Gerhard Richter Painting展 鑑賞

                   

【ゲルハルト・リヒターの真っ黒な作品に写り込んだSNAKEPIPE】

SNAKEPIPE WROTE:

先週の「村上隆 五百羅漢図展 鑑賞に続き、今週も展覧会に関するブログをお届けしようと思う。
ブログは2週に渡ってるけれど、実際には2日連続で六本木に馳せ参じることになったSNAKEPIPEなんだよね。

今回鑑賞したのはワコウ・ワークス・オブ・アートで開催されているゲルハルト・リヒターの新作展!
ゲルハルト・リヒターといえば…。
2014年8月の「「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」鑑賞」の時にも「衝撃的だったアーティスト」として記事にしていたね。
サザビーズのオークションで生存する画家の中で最高額を記録した「現代絵画の最高峰」とされるリヒター。
その新作が日本で初公開だよ、とROCKHURRAHが教えてくれた。
これは是非とも行かなければ!(笑)

ワコウ・ワークス・オブ・アートは方向音痴のSNAKEPIPEでも迷わず行かれる場所にあった。
麻布警察署の裏手、といった所。
表に立っている警察官に道を聞かなくて良かった。(笑)
ワコウ・ワークスがあるピラミデビルは、バブル時代を感じさせるような懐かしい雰囲気。
こういうビルは大好き。(笑)
アート系のギャラリーが多く入っているのも良いね!

いよいよゲルハルト・リヒター展へ。
数人のお客さんが入っている。
美術館ではなく画廊のため、作品に近寄ってはいけない白線がない!
監視員もいない!(笑)
当然触ることはしないけれど、かなり近寄ってじっくり作品を観ることができるのは素晴らしいよね!


入場は無料、そして撮影もオッケーみたい。
みたい、というのは断ったわけではなくて、他の人達が撮っていたから。
当然のようにSNAKEPIPEもROCKHURRAHも撮影しちゃったよ!
リヒターの作品を実際に観たのはヤゲオ財団の時だけだったので、今回の作品はサイズが小さめだなと思った。


正面から、横からとじっくり鑑賞する。
何重にも塗り重ねられ、ものすごく絵具が厚い部分もある。
塗って、こそぎ落として、また重ねてって感じなのかな?
不調和の中の調和とでもいうのだろうか。
カラフルな洪水のハーモニー。(←陳腐な物言い)
抽象画家で「好き!」とはっきり言えるのはマーク・ロスコに続いて2人目かな!(笑)


「アラジン」という、ガラスにラッカーを使用したシリーズも日本未公開作品が展示されていたよ。
ガラスだから表面がつるつるに光っていて、その光沢がまた良いんだよね!
ただし写真に撮りたい時には反射するから難しいんだけど。
こちらも色がくっきりしていて素敵なの。
3点くらい並べて部屋に飾りたいなあ。(笑)


こちらも「アラジン」シリーズね。
緑色の辺りが反射しちゃってるけど許してね。(笑)
この色合いがまたっ!
今年83歳になるゲルハルト・リヒターだけど、今回展示されていたのって最近の作品なんだよね。
年齢や創作意欲の衰えを全く感じさせない、ほとばしるパッションを感じたね!
あはは!パッションだって!(笑)


最後は「オーバー・ペインテッド・フォト」というスナップ写真の上に油彩やエナメルで描いている作品ね。
上の画像で少しは分かるかな?
この「オーバー・ペインテッド・フォト」は、なんでもないスナップ写真を劇的にアートな作品に仕立ててしまうところがすごいの!
今年の作品も展示されていたよ!
「リヒター、やるなあ」
とROCKHURRAHと語り合っていたSNAKEPIPE。(笑)

こんなに素晴らしい展覧会を、しかも無料で企画してくれたワコウ・ワークス・オブ・アートに感謝だね!
今度は作品購入の相談に伺いますから!(うそ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です