収集狂時代 第7巻 Chanel編

                   


【シャネルといえばマリリン・モンロー。No.5は有名だよね】

SNAKEPIPE WROTE:

2016年10月にまとめた「収集狂時代 第6巻 Louis Vuitton編」がとても好評だったので、また別のブランドでコレクターズアイテムを探してみることにした。
今回特集するのはなんとシャネル
そう、あの「おシャネル」である。(笑)

SNAKEPIPEとシャネルの思い出は、ほとんどないなあ。
昔昔、ありとあらゆるお稽古事に飽きてしまい働くことにした、という社長夫人と一緒の職場になったことがあり、その女性からシャネル製品をプレゼントされたことがある。
「C」が組み合わさった、シャネルのロゴマークのイヤリングだった。 
せっかくプレゼントもらったのに大変申し訳ないけれど、SNAKEPIPEには全く似合わなかったんだよね!
一度も着けないまま、人に譲ってしまったっけ。 
SNAKEPIPEの中では、シャネルというのは上品で洗練された大人の女性が好み、当然目ん玉が飛び出るくらいの高額品なので、相当なお金持ちが買うことができるブランドというイメージ。
メンズライクな服装や装飾品を好むSNAKEPIPEとは正反対だもんね!(笑)

そんな気品あふれる世界的に有名なブランドであるシャネルに、前回特集したヴィトンに匹敵するようなコレクターズアイテムなんてあるのかしら?
半ば期待せずに検索を始めたSNAKEPIPE。
予想に反してすぐに目を疑うような画像が次々と現れる。
え?うそ?本当にシャネル?
シャネルにもコレクターズアイテム、あるんだ!(笑)
早速紹介していこうか!

一番最初に目に入ったのが、このギター!
「CHANEL VINTAGE GUITAR」と名付けられたギターなんだよね。
ギターのヘッドとボディの裏側にシャネルのロゴがある。
ロゴ入りピックと調整可能なギターストラップ、ギターケースもセット。
ヴィンテージなだけあって、新しくシャネルがどこかの楽器メーカーとコラボして作った商品じゃないんだね。
だからこそ限定コレクション!
これはコレクターにはたまらないんじゃないかな?(笑)
さて気になるお値段は?
実際に販売していたサイトに書いてあったのは$27,500、日本円にすると約300万円!
アクセサリー代わりに下げて歩く?
オブジェとして部屋に飾っておく?
実際に演奏して見せびらかす?(笑)

これもシャネル商品なんだよね。 
そう、自転車ね!
世界でなんと50台しか作られていないという限定コレクション。
ハンドルやサドル、チェーンカバーにレザーが施されているのが分かるよね。 
いかにもシャネルというレザーのキルティングは手作業で加工された模様。
更に荷台部分には両サイドにシャネルのロゴ入りバッグが配されている。
これは取り外してショルダーバッグとして使用可能とのこと。
自転車そのものには特徴ないけど、「シャネルの自転車」というだけでいいんです!
これはコレクター魂に火をつけるだろうなあ。(笑)
さて、気になるお値段は?
MSRP of $17,000、 ということは希望小売価格日本円で約188万円!
世界の50人のうちの一人になるんだから、この値段も納得だよね。
この自転車乗って買い物に行く時は、盗難に注意だね。(笑)

♫ブーメラン、ブーメランきっとあなたは戻ってくるだろお〜ぉ〜♫
えっ?この曲知らない?
西城秀樹の「ブーメランストリート」 (1977年)よ!
この画像を見て、一番最初に頭に浮かんだのがこの曲。
同じように思った人、多いんじゃないかな?(笑)
他に思い出すのは、任天堂のゲーム「ゼルダの伝説」で主人公リンクが使用する武器としてのブーメランね。
ROCKHURRAHが苦労しながら操作してたっけ。(笑)
そして、この画像のブーメラン、しっかりシャネルのロゴ入りなのよね。
シャネルがブーメラン!
ブーメランとは本来は狩猟や儀式で使用されていたという記述なんだけど、何故エレガントなシャネルで販売しているんだろうね? 
シャネルはアボリジニの文化を流用して利益を得ている、などと非難されている記事も発見したけれど、ブーメランってアボリジニ固有のデザインなの?
最近は非難や批判をネット上で繰り広げる様子が多く見受けられて辟易しちゃうね。
ネットだから言うんだろうなあ。
本気で考えてるなら、全財産投げ打って寄付でもしたらよかろうもん?(使い方がおかしい)
さてさて、シャネルのブーメランね。
お値段は$1,325、日本円で約15万円也!
さあ「ブーメランストリート」歌いながら、シャネルのブーメラン投げて遊ぼう!(笑)

