もどーきー・イン・ザ・ U.K.

                   

【トホホ・・・】

ROCKHURRAH WROTE:

今月誕生日の人が4人も重なってしまってSNAKEPIPEの手が離せないとの事で、またまたROCKHURRAHが代理でブログ書く羽目になってしまった。

何で誕生日の人が多いと手が離せなくなるかって?
もちろんプレゼントを買ってくるんじゃなくてちょっとしたものでも手作りがウチでは基本、というわけでプレゼント制作で忙しいというわけだ。

急遽代理となってしまい困ったんだが、考えた末に今週はこういうテーマで書いてみよう。
パンクにおけるコピーまたはものまねバンドの考察というもの。ってほど大げさなもんじゃないが、本気で書くと長くなってしまうので手短にまとめてみよう。

こないだの新宿LOFTと5月の下北シェルターの2回、SNAKEPIPEと一緒に「REAL PUNK GENERATION」を観て、ウチのブログにも書いてた(5/610/21)わけだが、SNAKEPIPEが書くようにピストルズ・ユニットSEDITIONARIESの似て蝶ぶりはすごかったわけで、誰が見ても当時のジョニー・ロットンそっくりの人間がイギリスではなく我が日本から出た事を喜ばしく思う一人だ。
その辺から興味が広がって、世界的にそういうバンドはいないかと自分なりに探し回ってみた。こういうのはもしかしたら音楽雑誌とかでとっくに特集があって、実は誰でも知ってるようなものかも知れないが、そういうの読まずに適当に書いてるので予め断っておこう。

まずはセックス・ピストルズ。これは世界的にジョニー・ロットンとシド・ヴィシャスさえ何となく似てれば大体オッケーという傾向にあるね。あの服装と髪形、態度真似ればそれらしく見えなくもないし。そういう条件で探してみたバンドは以下の通り。

THE SEX PISTOLS EXPERIENCE

本家イギリスのトリビュート・バンドで4人とも何となく似てる。ジョニー&シドだけでなく、スティーブ・ジョーンズやポール・クックまでそっくりさん(そんなに似てはいないが)というのはなかなか難しいと思うのでかなりポイント高いかも。しかもこのシド・ヴィシャスもどきにはナンシー・スパンゲンもどきのナンシー・パンゲンなる女までおまけについていて、ここまでやるか(笑)。
◆ESSEX PISTOLS
似非(えせ)ックス・ピストルズの方が日本的にはしっくりくるけど、英国の地名とひっかけたバンド名なんだろうね。SNAKEPIPEもダジャレ好きだけどあちらでも盛んなのかね?こちらは画像も少なく、似てるのかどうかは不明。
TEX PISTOLS
こちらはテキサスのピストルズらしい。名前だけで全然似てないなあ。
TOKYO SEX PISTOLS
UNDERCOVERのジョニオとBOUNTY × HUNTERのヒカルなどがかつてやってたバンドでSEDITIONARIESの元祖みたいなものだね。さすが一流ブランド(これはあまり関係ないか)、ビデオで見る限りはかなり特徴捉えてるね。

次はクラッシュだが、これは似たバンドを探すのが難しい。ピストルズと比べて4人とも大体カッコいいバンドなもんだから、ジョー・ストラマーとミック・ジョーンズもどきだけでは成り立たないときてる。ここはひとつポール・シムノンもどきにも頑張ってもらわなければならないわけだ。
が、そんなバンドあるわけないし、苦しいところで一応見つけたのが下記の奴らども。クラッシュの場合は音だけのトリビュート・バンドが多いみたいだね。

◆REBEL TRUCE
うーん、声や演奏の感じはいい線いってるけど見た目がさっぱり似てない。ポール・シムノンもどきは全然頑張ってないが、一応見た目まで真似ようとしたバンドがこれくらいしか見つからなかったんで竜頭蛇尾ですいません。
THE CLASHED
うーん、過去形で来たか(笑)。オフィシャルページの変な人は誰?よくわからん凝りようですね。

次点として名前だけでちょっと笑ったストラモーンズなる素人バンド(?)の存在も確認されている。

で、最後はラモーンズ。これは長身、ダブルのアメリカン・タイプのライダース・ジャケット、長髪、サングラスという顔以外の特徴さえ捉えれば大体誰でも似るでしょう、の世界。なので逆に努力したけど似てないタイプを挙げよう。

◆RAMONAS
全員女のラモーンズもどき。日本で言えばロマーンズみたいなもんだと思うが、ジョーイ・ラモーンもどきが女だてらに少しだけ似てる感じがするのが恐ろしい。
SHEENAS
こちらはちょっとムッチリしたラモーンズもどき。寸足らずだな〜。元はRAMONAS L.A.との事だが上記のRAMONASと同じか違うかは未確認。違うっぽいね。

番外編としてこんなトホホなものも見つけたので紹介しておこう。
◆MISFATS
ミスフィッツはホラーなメイクしてる割にはガタイのいいバンドで、さすがアメリカン、不健康そうなイギリスのポジパンとは違うなあ、と思っていたが、こんなひどいトリビュート・バンドまでいたか。要するにでぶミスフィッツというわけだね。アル・ヤンコビックのパロディ・プロモとかでありそうだが、そのまんまの体型でやってるところが凄い。

結局、世界的に見てもわざわざヘッポコ・バンドばかりを探してきてしまった(笑)ようだが、今や日本のREAL PUNK GENERATIONの企画の方が上に書いたバンド達よりも数段レベルは高いって事だろうね。このイベントはこないだのでファイナルという事だけど性懲りもなくまたやって欲しいもんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事もオススメです。