船に乗ってきて、世界征服を狙う話みたいね?
目がいっぱいといえば妖怪の目目連を思い出してしまうね。
そしてこの「beast」はまるでインドネシア・バリ島のバロンみたいにも見えてしまうよ。
目玉が丸くて、牙が出ているところが似てるよね?
そして一番のトホホなポイントは、右側の女性!
恐怖の表情には程遠いし、意味不明の服装も気になるところ。
おでこのシワにも注目だ!(笑)
この妖怪みたいな生物が宇宙人という発想にも恐れ入るし、人や動物の支配を目論んでいるようには感じられないんだけどね?
一体どんな映画だったんだろう。
本当に怖かったのかなあ。

こちらも宇宙からの支配者になるのかな。
The Man from Planet X」は1951年のアメリカ映画。
どうやら邦題は「遊星Xから来た男」らしいね。
なんだかこのタイトル「遊星からの物体X」もしくは「遊星よりの物体X」と間違えそうじゃない?
オリジナルである「 遊星よりの物体X」も、同じく1951年の制作なんだね。
原題は「The Thing from Another World」で、全く「遊星」やら「X 」という文字はない。
もしかしたら邦題つける時に、「遊星Xから来た男」を参考にしてたのかもしれないね?
ポスターの話にしよう。
どうです、このトホホ感は!
まず宇宙人の顔に注目。
東洋人のような、平たくのっぺりした、表情が分からない顔。
宇宙船の中にもう一人(一体?) いるのが確認できるけど、全く同じ顔!
そしてその「のっぺり」と対峙している女性は、驚いているのか怖がっているのか判断できない表情してるよね。(笑)
驚き過ぎて腰が抜けたのかなあ。
50年代のSF映画はB級が多いのかもしれないね?

これが「遊星Xから来た男」のトレイラーだよ!
どお?B級?(笑)

次も「のっぺり」が登場だよ!
The Phantom Empire」は1935年のアメリカ映画。
ポスターには「20000フィートに地下帝国!」のような謳い文句が書かれているね?
古代の戦士みたいな人物と共に、「のっぺり」した顔の埴輪さんがいる!(笑)
ストーリーについて調べてみたけど、カウボーイと地下帝国という、全く意味不明の内容で、あの「のっぺり」は地下帝国内で身につけなければいけない装置(?)なのかもしれない。
ジャンルで見ると、ミュージカル、SF、ウエスタン、ファミリーだって。(笑)
どんな内容なのか分からないのも無理ないかも。
1930年代の荒唐無稽さ、恐るべし!

これもポスターから内容を推測できない映画だね。
Häxan」は1922年のスウェーデン映画!
更に時代を遡ってしまったね。
色使いがとてもオシャレで、さすがは大好きな1920年代と思ってしまう。
それにしても?
尼僧と思われる左側の女性の顔がすごいよね。
視線の先はいずこへ?(笑)
そして不敵な笑いを浮かべているのは、恐らく悪魔。
あらすじを調べてみたけど、どうやら4つのパートに分かれて展開する映画のようで、悪魔と魔女、修道士、迷信といった単語が登場している。
ジャンルはドキュメンタリー、ファンタジー、ホラーとされているよ。(笑)
SNAKEPIPEはてっきり教訓めいた話を説いている映画かと思ったんだけどね。
悪魔にそそのかされると、目があっちの方向にいっちゃっうから気を付けなさいってね。

この映画のトレイラーもあったよ。
サイレント映画だから日本人でも大丈夫かな?
悪魔に支配されて拷問を受けているようなシーンが続いているね。
半魚人みたいなクリーチャーも登場していて、やっぱり1920年代すごいなあ!