これはもしや買い物カゴでは?
2014年、シャネルのコレクションはショッピングセンターをテーマにしていたそうで、こんな商品も販売されていたんだね。
カゴは5円玉と同じ素材である黄銅製、巻きつけてあるのはカーフスキンレザーだという。
実はこの画像のカゴの中身もシャネルの商品なんだよね。
「lait de Coco」と文字の入った牛乳パック型のバッグ($4,800、日本円で約53万円)とお肉のトレイにラッピングされたピンクのバッグ($3,600、日本円で約40万円)。 
そして買い物カゴは$12,500、日本円で約138万円也!
うひゃー!このセットだけで230万を超えてるんだね。(笑)
こんな買い物カゴを「マイバッグ」で持ち歩いて、イオンとかイトーヨーカドーで実際に使う人もいるのかなあ。
本当のお金持ちは自分で食材買うことないか。(笑)
それにしてもシャネルの遊び心には感心してしまうね。
エレガントで上品なイメージだけじゃないんだね。

これは物騒アイテム!
ヒールの形がピストルになってるよ。(笑)
画像検索したら、この靴を履いてポーズを決めてるマドンナの写真が出てきた。
そうね、マドンナのイメージにピッタリだもんね!
「Miami Vice Gun Heels」と名付けられたこの靴だけど、「マイアミ・バイス」を観たことがないSNAKEPIPEにはいまいちピンと来ないよ。
素材がサテンでソールはラバーだという。
ピストル部分は、本物なのかなあ?(笑)
もしそうだったら「マイアミ・バイス」よりは「007」の女性スパイ(毒針入りの靴履いてた人)に履いてもらいたいよね!
ロバート・ロドリゲスの「プラネット・テラー in グラインドハウス」(原題:Planet Terror 2007年)での片足マシン・ガールも似た設定だったっけ。
ロドリゲスの映画ではブラジャー型のガンもあったけど、世界的に有名なファッションブランドが物騒アイテムを使用した商品を実際に販売するとは驚いちゃうよね。
お値段は$2,800、日本円で約30万円。
思ったよりはお買い得だと感じてしまったけど、中古品の値段だったのかな?
この値段ならコレクターは必ず購入するだろうね!(笑)

こっ、これは!
ロボットなのかな?
2017年の春夏コレクションで登場したバッグとのこと。
そのためまだ商品化されていない段階なので、「お値段についてはシャネルのカスタマーセンターへお問い合わせ下さい」と書かれているよ。
どうやらこのシーズンのシャネルのテーマが宇宙だったようで、未来的なSF要素の強いデザインを多く取り入れていたみたいなんだけど、、、。
このロボット型のバッグはなんとも可愛らしい。(笑)
グルグルの目にちょっと笑ったように見える口。
肩(?)の部分にはしっかりとシャネルのロゴが入り、腕はスパナ型。
まるで「攻殻機動隊」の少佐みたいなモデルさんがカッコ良くポーズ取ってるけど、どうしても笑いがこみ上げてきてしまう。
だって本当にカワイイんだもんね。(笑)
勝手にシャネ坊と名前付けちゃおう!
ところが本当の名前は「minaudière」君(読めない)、素材は樹脂やルテニウムとのこと。
実際に物を入れるためというよりは、アクセサリー感覚で持つんだろうね。
以前にもシャネルは「Chanel Russian Doll Clutch」というマトリョーシカをモデルにしたクラッチバックを販売していて、大人気だった様子。
きっと今回のシャネ坊も人気になるだろうね。
SNAKEPIPEですら気に入ってしまったくらいだから。(笑) 

SNAKEPIPEが持っていたシャネルのイメージが一変した!
こんなに個性的なデザインが展開されていたとは知らなかったね。
シーズン毎にトレンドが入れ替わるファッションには興味がないし、全く詳しくないSNAKEPIPEでもカール・ラガーフェルドの名前は知っているし、顔や特徴を覚えている。
カール・ラガーフェルドがシャネルのデザインを担当して、低迷していたシャネルが復活したそうだ。
これだけ個性的な路線を打ち出して成功してるとは、やるねカール!(笑)

今回の収集狂時代、シャネル編も面白かったね!
また別のハイ・ブランドで特集を組んでみたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。