ライブは手ぶらで

                   

【ライブ用に制作したヒップバッグ。SNAKEPIPE私用バージョン】

SNAKEPIPE WROTE:

とんと最近ご無沙汰だったのが、ミシンを使った制作である。
夏は暑いし、短い秋は夏の疲れが出た、などと言い訳してる間にすっかり冬になってしまった。
去年も「PRESENT 4 U!」として記事にしたように、11月に誕生日を迎える友人知人を多数持つSNAKEPIPE。

去年は手編みの帽子を送った方には揃いのマフラー、とも考えたけれど帽子ほどには自信がない。(笑)
冬本番を前にしたこの季節なので、やっぱり防寒モノを考えることにした。
で、結論はウサギの毛皮のベスト。
裏地にはより暖かさを増すようにフリースを使用。なかなかの出来に満足だ。
ただ毛皮も裏地も黒で、写真にしてもイマイチ分かりにくいため今回は撮影しなかった。

モヒカン・ドクロを革素材でTシャツにあしらったプレゼントを渡した友人には財布を制作。
今回は彼が大ファンの「あるバンド」のトレードマークをリキテックスで自ら描いた革を使用。
著作権の問題がありそうなので、こちらも撮影はなし。(笑)
ファンが革ジャンに描いてると思えばそんなに気にしないでイイのかな?

と、11月に入り急にミシンを踏む機会が増えたことがきっかけになり、先週のライブには久しぶりにヒップバッグを自作。
このバッグ、本当に腰に付けるの?というくらい横幅が広い。
普通のバッグとして使用するにしても大き過ぎるくらいである。
何故こんな大きさにしたのかには理由がある。

ROCKHURRAHもSNAKEPIPEも手ぶらでのお出かけが基本。
ヒップバッグを付けたり、ポケットを利用することがほとんどだ。
ところがせっかく身軽な服装で行ったのに、入場する際にフライヤーやライブハウス発行の小冊子などを受け取り、扱いに困ることが多いのである。

そう、今回制作のウエストバッグはその不満を解消するためのもの。
A4がきっちり収納できるサイズである。
しかもほとんど邪魔にならずにライブに専念できるし。
はい、確かにデカ過ぎですが。(笑)
冬物らしく一枚革のウサギを大胆に使い、ちょっとゴージャスにしたところがポイント。
パッと見るとまるでモモンガが腰にいるように見えるところもお洒落!(笑)
大層満足なSNAKEPIPEである。

金曜日の夜から制作を始め、土曜日のライブに間に合わせた根性!(笑)
やればできるじゃん!
この調子でプレゼント用に購入したウサギの毛皮の残りを使った制作や、以前購入した革を使った制作を始めていきたい。
ショップで販売してたヒップバッグも完売御礼!
また新しく作らないとね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です