1920年代のポスターを続けてみようか。
Laster der Menschheit」は1927年のドイツ映画。
驚いてしまうのが、1928年に日本で公開されていると書いてあるところ。
その時代に、ヨーロッパで制作された映画が翌年日本で公開されるかしら?
本当だとしたらすごいことだなあ、と思うよ。
そしてこの絵!
緑色の蜘蛛が裸女を攫おうとしているように見えるよね。
女性の目が、まるでジャイアントパンダみたいになっている点にも注目!(笑)
SNAKEPIPEは女性の下に書いてある文字が気になって仕方ないんだよね。
「KOKAIN」「OPIUM」「MORPHIUM」 は、コカイン、阿片、モルヒネではなかろうか。
「覚醒剤やめますか?」の宣伝ポスターにもなりそうだよね。(笑)
「Laster der Menschheit」を日本語にすると「人類の悪徳」だって。
マルキ・ド・サドの小説みたいになっちゃったね。
主人公の女はオペラ歌手のタマラという名前らしいけれど、予想通りコカイン中毒だという。
その中毒状態をジャイアントパンダの目で表現していたんだね!(笑)
蜘蛛を邪悪の象徴にするのは珍しくないけど、ここまで稚拙な描き方をされると怖さ倍増!
それにしてもバウハウスなどの直線美で有名なドイツで、このポスターは意外だよね。

最後も不気味なこちら!
The Wasp Woman」は1959年のアメリカ映画。
監督はなんと、B級映画監督として名高い(?)ロジャー・コーマン
ロジャー・コーマンの作品では、「イージー・ライダー」コンビのピーター・フォンダとデニス・ホッパーが主演した「白昼の幻想」を思い出すね。
LSDなどのドラッグでラリった様子を映像化していて、ちょっと酔いそうになるんだよね。
ラリったことがないSNAKEPIPEは疑似体験ができる映画として認識しているよ。

「The Wasp Woman」の邦題は「蜂女の実験室」というようなんだけど、一体何の実験をしてるんだろうね?
どうやら蜂の成分を利用して若返りを図ろうとした女の話のようだよ。
蜂の成分を摂取し過ぎて、自らが蜂になってしまったということなのか?
ポスターからはそう読み取れるけど、顔だけは人間というのが怖いよね。(笑)
トレイラーを見つけたので観てみようか。

こっ、これは!
ポスターと違って、頭部まで蜂になってるみたいだよ?(笑)
トレイラーだけで筋が分かってしまったけど、B級だからこれでいいのだ!

今回はトホホなポスターを集めてみたよ!
ビザールな逸品探しは、検索しているSNAKEPIPEが楽しんでるよ。(笑)
次はどんなビザールと対面できるのか、今から期待しちゃうね!

20170409 top
【訪れてみたい美術館のうちの一つがMOMAだね!】

SNAKEPIPE WROTE:

アート関連の記事を書くことが多いこのブログだけれど、今まで特集したことがなかったのが美術館や博物館のロゴ!
このことを指摘してくれたのはROCKHURRAHだったよ。
面白い企画を立てる基盤となる美術館/博物館自体が印象的でオシャレなロゴを使用していないとね?
いや、使用していて欲しい!(笑)
館の象徴であり、一目で趣旨を分からせるシンボルがロゴだと思うから。
海外の美術館/博物館はどんなロゴを採用しているんだろう。
探してみようか!

最初にご紹介するのはこちら。
デザイン系です!とわかりやすい「いかにも」なロゴだよね。(笑)
パラパラとマス目から落ちているのか、それともこれから塗っていく途中なのか?
モザイクを使用した、まるで方眼用紙を塗りつぶしたようなシンプルさは、なかなかオシャレだと思うよ。
よく見ると一粒一粒は四角じゃなくて丸なんだね。
粒がさらに四方に弾けているパターンもあって、それも面白い。

これはボストンにあるDesign Museum Bostonのもの。
建築、家具、ファッション、グラフィックなど様々なデザインについての知識を得ることができるみたいね。
そして仕事上で発生する問題をどのように解決していくかを考えるのがコンセプトだという。
デザイナー志望の人には夢のような博物館だよね。

このロゴデザインをしたのはボストンで活動しているデザイナー、John Magnifico
HPで見る他の作品も面白いのがたくさんあるよ!
デザイン博物館に採用されるデザインができるんだから、すごいことだよね。(笑)

美術館だったら忘れちゃならないのは帝都、じゃなくてテート・モダン(Tate Modern)だね。(ぷっ)
ここはイギリス国立近代美術館で、なんと入場料無料!
大英博物館も無料だし、イギリスは文化的な意識が高いことがよく分かるよね。
日本で国立の博物館や美術館に無料で入った記憶がないよ。
国民総生産や国民総所得など、数字で表される世界ランキングで日本は上位に入ってはいるけれど。
文化的な視点からみたら、かなり低い位置にランキングされるに違いないね。
数値化するのが難しいだろうけど。(笑)

