売る気があるのかどうか

                   
拡大/縮小
拡大/縮小
拡大/縮小
拡大/縮小
拡大/縮小
拡大/縮小
拡大/縮小
拡大/縮小
拡大/縮小

【クリックで飛び出すよ】

ROCKHURRAH WROTE:  

前々回のブログでROCKHURRAH RECORDSの新ショップを発表したんだが、まだまだ旧商品を全部移行して、さらに未発表分の商品登録・・・というところまで行ってない状態だ。

特に難しい事をやってるわけじゃないけど、人様に物を売ろうというつもりだったら多少はマメで緻密な作業とかもこなさなきゃならないから、やっつけ仕事じゃ情熱が伝わらない=多少は時間がかかるというもんだ。

今回はそんな事から思いついたわけだが、人様に売ろうという気があまり見受けられないレコード・ジャケット特集、「顔」編。

顔をジャケットにするのは内外のアーティスト、アイドルを問わずレコード・ジャケットとしては基本とも言えるが、中には少しばかり変わった感性のジャケットを作る輩もいて気が抜けない。 ROCKHURRAHはそこまで珍妙なジャケットは持ってないから少し苦しい話題ではあるが。  

世間にはもっと面白くて商売っ気のないジャケットは多かろうけど、取りあえず自分の持ってる商品(すでに品切れもあるが)だけで書いてみよう。

尚、商品ページへのリンクは旧ショップとなっているが新ショップでもすでに登録済みのもあるので、出来ればそっちで調べてみて下さい。

註:全て新ショップへのリンクに変更しました。

以下、上のサムネイル写真を一枚ずつクリックしながら読んで下さい。  

1.Wild Billy Childish And The Blackhands
南方の民芸品屋とかにありそうなまじないの仮面だが、この程度なら今時大したインパクトではないか。

ビリー・チャイルディッシュはミルクシェイクス、マイティ・シーザーズ、ヘッドコーツなど数々の別バンドをやっていたガレージ・ロックンロールの奇人。このブラックハンズ名義の時はジャケットよりは「アナーキー・イン・ザ・UK」のチンドン屋カヴァー・ヴァージョンが凄い。
売り切れ 商品ページ  

2.The Brilliant Corners
コラージュ系と言うべきか。売れそうにないって程のジャケットではないが半開きの口と目つきが怪しく意味不明。

ブリリアント・コーナーズは解散したけどギターポップの華やかで爽やかなバンド。
売り切れ
商品ページ

3.Skids
一見普通だがこの顔が30センチのジャケットでアップだと結構インパクトある。ほぼ実寸大かな。

スキッズのラスト・アルバムは簡単に言えばスコットランド(おそらく現代ではない)の小作農っぽいテーマのアルバムで、農村ニュー・ウェイブの先達となった作品(なわけないか)。
まだ登録前  

4.Luc Van Acker
これは「ブラックジャック」のピノコにおける「あっちょんぶりけ」のポーズだね。顔が云々と言うよりは全身泥まみれで沼地を這い回ったような形跡が裏ジャケにもあって、一体何を表現したいんだかわからない人。同じ「這い回る系」なら亀人間になってしまったジュリアン・コープの2ndアルバムの方が吹っ切れているんじゃなかろうか。

リュック・ヴァン・アッカーはベルギーのインダストリアル系ミュージシャンで、後のレヴォルティング・コックスのメンバーとしても知られているナイスガイ(死語)。
商品ページ

5.Virgin Prunes
本当は裏ジャケの「ほぼゾンビでしょう」という写真の方がすごいんだが、おそらくジャケット写真用のモデルではなくてメンバー本人。

もしかしたら普段着、いや普段顔かも。というくらいにヴァージン・プルーンズは異教、邪教っぽいアニミズム溢るる演出が得意だった。

80年代前半のポジティブ・パンクがブームだった頃はこんなのが街中にごろごろいたという異形の時代。
商品ページ  

6.The Boys Next Door
これはジャケット写真の出典がわからなかったんだが昔のホラー映画とかなのか?メンバーの顔じゃないのは確か。かなり気持ち悪いのは確か。

後に全く同じメンバーでバースデイ・パーティとなるオーストラリアのバンド。ニック・ケイブのルーツですな。
商品ページ  

7.The Brigade
ウチの通販ページにも書いてある通り、こりゃひど過ぎって思えるくらいにいいかげんでぞんざいなジャケット。こんな柄のTシャツあったらファンなら買うのかね?

一応仲良し三兄弟パンク、ユース・ブリゲイドのなれの果てなんだが、今回の顔特集の中ではダントツに売る気がなさそうなジャケット。
商品ページ  

8.Ritual
これまた阿羅漢っぽい人々の苦悩っぷりがすごいジャケットだな。日々の修業が全然なってないのだろう。節操がない拙僧。

リチュアルもヴァージン・プルーンズなどと同じくポジティブ・パンクの範疇にあるバンド。この曲はコード進行とかも破綻していて凄い出来で気に入ってたけど、遥か昔にもう売れてしまったシングルだ。 売り切れ  

9.Nightmares In Wax
最後は気色悪さ全開のこれ、気弱な人は拡大しないで下さい。

ナイトメアーズ・イン・ワックスは知らない人も多かろうが、デッド・オア・アライブ以前にピート・バーンズがやってたリヴァプールのバンド。
商品ページ  

適当に選んでみたけどそこまでインパクト強いのはなくて企画倒れだな。

ジャケットの顔がヘンでも売れるものは売れる(例えば「クリムゾン・キングの宮殿」とか)、案外みんな買う時には気にしないのかもね。

ROCKHURRAHももっと修業してぞんざいなジャケット探してくる事にしよう。

One Comment

  1. Pingback: Joy【LP】/Skids | ROCKHURRAH RECORDS ONLINE SHOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です