祝!ROBINワンマン参戦!

                   

【毎度お馴染み!ライブポスター写真】

SNAKEPIPE WROTE:

喉が痛い。
2年ごしで待ちわびていたROBINのワンマン・ライブで一緒に歌い、叫んだせいである。
ところは下北沢シェルター
5月5日の「REAL PUNK GENERATION」に行った時にものすごい混雑ぶりに辟易していたので、かなり心配しながらの参戦。
「サイコビリーがいっぱいいて危険かも」
とのROCKHURRAHの忠告もあり、かなり早い時間から開場を待つ。
なーんと1番で入ってしまった。(笑)
予想に反してサイコビリー系のお客さんが少ない。
服装と音楽ジャンルが一致していない人が多いのが意外だった。
「見事な赤モヒカン」は1名のみ。(笑)

客入りが遅かったせいか、開演時間が非常に遅い。
30分近く遅れての開演に会場は焦れて沸騰寸前である。
ついにROBIN登場!
おや?!
ヴォーカル&ギター担当HIROSHIがなんと丸刈りになってる!
あの体格でTATOOに丸刈り、細い眉毛だからギター持ってなかったら違う商売の方みたい。(笑)
ベース&ヴォーカルのヤスはホラーな化粧をして病的。
サイコビリーっぽくなっていた。
だんだん汗で落ちて「人が良さそう」な顔に戻ってたけど。(笑)

1曲目、新譜からの「DEAD OR ALIVE」でぐちゃぐちゃのパンチ合戦が始まる。
狭いシェルターの3分の2くらいの面積が波になって揺れていた。
ほぼ全曲こんな感じでノリノリ!
新譜からは全曲演奏、アンコール3回も合わせて30曲以上を聴かせてもらった。
さすがにワンマンだけあって、あまり普通のライブでは聴けない曲(例えばRED HOTとか)や昔の曲も演奏し、大満足。
楽しみにしていたLARKSのカヴァー「MAGGIE MAGGIE MAGGIE」をやっぱり今回も聴けなかったのは残念だったけど。
全体にバランスの良い、ものすごく出来のいいライブだったと思う。

途中、客同士のケンカがあり、二人がつかみ合いになった。
何度かそういう光景が繰り広げられて、なんと演奏を中止したメンバーのHIROSHIが客席に降りて仲裁に入る、なんていうアクシデントもあった。
ビデオ撮影をしていたようなので、この様子がいつかライブDVDになるのかな、と思ったり。(笑)
エキサイティングなステージにプラス効果になったように感じた。

それにしてもシェルター側がだらしない。
バンドのメンバーが演奏に専念できるような工夫や配慮に欠けている。
もう少しやり方あったんじゃないかな、と思った。

まだ2007年は5ヶ月しか経過してないけれど、SNAKEPIPEの今年一番のライブはこの「ROBIN ワンマン」に決定!(笑)
最高のステージを楽しませてもらった。
またROBIN行きたいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です