テート・モダンのロゴデザインに話を戻そうね。
ブレたロゴを見るのはこれが初めてかもしれないなあ。
シンプルだけれど、記憶に残るよね。
映画が始まる前に流れるカウントダウン映像のピントが合ってない状態のような。
もっと想像を逞しくするならば、夢なのか現実なのか分からないボーダーラインにいる感覚かな。
現代アートの持つ「ちょっとよく分からない」要素に通じているように感じたんだよね。
本当にアートなのか、ふざけてるのか判別できない「ファジー」な感覚というか。(死語?)

このロゴをデザインしたのはニューヨーク、ロンドン、サンフランシスコに事務所を構えるWOLFF OLINS というデザイン事務所に所属するMarina Willer
海外では性別や年齢、国籍などを記載しない履歴書が一般的だと聞いたことがあるけれど、デザイナー業界も同じように作品勝負みたいだね。
個人的な情報を調べることはできなかったよ。
「あのテート・モダンのロゴ」のデザイナーということで充分なのかな?

テート・モダンのコレクションも素晴らしいんだよね。
ここも一度は訪れたい美術館のうちの一つ!

次は少し変わった博物館にしてみようか。 
Computer History Museumはカリフォルニア州にある博物館である。
その名の通りコンピューターの歴史を知ったり、プログラミングの勉強ができる施設なんだね。
子供時代に与える影響で大きいのは環境だと思うんだけど、例えばこの施設の近所で育った子供は、遊びながらプログラミングを覚えていくんじゃないかな。
両親の方針にもよるだろうけど、こんな施設が近くにあったらSNAKEPIPEも行ってみたいな!
もう子供じゃないけどね。(笑)

そんな博物館を見事に表現したのが上のロゴ。
コンピューターで使用される「0」と「1」の二進法をデザイン化していて、インパクトがあるよね。
なかなか考えられていて素敵なんだけど、残念ながらデザインしたのが誰なのかが調べられなかった。
まさかと思うけど、博物館の職員とか?(笑)

 続いても見たまま、の博物館にしてみよう。
THE TIBET MUSEUM はチベット自治区にある、チベットの歴史や文化を伝えるための博物館だという。
入場料は無料! 
月曜日が定休日のようなので、出かける時には気を付けないとね。
チベットには独特の文化があるので、きっと面白いだろうね!

そしてこのチベットらしさ満載のロゴをデザインしたのが1970年ドイツ生まれのMarkus Strümpel
ドイツ人がチベットのデザインをするというのは少し意外な気がしたけど、空港のデザインからイラストを描くなどマルチなデザインをしている人みたいだからね。
依頼があればなんでもこなしてしまうような器用でセンスがある人なんだろうね。
右のロゴで気になるのは塔のてっぺんを境に、余白の高さが違っているところかな。
ダライ・ラマに会った写真も掲載されていて、HPも見応えあるよ!

次は博物館自体に興味が湧いてくるこちら!
ロンドンにあるThe National Army Museumは訳すと国立陸軍博物館になるんだね。
こちらも国立!
企画展は有料みたいだけど、無料で鑑賞できる展示もあるよ。
イギリスは文化や教育に力を入れてる事が分かるよね。
当然のようにイギリス陸軍についての歴史を知るための博物館だけど、毎週のように無料の企画が考えられているようなんだよね。
戦争と陸軍の関係を軸に、例えば軍服とファッションの関連についてなど、SNAKEPIPEには興味深い特集を組んでいるところが素晴らしいと思ったよ。
様々な方向から戦争を考えよう、という姿勢が伺える。
ロンドンにはこの博物館以外にもImperial War Museum (帝国戦争博物館)もあって、こちらも同じように戦争の歴史について学べる博物館で、企画展示以外は無料。
学生だけじゃなくて観光客にも人気だろうね。
ここも気になる博物館だね。

国立陸軍博物館のロゴは、これまた「いかにも」なデザインだよね。
王冠マークが旗にプリントされているところがイギリスの国立博物館ならでは、かな?
ロゴデザインというよりは、「Army Museum」の部分に惹かれて選んでしまったSNAKEPIPE。
このロゴもデザインしたのが誰なのかを調べることができなかったよ。

