ゲッタを鳴らして奴が来る~

                   

liquid【リキッドルーム、トイレ内で撮影したライブポスター】

SNAKEPIPE WROTE:

「そろそろライブ行かない?」
と友人から誘いがあったのは先月のことだったろうか。
前回のライブはいつだったのか思い出せないほど、久しぶりのような気がする。
調べてみると5月の「MOSH BOYZ」以来!
なんとびっくりなことに約5ヶ月ぶりである。
足元はゲッタグリップでしっかりと固めて、いざ出陣!
お、なんとROCKHURRAHもゲッタ履いてる!
やっぱりライブは気合入れないと!(笑)

そして9月28日、向かうは恵比寿リキッドルーム
この会場は名前だけは前から知っていたけれど、実際に行くのは初めて。
恵比寿駅からはそんなに遠くない、広い会場だった。
今回のライブはそのリキッドルームの移転4周年を記念したライブとのこと。
出演バンドも豪華!(笑)

出演バンドとしてロマンポルシェ。の名前があり、
「一体彼らは何をやるんだろう?」
と疑問に思っていた。
その存在はかつて愛読(?)していたTVブロスでの連載を読んでいたり、前に新宿ロフトのライブで掟ポルシェがDJやってたこともあるので、存在は知っていたけれど。
そしてそのロマンポルシェ。からライブがスタートした。
中央に立つ掟ポルシェ、左側にロマン優光が機材担当で並ぶ。
音は80年代打ち込みテクノ風、そこに独特の歌詞で掟ポルシェが熱唱。
ロマンポルシェ。はライブ、というよりはパフォーマンス、の言葉のほうが合ってるのかもしれない。
曲の間に入るMC、というよりは喋りのほうが主体だったような?
ネタも政治問題、女性雑誌anan、野球、とかなり幅が広い。
結局何がやりたいのかSNAKEPIPEにはイマイチよく分からなかった。
そしてこのロマンポルシェ。のパフォーマンスのために、恐らくかなり音響が乱れたようだ。(と、後になって思った)

ロマンポルシェ。の後、DJとして登場した怒髪天の増子兄ィ。
パンクのライブ会場では滅多に聴くことがないであろう曲のオンパレード!
タケちゃんマンのテーマ、与作、笑点のテーマ、クリスタルキング「大都会」の時にはド派手なアクション付きで歌ってみせるほど。
きっと一番楽しんでいたのは増子兄ィ、本人だったと思う。(笑)
相変わらず元気でよく喋る、喋る!
ロマンポルシェ。の時よりも「やんや、やんや」とにぎわっていた。

続いての登場はBATTLE OF NINJAMANZ。
このバンドも、千葉ルックでヴォーカル・柳家睦がDJとして登場したのは何度か観た(聴いた)ことがあるけれど、ライブは初めて。
MUTSUMIのDJスタイルも前述の増子兄ィとほとんど同じ。
和田アキ子、浜田省吾などを歌いながら紹介していたのを思い出す。
さて、ライブは?
一曲目、かなりノリがいい音で期待!と思いきや・・・。
ロマンポルシェ。の時に少し書いたように、高音が響き過ぎのひどい音響で、低音がよく聞き取れない。
サイコビリーでは重要なはずのベースの音、聞こえないよー!
きっとロマンポルシェ。用の音響のままスタートしちゃったような?
あれではバンドがかわいそうだ。
しかも今回はNINJAMANZの撮影が予定されていたらしいけど、会場が広かったせいか、お客さんのノリがいまいちでサイコビリーでは恒例のパンチ合戦もほとんどなし!
DVDになっても観客のほうが映ってない映像かな。(笑)

そしてまた増子兄ィのDJタイム。
かなり酒も入っていたようで、また会場を笑いの渦に巻き込んでいた。
もしかして、一番盛り上がっていたのは兄ィの時か?

そしてラスト、ラフィンノーズ
前回ラフィンを観たのが「MOSH BOYZ」の時で、この時にギター・KASUGAの後任としてベレーが入ったことを知る。
そしてその時のブログに書いたけれど「GET THE GLORY」のギターソロでまさかのミス!
あの時から5ヶ月が経過。
果たしてベレーのギターはどのように変化しているのだろうか?
ん、むむ?
NINJAMANZの時と同じようにまた音響がヘン!
ま、それでもさすがはラフィン、盛り上げ上手なので会場はものすごい盛り上がり。
ダイブをする人もだいぶ増えて(ぷっ)いつものライブの様子になってきた。
「MOSH BOYZ」の時にも見かけた白髪に雪駄の男性もダイブしてたし!
お客さんに支えられるように前のめりになり、両手を水平に上げライトを浴びたチャーミーが、まるでキリストのように見えたのはSNAKEPIPEだけだろうか?(おおげさ?)
そして定番のラスト、GET THE GLORY。
うーむ、やっぱりベレーのギター、おかしいよ!
音響がヘンなのを差し引いても、進行狂ってないか?
そりゃ、パンクバンドだから?なんでもアリでいいんじゃない?とも言えるけど、やっぱりGET THE GLORYはちゃんと聴きたい!
ちょっと物足りなさを感じてしまったSNAKEPIPEである。
恵比寿リキッドルームの構造が「ひな壇」のようになっていたので、一番後にいても、ちゃんとドラム・kyoyaの顔や動きまで見えたのは良かったけど。

帰り道におまけネタが。
電車を乗り換えようと戸口付近へ移動しようとした時、ROCKHURRAHの後にやや急ぎ気味で同時に移動しようとしている人影があった。
先に行ってもらおう、と体をよけようとした瞬間見えたのが「首」。
なんとその人物は首にまでTATTOO!
おや、このTATTOOには見覚えが・・・あっ!
なーんと、LINK13のTEZUKA氏じゃん!(笑)
同じ電車に乗ってた、ということは同じライブに行ってたのかも?
それにしても電車で見るTEZUKA氏、でかっ!
ROCKHURRAHに教えようとして
「ほら、あそこにTEZUKA!」
とささやき声で言ったつもりだったけれど、ライブ後、耳が遠いから声が自然と大きくなるんだな。
TEZUKA、と言った瞬間、TEZUKA氏本人がこっち見たーーー!
目が合っちゃったよーーー!こわーーー!(泣)
「TEZUKA・・・さん!」
と慌てて「さん」を付けたSNAKEPIPE。(笑)
黒づくめで帽子にメガネ、とライブの時とは全然雰囲気の違う変装スタイルだったけど、首までは隠せなかったね!
TEZUKA氏、また千葉ルックでライブ企画お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です