映画の殿 第09号 バッド・アス  ジャスティス・リターンズ

                   

【Bad Assesの2人のじーさん達!勇ましい姿に応援したくなるよね!】

SNAKEPIPE WROTE:

TSUTAYAに行って何気なくDVDの背表紙や面出しされているパッケージを見ていると、ふとある一枚に目が止まった。
あれ?これダニー・トレホに似てるじゃない?
手に取ってみると、やっぱりトレホ!
そして映画のタイトルは「バッド・アス ジャスティス・リターンズ(原題:Bad Asses 2014年)」って、まさかあの「バッド・アス」の続編ーーーっ?
じっくり裏面を読んでみると、間違いない!
「うわー!大変ーーー!」
横にいたROCKHURRAHに向かって叫んでしまったSNAKEPIPE。
やっぱりあの「バッド・アス」の続編ができてたんだね。(笑)
ダニー・トレホのファンなのに、こんなビッグ・ニュースを知らなかったとはファン失格!
早速レンタルして帰ったのである。

ではここで「バッド・アス ジャスティス・リターンズ」のあらすじを書いてみようか。

かつて“バッド・アス”というヒーローとして街の悪を退治したベトナム帰還兵のフランク。
今は外出恐怖症のコンビニ店員のバーニーという親友もでき、ボクシングジムのオーナーとして平和に暮らしていた。
しかしある日、ボクシングジムの教え子が何者かにより殺されてしまう。
犯人が麻薬組織の一員だと知って怒り狂った彼は、情に厚いバーニーと最強タッグを結成し、報復を決意。
“Wバッド・アス”となった2人は組織へと乗り込んでいく!

前作「バッド・アス」のラストで念願だった警官になり、バッジを手にした時から3年が経過し、フランク・ベガはボクシングジムのオーナー兼指導者として生活してるところから話が始まるんだよね。
確か40年間もホットドッグの屋台で働いていたはずなのにね?
主演しているのがダニー・トレホだから、この設定には何の疑問も持たないけど。(笑)
マッチョな肉体、後ろで1つに結んだ黒髪、見事なタトゥーなどダニー・トレホの特徴は健在で、ファンとしては姿を見られるだけでも嬉しいのにまた主役だもんね!
強くて優しい正義漢という役どころはよく似合ってるよ。

あらすじの中に「外出恐怖症の親友」とされているバーニーを演じているのは「リーサル・ウェポン」シリーズでお馴染みのダニー・グローバー
おおっ、「Wバッド・アス」だし、「Wダニー」だにー!(笑)
病気を患い、更にメンタル的にも弱くなっているせいで外出恐怖症になっているみたい。
そのためなのか、最初は親友とは言ってもただの偏屈じーさんにしか見えない役だった。
フランク・ベガを助けるところから、キャラクターが急変!
その変化の面白さのために、偏屈じーさんを演じていたんだろうな。

SNAKEPIPEが一番喜んだのは、2人のじーさん達が戦いに挑むために気合いを入れて着替えるシーン。
フランク・ベガは「I AM A MOTHERFUCKER」Tシャツ、白いソックス、黒い帽子、ウエストポーチにウッドランド迷彩のM-65。
バーニーはアディダスの緑色のジャージ上下にプーマのスニーカー、リストバンドとヘアバンドはラスタカラーで統一!
これが2人のユニフォームであり、今から行くぜ!という武装スタイルということになる。

最近はシニアの方々も健康で活発だから、いろんな場所でアウトドアスタイルでバッチリ決めているのを見かけるけど、フランクとバーニーみたいなカッコ良いじーさんは見たことないな。
そこら辺の「ファッションだけアウトドア」系なんてへなちょこ。
特にダニー・トレホはその道の本物(?)だった人だから迫力と存在感が違うよね。(笑)

フランク・ベガは、今回も暴れる、暴れる!
前作で一番痛かったのはディスポーザーのシーンだったけど、今回はフランクが手にしている扇風機!
ひゃー!何が始まるんでしょ!
怖いよ、痛いよー!
他にもナイフの柄でグリグリ、とか「あんな場所」をプスッとかいろいろ痛いところはあるんだけどね。(笑)
正義のために悪を打つ!
ダニー・トレホには残酷シーンが似合うよね。

やってばかりじゃなくて、やられることもあるんだけど。
このシーンで注目なのは、やっぱり吊るされてる肉塊だよね。
本筋と関係ない、単なるSNAKEPIPEの興味か?(笑)
だってフランシス・ベーコンデヴィッド・リンチを思い出しちゃうからね!
冷凍庫でこんな目に遭っても、無理のない設定で回避するところはさすがダニー・トレホ!(笑)
今回はiphoneのメッセージが画面に出てきたり、アプリを使ったりする場面もあって、まさに「今」なんだなと感じたよ。
なんだか時代遅れの人みたいな言い方になってしまった。(笑)

いつの間にか製作されていた「バッド・アス2」を発見することができて良かったなあ!
我らがダニー・トレホは70歳だけど現役でアクション俳優だもんね!
ただのアクションだけじゃなくて、今回はダニー・グローバーが加わったことにより、老人ギャグとでも言うのか、シニアをネタにした笑いも含まれていたのも良かった。
どうやら「バッド・アス3」も計画されているみたいだから、とても楽しみだよ。
また「Wダニー」で頑張って欲しいよね!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です