 最後はこちらのロゴにしてみよう。
アメリカはテキサス州ジョージタウンにあるThe Williamson Museumである。
地域の歴史や文化を紹介し、子供の教育に力を入れている博物館みたいだね。
海外を旅行する番組で、たまに見かけるようなタイプかもしれない。
きっとご近所付き合いが盛んな地域なんだろうね。

この博物館のロゴが右の画像。
Museumの文字がなかったら、ステーキハウスでもいけそうじゃない?(笑)
実は最初に見た時、キュビズムの影響を受けたデザイナーの作品だと思ってしまった。
牛を正面や横から見て一枚に表現していて、 まるでピカソみたいだからね。
テキサスと聞いて思い浮かべるのはやっぱりカウボーイ。
ということで牛なんだろうね。
色使いも3色、と非常にシンプル。
このロゴをデザインしたのはブラジル人のNick Ramos
お住いがジョージタウンなので、地元密着型のデザイナーなんだね。
HPに載っている他のデザインもジョージタウンに関する物が多かったよ。
地元愛にあふれていることがよく分かるね!

今回は美術館/博物館のロゴ特集にしてみたよ!
ロゴのデザインそのものはもちろんだけど、博物館自体に興味を持ってしまったね。(笑)
この特集は第2弾も企画してみよう。
きっと世界中に面白そうな美術館や博物館があるだろうからね! 

【今回紹介した4人が出演しているCF特集】

SNAKEPIPE WROTE:

2017年もあっという間に4分の1が経過して、気が付いてみるとゴルフの世界で最も有名なメジャー大会、マスターズ・トーナメントの季節になってるんだよね。
80年代ニューウェーブやパンク・ロック、現代アートやサブカルチャーを得意としているROCKHURRAH RECORDSには珍しくスポーツの話題から入ってしまったよ。(笑)
スポーツ全般に全く興味がなかったSNAKEPIPEが、任天堂のゲームwiiでゴルフゲームに夢中になってしまったことがゴルフとの出会いなんだよね。
これが今から何年か前の話。

どの世界でも共通だと思うけど、実際に自分が体験すると今まで知らなかった楽しさや苦労が分かってくる。
ゲームの中で遊んでいるだけでも充分楽しかったけれど、たまたまLPGA(日本女子ゴルフ)のテレビ中継を目にしたSNAKEPIPEは、初めて実際の試合を観て更にその面白さに興味を持ったのである。
それが2015年のスタジオアリス女子オープン。
その時優勝したのは成田美寿々で、その爽やかさにすっかりファンになってしまった。(笑)
以来、毎週のようにかかさずゴルフ中継を観続けているROCKHURRAH RECORDSである。
日本女子だけでは物足りなくなり、アメリカPGAツアーゴルフ中継も同時進行で鑑賞する始末!
ゴルフ鑑賞だけで何時間かけてるんだろう?(笑)
アメリカPGAツアーは世界のトップランカーがミラクルショットを連発する、まるでマジックショーのような驚きや興奮を与えてくれるエンターテインメント!
今ではすっかりゴルファーの顔と名前が一致しているので、面白さは倍増だね。(笑)

アメリカPGAツアーは賞金額が高いんだよね。
ちなみに、2017年3月12日の段階での賞金ランキングは1位が松山英樹!
堂々の$4,449,498獲得、日本円で約5億円!
今シーズン2回優勝しているし、トップ10位以内に複数回ランクインしているからね。
平均的な日本人が稼ぐお金がいくらなのか知らないけど、半年間くらいで5億稼げる人は滅多にいないよね。
しかもまだ25歳という若さで!
優勝すると日本円で1億円以上の賞金を獲得することが多いんだよね。
アメリカを主戦場にしている日本人は他にもいて、例えば石川遼は111位で$289,059、日本円で3200万獲得している。
予選落ちが続いているはずの岩田寛ですら141位で$179,133、日本円で約2000万円獲得だって!
予選通過しただけで一般的な日本人の収入よりも多いとは驚きだよね。
ちなみに個人プレーということで、テニスの場合はどうかと調べてみたんだけど。
2017年3月6日での賞金ランキング1位はスイスのロジャー・フェデラーで$2,808,360、日本円で約3億1600万!
松山の5億には及ばないし、全体的にゴルファーの賞金ほどに稼いでいないみたいだよ。

