狩り狩り博士(意味不明)

                   

【あとひとつ・・・】

ROCKHURRAH WROTE:

今回はROCKHURRAH WEBLOGとしては滅多にない話題だけど、久しぶりにゲームの事でも書いてみようか。
こういうのをやってるようには全然見えないが、実は過去にパンクな街でゲーム屋の取締役にまでなった事があるという、意外な経歴を持つROCKHURRAH。多芸多才な男だ(笑)。

さて、今回書きたいのはカプコンが3年ほど前に出した有名なゲーム「モンスターハンターG」について。「狩りゲー」として大ヒットしたゲームであり、現在でも違う機種でさまざまなヴァージョンが出ているアクション・ゲームだ。
ゲームをやってる人にとっては「何をいまさら」という古いゲームで、かなり懐かしい話題だろうが、ROCKHURRAH RECORDSのサイトでも謳ってるように「懐かしいとか再評価ではなく」現在進行形で語ってみよう。

一応知らない人のために説明しておくが、このゲームはプレイヤーが制限時間内に「クエスト」と呼ばれる依頼をこなしてゆき、進行する。
最初は例えば「40分以内にキノコを7つ取ってきて」などという内容で、フィールドで出かけてゆき、あちこちに生えてるキノコを探したりするわけだが、慣れてくると余った時間で他にも色々と隠されている素材を入手したり、要するに時間内に何をやっても構わないという行動の自由がある。極端な話、クエストは成功しなくてもその時間を使ってアイテム探しなども出来るわけで、その辺の自由度の高さは好みだと言える。

最初はロクな武器も防具も持ってないプレイヤーだが、そういう風に手に入れた素材を元に自分の装備ををパワーアップさせてゆき、ある程度になったら上の写真にあるような「飛竜」と呼ばれる大型のモンスターを討伐する事になる。

これからが本番なんだが、ただ闇雲にかかっていってもあっという間に負けてしまうくらいにこのモンスター達は一様に強くてずる賢い。武器や防具はそのうちどんどん強くなるがRPGのように自分の体力が増えるわけではない。結局は自分の技量に負う部分が大きい、という難易度の高さを克服して、生態とか特徴、弱点を観察してアイテムを駆使した作戦によってこれらを打ち負かすのが醍醐味のゲームというわけだ。
にしても一対一のガチンコ勝負というわけでもなく、理不尽すぎる部分が大変に目立つな。

このゲームはオンラインに繋いで何人かでひとつのクエストをこなすモードがメインのようだが、ROCKHURRAHは協力者もいないオフラインのみの環境だ。

いやはや、時間制限はあるし通常のアクション・ゲームのように「一時停止」して一休みなど甘い部分は全くない。飛竜は動物だから気を抜いてたら突然襲ってくるし自分が不利になったら逃げてしまい、時間内に探し回るのも大変、という具合でこのサバイバルな感じがたまらない緊張感を生む。

動物愛護の人や残酷嫌いの人にとっては言語道断な内容であり、ゲームの中の残酷表現が悪影響云々、というような観点からは全く推奨出来ないけども、やってる側から言わせてもらえば、この程度のファイティング・スピリットも持ってないようじゃいかんでしょう日本人、と思う。ゲームで培ったスピリットが実際の何かに役立つかどうかは置いといて。

「ゼルダの伝説」シリーズ以外のゲームを近年やってないROCKHURRAHはこういうアクション・ゲームの現役とは全然言えなくて、それぞれのクエストに苦労しながらもほぼ全ての討伐を終了。誰もが苦労する最初の難関、リオレウス討伐には大層時間がかかったが、その辺で何か開眼したらしく、もっと難しいモンスターもその後はそこまで大変ではなかった。

通常のクエストはそんな感じで(時間はかかったが)ほとんど終了したもんだから、現在は今まで挑戦しなかった「訓練所モード」というのをやっつけてる次第だ。

これは通常のクエストと違い、武器や防具があらかじめ全て決められて(防具なしの裸なんてのもあり)いて、アイテムは全て現地調達という過酷な条件でやらなくてはならない。
さらに通常のクエストならば自分の得意武器だけ出来れば何とか済むのだが、この訓練所は全ての種類の武器を扱えない事には全部クリアが出来ない仕組みになってる。
それまでボウガンを使った事がなかったROCKHURRAHもこの訓練所のために急遽ボウガン練習に励んだり、その努力はほとんど苦行に等しいものだが、その理不尽さに怒りながらもかなりの速度でクリアしていった。横で見ていたSNAKEPIPE(釣りと肉焼き担当)も感心するほど。

遂に「ガノトトスの片手剣」というひとつのクエストさえ出来れば訓練所も完璧、それがクリア出来た暁に通常モード最後の隠しクエストが現れるというところまでたどり着いた。やった事ある人ならば上の写真でわかってもらえよう。

ガノトトスは平たく言えば20メートル以上の巨大なピラルクに足の生えたような魚の形をした飛竜(飛ばないし竜にも見えないが)だ。とにかくでかいのと攻撃力が異常に高いのだけが取り柄のような知能も低そうなヤツなんだが、通常モードでは過去に勝った相手にもかかわらず、クエストの難易度という点でも最高というわけでもなく、なぜかどうしてもどうしてもこれがクリア出来ないのだ。

結局、飛竜の生態や攻撃方法は多種多様で個人の得手不得手という「相性」もあるが、そういう点でガノトトスはROCKHURRAHの天敵と言える。どうしても苦手意識が付きまとった戦いになるのに加えて、このクエストは防具なしの裸での勝負となる。わずか2回踏まれたり当たったりすれば必ず負けてしまうという状況で一体どうやって勝つものか?攻略法は知ってるつもりだが、それでも勝つ事が出来ないありさま。もしかしたら単に人よりちょっと鈍いだけなのかも、という気がしないでもないが、これに苦しんだ人も数多い事だろう。

まあ今までのクエストもどうやったら出来るんだ?ってな状況でも何とかクリアしていったわけだから、現時点では出来なくても、もうすぐ訓練所卒業出来るのは間違いないけどね。その暁にはSNAKEPIPEとこんがり肉Gでも焼いて祝宴する事にしようかな。

 

★追記「大タル・ブレイクアウト」★
(Sham69の名曲「Borstal Breakout」にちなんで)

などと書いていたらその日のうちにあっさり「ガノトトス片手剣訓練」を唐突にクリア出来てしまった。まさに唐突にトトス。何かのはずみとまぐれが重なったらしい。やれやれ、ここまでの長かったことよ。

今時これやってる人は少ないとは思いつつも、あまりのうれしさに書いてしまう。結局、落とし穴作戦が序盤で見事に失敗。武器によるジャンプ斬り&離脱を繰り返し、麻痺剣デスパライズ効果でガノトトスが痺れたら腹を狙って・・・というセオリー通り。やり方はわかってても思い通りにいってくれないのが常なんだが、時間切れまであきらめずにやったのが勝因か。
このゲーム見た事ない人にはまるっきりわからん内容だったが、これでめでたく訓練所卒業と相成ったわけだ。
ちなみにここまでクリア出来て最後の隠しクエストは出現したわけだが、ちょっと姿を見てビックリのヤツだった。これは邪魔も少ないし案外すぐにクリア出来そう。

とにかく新年そうそう ROCKHURRAHも縁起がいいね。調子に乗って祝勝セールはやりませんので悪しからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。