前フリが長くなってしまったけれど、今回のSNAKEPIPE SHOWROOMは世界的に有名な男子ゴルファーのお宅を紹介してみようと思う。
ただし、世界中で大会が開催されているのでプロゴルファーともなると家が一つだけじゃないみたいなんだよね。
家の売り買いも頻繁に行われているようなので、「かつて所有していた」とか「現在売りに出ている」というような情報が混ざっている可能性大だけど、「関わりがあった」ということで良しとしよう。(笑)

年齢順に(?)最初はフィル・ミケルソンにしてみようか。
ミケルソンはアメリカ・カリフォルニア州出身、1970年生まれの46歳。
PGAツアー42勝、生涯獲得賞金ランキング2位という大ベテランである。
レフティ(左打ち)が特徴で、トリッキーなプレイをして観客を湧かせることが多い。
2016年の全英オープンでは、ヘンリク・ステンソンとの歴史に残る震えるような試合をみせてくれたね!
Wikipediaに載っていた2015年までの獲得賞金は、$77,452,710日本円で87億を超えているよ!

そんなお金持ちのミケルソンが2015年に売りに出した家というのがこちら。
カリフォルニア州ランチョ サンタフェは高級住宅地なんだって?
9200平方フィートの広さに邸宅、2つのゲストハウス、プールなどがある。(写真②)
邸宅には6つの寝室とバスルームを完備。
まるで高級レストランの厨房みたいなキッチンだよね。(写真③)
パーティにも充分対応できる広さだね!
説明書きにあった「スチームシャワー」がこの画像かな?(写真④)
ガラス張りのシャワー室の壁には美しい装飾が施されているね。

この敷地以外に5エーカーの土地があり、3ホール分のグリーンがあるという。(写真①)
さすがにゴルファーは専用のグリーン持ってるよね。(笑)
この物件は$5.725 million、日本円で約6億4千万円で売却されたという。
次に買う人もプロゴルファーか、もしくはゴルフ大好きな人だろうね。(笑)

続いてもレフティのゴルファーの登場だよ!
ババ・ワトソンは1978年生まれの38歳。
PGAツアー9勝、世界ランクの最高位は2位を記録する選手である。
飛ばし屋として有名で、ゴルフ中継の時にはいつも不機嫌そうな顔をしているので、怖い人なのかと思っていたSNAKEPIPE。
ところが昨年2016年8月にROCKHURRAHが書いた「ROCKHURRAH RECORDS残暑見舞い2016」で紹介されていたように、ベン・クレインハンター・メイハンリッキー・ファウラーと共に「Golf Boys」というグループを結成しているんだよね。
このミュージックビデオでは、ゴルファーというよりもコメディアンみたいな茶目っ気を見せているプロゴルファー達。
怖そうと思っていたババ・ワトソンの印象が変わったね。(笑)

更にババ・ワトソンは「Bubba’s Jetpack」というゴルフ場を飛行移動できる乗り物やホバークラフトをOakleyと共同開発して、乗りこなしてるんだよね!
youtubeでその様子を見ることができるんだけど、ここでもまたババ・ワトソンのイメージが変わってきたよ。
楽しいことが大好きな人なんだね。

ババ・ワトソンがどんな人なのか分かったところで、やっと物件の紹介に入ろうか。
かつてタイガー・ウッズが所有していたという0.5エーカーの敷地があるフロリダの邸宅で、すでに売却されている物件なんだよね。(写真①)
ババ・ワトソンが購入したのは2013年で、およそ3年の間に大幅な改築をしたらしい。
7つの寝室、8つのバスルームがあるという。(写真⑤)
特に力を入れてリノベーションしたというキッチンがここかな?(写真②、③)
ゲーム室(写真⑧)や劇場(写真④)まで完備されているので、ババ・ワトソンが趣味の世界を大事にしていることが分かるよね。
商売道具であるゴルフ用品をメンテナンスする部屋まであるのはさすがだね。(写真⑦)
屋外施設も充実していて、プライベートの船着場があり、アウトドア用のキッチンまであるとは!(写真⑨)
「遊び」が大好きなババ・ワトソンなんだね。
そしてこの物件は$4.2 million、日本円で4億6700万円で売却されたという。
この広さと設備を考えたらお買い得に感じてしまうね。(笑)
計算間違ってないよね?

続いては、先程紹介した「Golf Boys」のメンバーの一人であるリッキー・ファウラーに登場してもらおうか。
リッキー・ファウラーは1988年生まれの28歳。
お祖父さんが日系人ということで、4分の1は日本人の血が入っているアメリカ人なんだよね。
「田中実」とお祖父さんの名前を上腕内側に入れ墨するほど、お祖父さんのことを尊敬しているという。
プロゴルファーは家族を大事にしている人が多いよね。
試合中には完全なポーカーフェイスを貫き、 アイドル系の顔立ちに似合わない攻めのゴルフをするのが特徴。
違う色を着ていると違和感を感じてしまうほど、リッキー・ファウラーといえばオレンジ色なんだよね。
帽子や靴にもオレンジ色を取り入れて、色合わせするファッションには共感を覚えるSNAKEPIPEだよ。(笑)

リッキー・ファウラーも「Golf Boys」の時にはおどけてノリノリな様子。
試合中のポーカーフェイスが嘘みたいだよね。
元々はモトクロスのレーサーだったという。
右の画像は恐らく雑誌の記事だと思うので、少年時代から注目される選手だったんだろうね。
14歳でゴルフに転向し、ほとんど独学だというから驚いてしまうよ。(笑)
それでPGAツアー4勝、世界ランク最高位が5位だって。

今回紹介するのはリッキー・ファウラーが購入した物件ね!
フロリダのウォーターフロントにある4600平方フィートの敷地面積がある家。
ゴルフの練習もできる環境だよね。(写真①)
キッチンもすっきりしていて機能的。(写真②)
白を基調にしたシックな雰囲気の室内は、4つの寝室と5つのバスルームがある。(写真③)
リノベーションしたウォークインクローゼット。(写真④)
屋外は0.5エーカーの敷地があり、プールやリフト付きのプライベートな船着場も完備。
前述のババ・ワトソンと同じだね。
マイ・ボートを持ってるから、そのまま川に出て釣りをしたりクルージングしたり。
ゆったりした時間を過ごせそうだよね!
ちなみにこの物件のお値段は$2.85 million、日本円で約3億1700万円。
またもや「お買い得」と思ってしまったけど、本当にお値段間違ってない?(笑)

最後は昨年の年間王者に輝いたローリー・マキロイね。
ローリー・マキロイはアイルランド出身、1989年生まれの27歳。
PGAツアー11勝、世界ランク最高位1位獲得、ゴルフのメジャー選手権はマスターズ以外は全て制覇!
残るマスターズで優勝するとグランドスラムを達成することになるんだね。
ローリー・マキロイの特徴は、鍛え抜かれた肉体だね。
ゴルファーで初めて筋肉を鍛えるような雑誌の表紙を飾ったと話題になっていたっけ。
肉体改造することでゴルフも変わってきてるみたいだね。
解説の羽川豊さんは「鍛え過ぎて飛び過ぎ」と発言してたしね。(笑)

これから紹介するのは北アイルランド、ベルファストの、かつてローリー・マキロイが所有していた物件なんだよね。
ゴルフの練習場やパッティンググリーンを兼ね備え、池やテニスコートも見えるよね。(写真①)
邸宅は5つの寝室があるという。(写真②)
窓の大きなリビングは開放感があるね。(写真③)
吹き抜けになってい様子を2階から見ているってことだよね?
当然のようにジムも完備されているよ。(写真⑤)
日常的に鍛えないとね!(笑)
大スクリーンで映画やゲームかな?(写真⑥)
この物件はベルファスト国際空港から18マイル(約29km)という立地の良さもあり、似た物件より割高だという。
さて気になるお値段は?
£2.5m、日本円で約3億円!
写真①の敷地面積や室内の様子でも、3億以上の価値がありそうだと思ってしまうね。
しかもゴルフファンなら余計に気になる物件だよね?(笑)

今回はSNAKEPIPE SHOWROOMには珍しい企画にしてみたよ!
物件が気になるというよりは、プロゴルファーがどんな家に住んでいる(いた)のか、興味があったからね。
もしかしたら第二弾も企画するかも?(笑)
4月6日からのマスターズが今から楽しみだね!